teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:100/280 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

車人形写真展

 投稿者:雨宮真理  投稿日:2012年 7月16日(月)13時44分4秒
  通報
  平井澄子生誕100年記念公演協賛
「SYNCHRONICITY」
  雨宮真理


車人形に命が宿る瞬
人形に描かれた顔はひとつだけ。しかし、舞台ではその表情は実に豊かだ。
語り手は物語の台詞のひとつひとつを全身全霊を込めて語り、
人形遣いは語り手が作り出す哀しみや怒りの世界を受けとめ我が心として演じる。
そうしたとき初めて人形に命が宿るのである。
観客は語りに引きずり込まれ、自らの感情を人形に投射する。
そして、物語と観客の意識の融合が、さらに舞台を盛りあげ、涙や感動を引き出し始める。
私は物語の世界に入り込み、人形遣いが演じる人形の感情とシンクロしていく。


期間:2012年8月28日(火)~9月8日(土)
会場:EIZOガレリア銀座(入場無料)
時間:10:00~18:30(日曜.月曜休館/最終日16:00まで)
協賛:東京労音・平井澄子の会
協力:株式会社ナナオ

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル1F
TEL:03-3547-7718

・東京メトロ 銀座線、丸ノ内線「銀座駅」A12出口より徒歩5分
・東京メトロ 日比谷線「東銀座駅」A2出口より徒歩3分
・都営浅草線「東銀座駅」A8出口より徒歩1分(都営浅草線でのみ利用可能)
ガラス張りの外観にEIZOロゴが目印になります。
店舗駐車場はありません。お近くのコインパーキングをご利用ください。



<説明>

日本の伝統芸能を知らなかった私が、車人形に出会ったきっかけは、
バックパックを背中にカメラを持って世界を旅をしているとき、
南米ボリビア、コチャバンバで偶然に知り合った方が、
日本を代表する邦楽家「平井澄子先生」の弟子だった事が始まりでした。
車人形は説経じょうるりと結びついて、農民芸能として上演されていましたが、
言葉が分かりづらく難解なものでした。もともと言葉というのは生きてるものだから、
時代が変わるに連れて使う言葉も意味も違ってくるものだと
タカクラ・テル(台本)、平井澄子(作曲)によって、分かりやすい言葉に書き換えられ、
現代に生きる私たちにも素晴らしい日本の伝統芸能の世界が理解できるようになりました。
初めは記録写真の仕事でしたが、語りに込められた人間どうしの美しい結びつきと、
日本の楽器が奏でるどこか懐かしい響き、そして人形遣い川瀬いとし氏が動かす人形に、
魂の様なものを強く感じて惹かれていきました。今回の写真展は、
平井澄子生誕100年の記念公演協賛として開催させて頂く事になり、
ひとりで一体を操る車人形の公演も是非あわせてご覧下さい。





http://mottophoto.blog61.fc2.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:100/280 《前のページ | 次のページ》
/280