teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/9 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

睡眠時間と人間の一生

 投稿者:Jan@(^o^)-☆  投稿日:2008年 2月 1日(金)15時57分30秒
  通報
  つい最近、ブログのテーマに「あなたは一日何時間睡眠をとりますか」と言うのがありましたので
それについて思いついたことを書いてみました。

人間を含め、息とし生きる生物は必ず睡眠をとらなくてはならない‥‥、と言うと、人間は何と
不完全な生き物だろうと思います。
何故そうなったのか私の知識ではわかりませんが、生物が生命活動を行うと、消耗されたものを
補修するために一定期間活動を停めて、別の器官を活動させる必要がある様です。
そのサイクルは地球の一回転、すなわち昼/夜で交替していると言うのは周知の事実です。

さて昨年夏、ボーイスカウトの団体で、長い間地区の会長をされていた方が、「もう体が動かなく
なったので」と、会長職を他の方にお譲りになられ、今年1月に亡くなられましたが、自ら死期を
予想されていたみたいで立派な幕引きだったと思います。享年92歳とのことでした。

ところで、平均的な睡眠時間で言うと、一日の1/3は寝ていたことになるから、この方の実際の
一生は92年ではなく60年ほどだったことになります。
そう考えると寝ていることがなんだかもったいない感じがしますね。
だったらずっと起きていればいいのでしょうが、そうはいきません。
σ(^^);も一日最低6時間は寝ないと、一日がボーっとして何も出来なくなってしまいますので、
もっと時間がもったいなくなりますね。(#^o^#)
睡眠6時間だと一日の1/4、睡眠8時間だと一日の1/3がなくなると考えて、一日、一日、
過ぎ行く時を惜しんで、快適に毎日過ごせる様に、一日6時間以上は睡眠をとるようにして
いますが、
こんなところが人間も不完全な生き物だなと、感じる所以であります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/9 《前のページ | 次のページ》
/9