• [0]
  • 男の隠れ家 我楽多亭

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 2月25日(土)14時38分53秒
 
我楽多亭のオーナーが、収集したスピーカー群を紹介していくオーディオ日誌です。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [276]
  • 雑文106【祇園の町屋で会席料理を堪能!】NO.247

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年11月23日(月)12時18分43秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ GoToトラベルで京都に行く!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

新聞広告で、GoToトラベルで京都東急ホテルの休日4日間、東京から往復のぞみ新幹線!
の広告を見つける。実施日によって値段が違うが、コロちゃん(我楽多亭オーナー))が
申し込んだ日だと、
2人10万円料金ーGoToトラベル事業給付金3万5千円ー地域共通クーポン1万6千円で
実質約5万円になる。新幹線指定席往復2万8千円×2日=5万6千円。
まあ 往復の新幹線代で、京都東急ホテル3泊(素泊まり)は、タダで泊まれる計算だ。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 新幹線満席、京都も人の波!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

当日、新横浜から新幹線に乗車、何と!満席!、京都に着き、さっそく観光地巡りをする。
どこもかしこも人の波! GoToトラベルの波及効果大。

素泊まりだったので、1泊目中華料理を食した後、久しぶりで京都の老舗ジャズ喫茶
《YAMATOYA》を訪れ、英国バイタボックの大型スピーカーから朗々と流れるジャズに、
コロナの喧騒を忘れる。

2日目の夜、京都市内のサラリーマンが立ち寄る居酒屋で一杯。
それまで黙っていた奥方が、せっかく京都に来たのに、食事は京都らしさを感じない!と
ブツブツ。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 祇園の花見小路の料亭にくり出す!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

コロちゃん、ふむ~ 確かにそうだな~とうなずき、持参した雑誌《男の隠れ家》を
パラパラめくり、祇園の町家の料亭を予約。【写真①】

さて、3泊目の夕食は、予約した町家を目指し、祇園の花見小路をうろうろ。
何度か電話して、花見小路の薄暗い路地にある目指す町屋に到着。
まさに京都の隠れ家。【写真②】
さらに格子戸を潜り抜け、【写真③】 玄関で女将さんが「おいでやす」と出迎える。
玄関の奥に、中庭があり、舞妓さんの団扇と千社札が飾られている。【写真④】

和室の個室に通され、女将さんと歓談後、会席料理のフルコースに舌鼓。【写真⑤】は、前菜。
会席料理コース料金9千円/一人。ビールは700円、日本酒2合1300円。
意外とリーズナブル。貴重な体験。奥方満足な顔。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 京都は、焼き物の店が散見!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

京都のどこにくり出しても、焼きもの店が多いと気が付く。しかし量産品でいまいち。
嵯峨野で、代々作陶している店に立ち寄る。作陶家のご主人に話を聞く。
コロナの感染前は、中国人が大量に買っていたが、今は静か。作陶に注力を注いでいるとのこと。
徳利を購入。【写真⑥】

  • [275]
  • 雑文105【タイム・スリップした旅館に泊まる!】NO.246

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年11月 7日(土)11時16分38秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ タイム・スリップした旅館に泊まる!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

新聞広告でGO-TOトラベル旅行の広告記事が多数。それにあおられた
奥方にせっつかれて、GO-TOトラベルを利用し、強羅環翠楼に泊まる。
強羅環翠楼は、三菱財閥の岩崎家の別荘5200坪を、昭和24年塔の澤環翠楼の社長、
鈴木二六氏が買い取り、14の客室からなる、箱根強羅第一号の庭園旅館として開業、
爾来70年になる。

昭和30年昭和天皇が宿泊、昭和36年池田勇人総理が参加した日米貿易経済会議昼食会
開催、昭和37年ローハイドに出演していたクリント・イーストウッドが宿泊、
囲碁、将棋の対局会場にも使用。

さて
強羅環翠楼に到着。玄関の古さににびっくり。70年の歴史を感じる。【写真①】
5200坪の庭園《華清園》これまた70年のまま。【写真②】

昭和天皇が宿泊された、《錦華亭》すだれの朽ち具合が印象的。【写真③】
我々が泊まったスタンダード・タイプの部屋。手前が和室8畳、奥が洋間。
天井の古~いサークライン蛍光灯が目に止まる。【写真④】

風呂は、部屋の階段を下りて入る。所謂メゾネット・タイプか?。【写真⑤】
部屋食、鯛のお造り。相模湾で捕れた海の幸を直送。【写真⑥】



◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 旅行から帰り、奥方病気になる!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

宿泊中、
奥方は、古い、汚い!とブツブツ。
あなた(コロちゃん)は、幼少の時から、古い、汚いのには慣れっこ!ね。

そして
自宅に帰ると、奥方、目が回ると寝床にふせる。翌日耳鼻咽喉科に診てもらうと、
《良性発作性頭位めまい症》で、身体の経年変化で、女性に起きやすい症状とのこと。
原因は、はっきりしないが、疲れ、ストレスがたまった場合も一因らしい。

奥方、古い!汚い強羅環翠楼に泊まったことが要因だと宣う。二度と泊まらない!。
コロちゃん、現生を忘れタイム・スリップした強羅環翠楼もう一度泊まりた~い。


  • [274]
  • 雑文104【芸術の秋 映画鑑賞三昧!】NO.245

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年10月25日(日)11時59分26秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 芸術の秋 映画鑑賞三昧!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

コロナで、閉館状態が続いていた映画館も、秋になりようやく活況をていする。

入場料3900円、朝10時から19時15分まで、途中45分の休憩、史上最長8時間を
超える中国映画《死霊魂》を鑑賞。【写真①】

1949年中華人民共和国成立、国民党など反動派を除外する、新民主主義国家として、
多数派の連合政府として発足。だが1950年の朝鮮戦争を転機として、中国は急速な
社会主義化、党独裁、そして毛沢東個人独裁に走る。
物語は、1958年から1961年 反右派を弾圧、ゴビ砂漠の強制収容所に収容、
当時の大飢饉で生存者は収容者の一割も満たない惨状を、生存者の証言を中心に展開する。


続いて、映画《わたしは、金正男を殺していない》【写真②】
2013年2月13日北朝鮮の最高指導者金正恩の異母兄である、金正男が
マレーシア・クアラルンプール空港で、白昼堂々と暗殺される。それを当時の映像中心に
したドキュメンタリー映画。
暗殺に直接加わった女性2人は、びっくりカメラの撮影と言われて、気軽に演じたという。
北朝鮮の首謀者は、いち早く国外に逃れ、北朝鮮に帰国。興味深い映画なり。


続いて、映画《スパイの妻》【写真③】
第2次世界大戦中、神戸で商社を営む夫が、満州で恐ろしい国家機密を知り、事の顛末を
世に知らしめようと、アメリカに渡ろうとする、そしてそれを知った妻も同行する。
当時の世相描写が優れている。これまた興味深い映画なり。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ ソロキャンプが一大ブーム!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

YouTubu《ヒロシのソロキャンプ)の登録数が80万人突破!
関連本が続々出版!。
《男の隠れ家 11月号》《はじめませんか?ソロキャンプ》【写真④】
本命《ヒロシのソロキャンプ》《自分で見つけるキャンプの流儀》【写真⑤】
【写真⑤左】は、初版本の表紙。【写真⑤右】は、第2版の表紙。

友人曰く、ソロキャンプは、道具、食材が贅沢になり、金のかかる趣味なり。
コロちゃん(我楽多亭オーナー)も同感。

通巻233号で、ソロキャンプ記事掲載、寝袋を我楽多亭室内で広げ楽しむ。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 社内報に《我楽多亭》掲載!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

13年勤めている会社から、社長賞と金一封をいただく。
また、社内報10月号に《我楽多亭》掲載される。【写真⑥】

  • [273]
  • 雑文103【世界最大の中古レコード店が閉店!】NO.244

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年10月11日(日)10時13分6秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆ ◆ 年末に向かい、ええ事ありやした!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

お寒くなりやした。
早くも我楽多亭・屋根裏部屋のこたつをとりだしました。ぽっかぽか! ほ! 暖かい!。

しかし、懐はシガナイ年金生活者! 寒!

先日、思いがけないことがおきやした。見かけないメールを見ると
メールのタイトル:三菱UFJニコス キャッシュレス還元ポイント交換
中身は、
この度は、キャッシュレス還元ポイント交換サイトにご登録をいただき、ありがとう
ございました。・・・・・
はていつ登録したか?、 な!なんと 2万円キャッシュレス還元。あらうれしや!。

また、薬局で入れ歯洗浄剤・2箱金1千円を購入したら、500円の商品券が当たる。


◆◆◆◆ ◆ ◆ ショック!世界最大の中古レコード店が閉店!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

久しぶりに、渋谷を散策。いつものコースでレコファン・渋谷店をのぞく。
レコファン・渋谷店は、日本最大いや世界最大の中古レコード・CDショップ!

え~!  10月11日で閉店!。 コロナの影響か!? 【写真①②③】
ショック!  もう2度とこの類の大型店は、出現しないだろう。


◆◆◆◆ ◆ ◆ 映画《JAZZ KISSA BASIE》を観る!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

映画《JAZZ KISSA BASIE》を観る!。【写真④】

岩手県一関市に ジャズ喫茶のメッカ 《BASIE》あり。
東の《BASIE》、西の京都《YAMATOYA》が、現存する、世界に誇れる
ジャズ喫茶なり。

映画の内容は、音楽、ジャズ、オーディオに対し、各界の著名人が、登場するドキュメンタリ。
世界的な指揮者レナード・バーンスタインが、愛弟子小澤征爾と肩を組むシーンが印象的。
残念ながら、大都市の小映画館のみ開演。

そのジャズ喫茶《BASIE》を特集した《ジャズ喫茶ベィシー読本》が、ステレオ・
サウンド社から発刊されている。【写真⑤】
この世界では、珍しく、好評につき増刷した。興味深い記事が満載。


◆◆◆◆ ◆ ◆ 我楽多亭・農園!?のミカンを収穫。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

我楽多亭に隣接して、ミカンの木を2本、10年前に植えた。1本の木は、花が咲くが実が
ならない。雄の木か?。もう1本の木は、数年に一度大量に実がなる。雌の木か?【写真⑥】
コロちゃん(我楽多亭オーナー)の幼少期に食べた味で甘酸っぱい。
今市場に出ているミカンは甘い。それに慣れた家族は敬遠する。ひたすらコロちゃんが、
食することとなる。

  • [272]
  • 周辺機器17【オープンリール・デッキが動かなくなる!】NO.243

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 9月27日(日)11時20分52秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆ ◆ 今号は、オープンリール・デッキ特集!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

めっきり涼しく、寒くなりやした。

さて、今号は今から50年前、コロちゃんの青春時代、貧乏でレコードを買えないので、
もっぱら、
FM放送のエアチェック所謂音楽放送の録音に活躍したオープンリールデッキの特集です。

その時、
録音したテープが300巻。それを聴くためにオープンリールデッキを4台保有して
おりやす。


◆◆◆◆ ◆ ◆ オープンリール・デッキ4台のご紹介!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

まず、SONY TC9400 【写真①】
1971年秋葉原のダイナミックオーディオで新品を購入。エアーチェックの主力機種でした。
定価:76.800円、購入価格:65.000円。今も立派に動きます。

AKAI 77G 【写真②】
購入時期、購入先 不明。
定価:132.000円、中古購入価格:5.500円。これも立派に動きます。

TEAC A-4300SX 【写真③】
購入時期、購入先 不明。
定価:201.000円、中古購入価格:72.000円
購入後1998年オーディオユニオンで52.000円で修理。

TEAC A-6300A 【写真④】
購入時期、1986年、自宅近所の中古ショプで購入。
定価:176.000円、中古購入価格:10.000円
2017年動かなくなったので、コロちゃんの元の会社OB半崎さんに修理してもらう。
*通巻162号(2017年8月発刊)に記事掲載。


◆◆◆◆ ◆ ◆ 愛機TEAC A-6300Aが動かなくなる!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

そのTEAC A-6300Aが動かなくなる。原因は、テープ駆動ベルトが切れた。
【写真⑤上段】
切れた時のスペアベルト【写真⑤中段】
そのベルトは、一般に販売していない、半崎さんのお力で3年前3本手に入れることができた。
*以下、通巻164号(2017年9月発刊)記事を再掲載。


◆◆◆◆ ◆ ◆ 電車・バスを乗り継ぎ3時間、漸くお目当てをゲット! ◆ ◆ ◆◆◆◆

朝8時ジャストに家を出発。徒歩10分でバスに乗り、東急田園都市線つくし野駅着、
途中で急行に乗り換え渋谷着、
ここで乗り換え、副都心線で池袋着、さらに乗り換え、小竹向ヶ原着、西武池袋線に乗り換え、
快速急行で入間市駅着、三井アウトレット入間行きバスに乗り、人事院研修センターで下車、
そこから徒歩5分でお目当てTEAC修理センター到着。
時計を見ると、午前11時、するて~と約3時間の旅なり。
東京から新幹線に乗ったら、ゆうに新大阪まで行ける。

前前号(通巻162号8月)で、オープンリールデッキTEAC A6300Ⅱが蘇ったと
ご報告した。
修理していただいたオーディオ神の手 半崎先生は、リールを駆動するゴムベルトがへたり
かかっており、回転スピードが安定しない と指摘。

すわ~! 一大事!
何はさておきTEAC修理センターまで、ゴムベルトを買いに来た次第。
ゴムベルトは、1本600円(税抜き)と安価、それなら一生使えるように3本購入、
計1800円なり。但し往復の交通費がそれ以上かかった。
家に持ち帰り、冷蔵庫にしまい劣化を防ぐ。
半日の長旅でした。     *以上再掲載。


◆◆◆◆ ◆ ◆コロちゃんでは、ベルト交換は無理と判明!.◆ ◆ ◆◆◆◆

さて、冷蔵庫に収納していた駆動ベルトを取り出し、A-6300Aの裏ぶた
を開け【写真⑥】装着しようとしたが、細かいメカのオンパレードで目が眩む。
とても無理と判明。
近く、神の手半崎さん先生宅に運び、駆動ベルトを装着してもらうこととなる。
  ふ~!。

尚、【写真⑥下段】は、50年使用のマイクロ精機LPレコードプレーヤー
MB400SとMB411のターンテーブル駆動ベルト。トータル計5本所有。
これは、コロちゃんでも交換可能だす。 はい!。

  • [271]
  • ソフト編26【かかりつけの歯医者が突然閉院】NO.242

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 9月13日(日)11時38分0秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆  ◆ かかりつけの歯医者が突然閉院!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

あるblog読者の方から、コロちゃんの入れ歯騒動の近況はいかに?と問い合わせを受ける。


通巻199号記事を再掲載・・・
20年以上お世話になった、所謂かかりつけのA歯医者の院長が、3年前に若くして(65歳)
突然死。
2年前の年末、その先生に作っていただいた、右上のブリッジ方式歯4本が、ポロッとれた。
かかりつけだったA歯医者が生きていたら、ブリッジ方式の歯を再度、 固定してくれたと
想像する。
しかたなく数軒歯医者をあたり、ようやく隣町にあるC歯医者に入れ歯を作ってもらう。
C歯医者曰く、入れ歯を止める犬歯は、丈夫で一生支えになりまっせ!


通巻229号に再掲載・・・
今年2020年1月入れ歯を固定する、C歯医者曰くその大事な!大事な犬歯の差し歯が
ポロリと取れた。C歯医者に駆けつけると、入れ歯にとって犬歯は、たいした支えにならない!。
犬歯の隣の歯を支えにして、入れ歯を新規に作りましょう!。 5万円値引きしまっせ!。
  え!  入れ歯にとって犬歯は、大事な支えになる歯ではなかったのか!。
      入れ歯を、そうたやすく作り直すものなのか?
C歯医者の看護婦さんが、気の毒がって、C先生に掛け合っていただき、
とりあえず、抜けた犬歯を接着剤でつけてくれ、事なきを得、現在に至る。。
その折、1年ぶりにお会いしたC歯医者が随分やせたと思った。


そのC歯医者は、隣町にある歯医者、先日久しぶりにそばを通る。何か変だと予感、
歯医者Cの看板が、無い? な!なんと! 閉院。 【写真①】
多分 C歯医者は、今年1月治療でお会いしてから、半年以内にお亡くなりになったと想像する。


◆◆◆◆ ◆ ◆ エラ・フイツジェラルド!大好きな女性ジャズ・シンガー。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

エラ・フイツジェラルド(Ella Jane Fitzgerald、1917年4月25日 - 1996年6月15日)は、
ビリー・ホリデイ、サラ・ ヴォーンと並び称される女性トップ・ジャズ・ボーカリスト。

先日、ディスク・ユニオンで
デビューした1935年から1957年までのエラの若い時の音源48枚組CDをゲット。【写真②】
フレッシュな歌声を聴かせてくれる。

コロちゃん(我楽多亭オーナー)のエラ・フイツジェラルドのコレクション。【写真③④⑤】
特に、ガーシュインを歌う、LPレコード5枚組は宝物なり。【写真⑤】
バックを受け持つビックバンドは、キャピトル時代のシナトラのバックを務めたネルソンリドル。
レコード・ジャケットは、大好きな画家ビッフエが描く。

ジム・ハスキンズ、山田久美子訳の《エラ・フイツジェラルド》は、読み応えある。【写真⑥】

  • [270]
  • スピーカ編68【酷暑¡労働者諸君の呑み物】NO.241

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 8月30日(日)11時26分46秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 珍しいバックロードホーン・スピーカー ◆  ◆ ◆◆◆◆

コロナ感染をさけて、外に出た時の楽しみは、車でハードオフ8店舗(中古オーディオ、
LPレコード&CDショップ)巡りなり。

スピーカーで低音を増幅する方法の一つにバックロードホーンがある。
これは、スピーカーボックス内に再生した音を板で幾重にも折り曲げた空間を通らせ、
低音を増幅させる手法なり。但し木製のスピーカーボックス組み立てると中が見えない
もどかしさがある。

先般、ハードオフ巡りをしていたら、中の構造が透けて見える、アクリル板構造の、
バックロードホーン・スピーカーシステムを見つけ、購入した。【写真①②】
【写真②】のスピーカー・マウント面は、右。

自分でスピーカーボックスを組み立てるキットで、メーカー名はHASEHIRO
AUDIO キット名はアクリル バックロードホーン AMA-131SSK
高さ:350mm、横幅:110mm、奥行:195mm、重量: 約4.0kg

定価:49.850円 スピーカーは別売で、フォステックスFE-83N(8cm口径)
1万円  合計約6万円
購入価格:33.000円/ペア(スピーカー込)、組み立て済み。
音は、小型スピーカーとは、思えない豊かな低音を再生する。



◆◆◆◆ ◆  ◆ 朝どら《エール》小関裕而関連 ◆  ◆ ◆◆◆◆

朝どら《エール》は、コロナの影響で休止しているが、9月半ばに再開予定。
雑誌《小関裕而の生涯(CD附き)》は、なかなか読みごたえある。【写真③】
作曲家研究CD名作選《小関裕而》、彼の最大傑作《オリンピック・マーチ》
を収納。【写真④】
小関裕而がクラッシックの名曲を編曲したEPレコード、《別れのワルツ》と
《アニー・ローリ》2曲を収納。
ユージー・コスマン(楽団)とは小関裕而の変名。【写真⑤】
オリジナルEPレコードは、【写真⑤右】貴重盤。



◆◆◆◆ ◆  ◆ 酷暑!労働者諸君向けの呑み物! ◆  ◆ ◆◆◆◆

このところ、連日最高温度35度越えが続く、仕事が終わり、びっしょり汗をかいた、
労働者諸君・コロちゃんの水分補給は、タカラ焼酎ハイボール《赤しそ入り》2缶を
帰宅途中、《我楽多亭》に寄り ゴクゴク! ふ~! 一息つく。【写真⑥】
そして、自宅に帰り、奥方に呑んだことを気づかれないように、ビール、酎ハイで晩酌。

  • [269]
  • アンプ編24【ハチャトリアンの貴重なレコード】NO.240

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 8月16日(日)11時25分53秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆◆◆ ◆  ◆ マッキントシュ・ヴィンテージ・アンプ購入!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

前前号(通巻238号)で、
米国マッキントシュ社《MC-2105》パワー・アンプ(オリジナル)をゲットした、
記事を掲載。するとこれと対をなすコントロールアンプ(プリアンプ)が欲しくなる。

1964年、マッキントシュ初のソリッドステートコントロールアンプ《C24》発売。
外観は、真空管コントロールアンプ《C22》のデザインを踏襲。但し音が平坦で不評だった。
《MC-2105》を購入したユーザーは、《C22》と組み合わせて、ジャズを聴いていた。

1970年、満を持してソリッドステートコントロールアンプ《C26》発売。
マッキントシュ製アンプの象徴ともいえるイルミネーションガラスパネルを初めて採用したモデル。
デバイスが真空管からトランジスタへ移行する過渡期にあって純粋に音の良さが評価され、
また唯一ゲルマニウムトランジスタ採用したソリッドステート式アンプとして歴史に残る銘機。
次期機種《C28》からは、ゲルマニウムトランジスタを搭載していない。
なお当時のJBLのソリッドステートコントロールアンプ《SG520》にも、ゲルマニウム
トランジスタを採用していた。

さて
ヤフー・オークションでウッドケース付きでゲット。【写真①】
定価:280.000円、中古購入価格:144.500円。
ウッドケースは、オークションで40,000円(中古)する代物。
お買い得なオークションであった。
早速パワー・アンプ《MC-2105》と接続。
う!う!う!う!(感動で声にならない)これが!濃厚なマッキントシュ・サウンドだ!。

ついでに
米国オリジナルの取説と回路図集をゲット。【写真②】
購入価格:14.500円。



◆◆◆◆ ◆  ◆ 映画《剣の舞》を鑑賞!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

奥方と新宿武蔵野館で、映画《剣の舞》を鑑賞!。観客のほとんどは、シルバー世代。
【写真③】は、新聞広告とパンフレット(730円)。

ロシア国籍アルメニア人のハチャトリアンは1942年12月、バレー音楽《ガイーヌ》を作曲、
完成まじかの折、ソ連文化省より、作曲の変更、結末を華やかに飾れと命令を受け、苦闘する。
ホテルにこもり、1週間後近くを通る列車のゴトゴトの音をイメージし、
漸くバレー音楽《ガイーヌ》の最終章として《剣の舞》を完成する。

ハチャトリアンが、胸をよぎるのは、両親の祖国アルメニアでトルコが残虐行為を繰り返す事実。
世界が黙殺したことが、ファシズムの誕生を許し、ユダヤ人虐殺が行われることとなる。
ハチャトリアン作曲《交響曲2番》は、祖国アルメニアの動乱を色濃く読み取れる。
ハチャトリアンは、その苦悩を背負いつつ、ソ連政府の統制下で作曲活動をしていたのだ。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 奥方の母校《池尻小学校》にハチャトリアン来校!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

奥方の母校世田谷区立《池尻小学校》の、山本三郎先生(現在もご活躍)は、音楽活動にご熱心で、
たびたび全国大会で池尻小学校吹奏部は優勝。演目は、ハチャトリアン作曲《剣の舞》。
それを録音したレコードをハチャトリアンに送った、それが縁で昭和39年ハチャトリアン来日の折、
池尻小学校を訪れ、《剣の舞》を指揮した。【写真④】

奥方が所持している、シングルレコード(希望者のみ購入)(33回転)にハチャトリアンのスピーチが録音
されているおり、貴重盤。【写真⑤】



◆◆◆◆ ◆  ◆ ひとり家呑みに朗報!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

雑誌《男の隠れ家9月号》のひとり家呑みススメの特集。【写真⑥】
特に、酒肴缶詰セレクショは、貴重な情報なり。

*ご注意:ブログ【男の隠れ家 我楽多瑛】を開くと、通巻101号が出てくることあり。原因不明。
ブログのトップ・上段《最新50件》で検索すると最新号をご覧いただけます。

  • [268]
  • アンプ編23【ジャズ歌手 弘田三枝子死去!残念!】NO.239

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 8月 2日(日)12時30分59秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆  ◆ ヴィンテージ・アンプ(復刻版)。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

前号のマッキントシュのアンプは、黒のアンプ。対して白のアンプと言われていたのは、
マランツのアンプ。これは、アンプのボディカラーで名づけられた。

真空管のアンプの時代、マッキントシュのプリアンプ《C22》,パワーアンプ《MC275》
に対し、マランツのプリアンプ《#7》、パワーアンプ《#9》(モノーラル)が対峙、
頂点に君臨していた。


◆◆◆◆ ◆  ◆ マランツのプリアンプ《#7》(復刻版)。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

マランツのプリアンプ《#7》のオリジナルは、高価、古いのでメンテナンスが大変と思い、
復刻版を購入。【写真①】

以下マランツモデル7コントロールアンプ(1)(インターネット)を引用。・・・・・
Marantz Model 7は、米国Marantzが1958年の暮れにリリースしたコントロールアンプで、
当時の技術的、音楽的、デザイン的なブレークスルーとなった製品。設計はマランツ
創設者のSaul Marantz氏の手によるもの。

丁度ステレオレコードが普及を始めた時期でもあり、高音質で画期的なコントールアンプとして
人気を集め12年間に渡り13万台が生産されたとも言われている。
当時の価格は$385(約4万円)で、今の価値だと$5,000 (約51万円)に相当する。

また、1966年には同じ回路設計ながら真空管からトランジスタに変更した廉価版の
Model 《7T》というモデルもリリースされた。【写真③下段】
定価:16万円、購入価格10万円 2004年オーディオユニオン。

マランツは1995年に米国の工場で限りなく当時の製品に近づけたレプリカモデルを限定生産。
入手できないコンデンサなどのパーツはオリジナルの特性に近いもの新たに製造するという
年の入れようであった。
・・・・・・・・

マランツのプリアンプ《#7》(復刻版)
定価:36万円、購入価格32万円、1997年ノジマ。
デザインが素晴しい、イコライザが優れもので忠実にレコード再生をする。
*通巻50号に掲載

その後もう1台購入、自宅のシステムに使用。(前号(238号)でご紹介)
定価:36万円、購入価格25万円、2008年オーディオユニオン。


◆◆◆◆ ◆  ◆ マランツのパワーアンプ《#9》(復刻版)。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

同じくマランツのパワーアンプ《#9》(モノーラル)のオリジナル(1960年発売)は、
さらに高価、中古市場で190万円前後、古いのでメンテナンスが大変と思い、復刻版を購入。
【写真②】

以下マランツモデル9レプリカ・オーディオの足跡(インターネット)を引用。・・・・・
マランツの往年の名器であるModel9を忠実に再現したモノラルパワーアンプ。
オイルチューブラ・コンデンサやセレン整流器など入手不可能な部品や安全規格面の変化によって
変更せざるを得ない箇所は、入手し得る部品を選りすぐり、復元可能な部品は新たに起こし、
オリジナルの構造・組み方、配線方法を守るなど、オリジナルに近づける。
・・・・・・

定価(ペア):78万円、購入価格70万円、1997年ノジマ。
出力:70W/ch(UL接続)、40W/ch(三極管接続)
パワー感があり、重厚なサウンド。
*通巻50号に掲載


◆◆◆◆ ◆  ◆ マランツのFM・AMチューナー《112》。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

マランツのFM・AMチューナー《112》【写真③上段】
定価:5万円、購入価格9千円、2006年ハードオフ。
デザインが洗練されている。

我楽多亭のアンプ群【写真④】

弘田三枝子が心不全で死去、享年73歳。  残念! 合掌。
今年は、デビュー60年記念のリサイタルをする予定だったが、コロナで実施を見送る。
コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、ジャズ歌手として一目おいていた。
弘田三枝子のジャズレコード コレクション。【写真⑤⑥】

  • [267]
  • アンプ編22【青春時代憧れのアンプをゲット!】NO.238

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 7月19日(日)13時22分27秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 青春時代憧れのヴィンテージ・アンプをゲット!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

コロちゃん(我楽多亭オーナー)の青春時代憧れのヴィンテージ・アンプ(中古)をゲット!。
 それは、
米国マッキントシュ社《MC-2105》パワー・アンプ(オリジナル)。【写真①】
1967年発売当時42万円。当時初任給半年分の高根の花だった。
山梨・甲府市出張の折、市内にあったオーディオ・ショップにウッドケース付きで
MC-2105が飾ってあった。コロちゃんは、いつも涎を流すのでありやんした。

以下《ステレオの産業史マッキントシュ》(インターネット)を引用。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真空管パワーアンプ《MC-275》に勝るとも劣らない、マッキントッシュ最初の半導体
パワーアンプ《MC-2105》。満を持して登場したアウトプットトランス搭載の半導体アンプ。
それに並はずれた大きさのコンデンサー。実行出力は105w+105w。
重量も29.48Kgと《MC-275》に迫るものであった。
当然、スピーカーのドライブ能力はまさに絶大で、しかも真空管プリアンプ《C-22》から
受継ぐデザインに、パワーメータのブルーの照明が加わって、なんとも美しく、これまでのパワ
ーアンプのイメージを大きく変えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定価(ウッドケース付き):445.000円、中古購入価格:198.000円 ハードオフ市が尾
音は、重厚なマッキントシュ・サウンドで、特にジャズ向きでガッツがある再生。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 今回オーディオ機器2点処分!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

SONY製CDプレーヤー《CDP-555ESD》【写真②上段】
定価:15万円、購入価格:110.000円、処分価格:3千円。CD再生しない。

マランツ製ソリッドステート・パワーアンプ《170DE》【写真②下段】
定価:125.000円、中古購入価格27.000円、処分価格15.000円
ガリ音がする。その後、ハードオフ店頭で66.000円で販売中。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 現有のマキントシュ・アンプをご紹介!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

真空管パワーアンプ《MC275》(復刻版)【写真③】
米国マッキントシュ製、1995年発売。通巻69号でご紹介。オリジナルは1961年発売。
出力:70w+70w
重量:30.5kg
定価(復刻版):600,000円、購入価格:550.000円 ウエスタンラボ(所沢)
音は、重厚なマッキントシュ・サウンド。オリジナルと比べ若干広帯域再生。


真空管プリアンプ《C22》(復興版)【写真④】
米国マッキントシュ製、1995年発売。通巻69号でご紹介。オリジナルは1961年発売。
重量:7.3kg
定価(復刻版):300,000円、購入価格:280.000円 ウエスタンラボ(所沢)
弦楽器の再生に課題がある。


ソリッドステイト・パワーアンプ《MCー300》【写真⑤】
米国マッキントシュ製、1995年発売。通巻70号でご紹介。
定格出力:300w+300w
重量:35.8kg
定価:540,000円、購入価格:365.000円 秋葉原サトー無線で購入。
ジャズ再生する最後のソリッドステイト・パワーアンプと言われている。
これ以降 ひたすら広帯域を目指す設計になり魅力が薄れる。


自宅のシステム。【写真⑥】
《MCー300》は、 290hz以下の低域を受け持つ。
290hz以上の中・高域は、《MC275》(復刻版)が受け持つ。
プリアンプは、当初《C22》(復刻版)を使用していたが、
音が荒く、弦楽器の再生に課題があるので、マランツ#7(復刻版)に切り換え、
現在に至る。通巻50号に紹介。
日本有数のオーディオ愛好家三上さん(横須賀)も アナログレコード再生では
マランツ#7に右に出るものがないと絶賛。

漸く 低域・超低域再生の課題を解決。現在に至る。

  • [266]
  • 周辺機器16【生れて初めての異次元体験】NO.237

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 7月 4日(土)11時52分15秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆  ◆ ◆   ◆ 生れて初めての異次元体験!。 ◆   ◆ ◆  ◆◆◆

年に一度、病院で血液マーカー検査を受ける。これは、身体のどこかにガン細胞ができていないかの
検査。今回数値が正常値を超えたので、病院で精密検査を受けた。
造影剤を血管に流し込み、ガン細胞ができていないか、身体の隅々までレントゲン撮影した、
これを造影CT検査という。
事前に造影剤注入の怖さを知る。副作用があったり、場合によっては死にいたるそうだ。
そして、いよいよ造影剤注入、すると全身が異状に熱くなる、
あわわわわ!生れて初めての異次元体験! 何度もしたくな~い!。
結果は、1週間後にわかる。


◆◆◆  ◆ ◆   ◆ 我楽多亭前に番犬が出没する!?。 ◆   ◆ ◆  ◆◆◆

新緑の季節を迎え、我楽多亭前に番犬が出没する!?。【写真①】
写真右が前足で、お座りしている。
植木はグミの木。【写真②】はグミの実。


◆◆◆  ◆ ◆   ◆ オーディオ雑誌付録コレクターは永遠なり!。 ◆   ◆ ◆  ◆◆◆

オーディオ雑誌《ステレオ》の増刊号 《真空管グラフィック・イコライザー》が発売された。
 定価17.000円(税抜き)【写真③】
コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、さっそく購入し、手慣れたもので30分で組み立てる。
パーツ一式【写真④】。組み立て途中【写真⑤】。

このシリーズは、オーディオ・メーカー《ラックス社》が、企画、キットとして提供。
【写真⑥】上段から
《真空管ハーモナイザー》:音楽ソースをコンサートホールで聴く、生々しい音になる。
             米参照:通巻195号(2018年10月22日刊)
《真空管アンプ》:真空管により、温かみのある、聴きやすい音。
             米参照:通巻200号(2019年1月7日刊)
《真空管FMチューナー》:感度が良く、すかっとした音。
             米参照:通巻226号(2020年2月2日刊)
《真空管グラフィック・イコライザー》:帯域を5バンドに分け、音の高域から低域まで
             音楽ソースごとに調整可能。

今回、FMをグラフィック・イコライザーで調整し、真空管アンプで増幅し、
オーディオ雑誌《ステレオ》の付録スピーカー【写真⑥左右】で鳴らしてみる。
お!お! なんと生々しい音なり!。

フロクマン(コロちゃんの別名)の面目躍如なり。

  • [265]
  • 周辺機器15【我楽多亭にレモン畑を!?】NO.236

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 6月21日(日)10時39分5秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 我楽多亭隣にレモン畑を!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

コロちゃんは、実社会に出て営業50年?!、根っからの肉体労働者。
1日の終わり、労働者諸君!たる心境で、晩酌をしないと眠れません。
半年前から1週間に1日は、休肝日を設定、歯を食いしばって我慢します。
また、1週間に一度休息日を設け、家で終日ゴロゴロ、
この時の晩酌はビールの後、何を飲むかプランを練ります。地酒の冷酒は、コップ一杯で、
怖い奥方からオーダー・ストップがかかります。
コロちゃん愛飲、秋田の銘酒《雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)》【写真①】

このところ暑いので、ウオッカに、炭酸そしてレモンをジューと絞って飲みます。
実においしい。問題は、そのレモン、海外産は農薬一杯で奥方ダメと言われ、
国内産1個150円を購入しておりやす。

待てよ! 自分で育てよう! そこでレモンがたわわになっている鉢を購入。【写真②】
ゆくゆくは一株に100個ぐらいなる!、さらに、我楽多亭隣接地をレモン畑にして、
国産レモンとして販売しよう! ブランドは、《我楽多亭レモン》としよう!。
夢は膨らむのです。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 段ボールを使用したスピーカーボックス!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

オーディオ雑誌季刊《管球王国》を25年前、創刊時から購読。【写真③】
最新刊96号で、段ボールのキャビネット製作例が出ていた。【写真④】
今度挑戦しよう! オーディオは、お金をかけずに遊べる良い趣味なり。


◆◆◆◆ ◆  ◆ オーディオはお金のかかる趣味?!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

ビンテージ・LPレコード・プレーヤーの修理を2月にオーディオ・ショプに依頼。
なんと4カ月もかかって直った。
本体・英国製ガラード301のハウリング修理費15000円。
アーム・英国製SME3009Ⅱの断線による、片CH断線修理費81730円。
【写真⑤】は、SME3009Ⅱ。
〆て96730円、余りに高額な修理なので、オーディオ・ショプは消費税を
まけてくれた。

修理期間がかかった理由:修理パーツを英国SME社に依頼、新形コロナウイルス
の影響で、航空機長期欠航で、空便での送品が遅れた。

修理費高額な理由:メーカー修理となり、英国SME社の純正パーツが実に高額。
【写真⑥】は、交換したアーム・英国製SME3009Ⅱの部品。

オーディオはお金のかかる趣味?!なり。

  • [264]
  • ソフト編25【老舗ジャズ喫茶で来店客1人】NO.235

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 6月 8日(月)09時29分9秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆◆ ◆  ◆ 老舗ジャズ・スポットでお客が一人!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

日本有数のジャズ・喫茶は、東日本で一関・ベィシー、西日本で京都・YAMATOYA。
YAMATOYA店内風景(再掲載)【写真①】
そのYAMATOYAのご店主からお手紙が届く。以下原文
・・・・・・・・・・
  どないです、あんじょうやってはりまっか。
1月2月何とかやり過ごしても、3,4,5月は最低でしたね。
50年店をオープンして、初めて1日一人の来店(!)笑ってしまいました。
  何が起こるのかわからない人生。
  折れずに前を向いてゆっくり歩いていこうと思っています。
  JAZZと言う音楽をなくさないために
  ほな!笑うてぼちぼち好きなレコードを選んでいきましょか
     ご機嫌さん
     よろしゅうに
               2020年6月吉日
      JAZZ・SPOT YAMATOYA
                   熊代 忠文
・・・・・・・・・・

お手紙をいただいて、すぐにご店主に電話する。店は12時から18時までカフェ、
18時から24時までバー・スタイルで運営。
12時間で来店客一人の日が確かにあったそうです。でも元気でした。
先日、大阪のディスク・ユニオンで、中古ジャズ・レコードを24枚購入し、
店で流しているそうです。ジャズ・レコードを1万枚以上所有しておられるのに・・・。
【写真②】は、大阪のディスク・ユニオン。

YAHOOニュースで、京都の観光業者。売り上げ高10割減が35%。
4月の外国人京都旅行客、前年比99.7%減。
修学旅行生は0人、秋に延期したり、場所を変えたり。
井筒八ッ橋本舗(京都市右京区)では、10店舗中8店舗店を閉めている、
売り上げ8割減、億単位の赤字。

話題変えましょう、数年前京都河原町で見かけた。案内看板(再掲載)【写真③】
お間違えのない様に、コロちゃん(我楽多亭のオーナー)とこの我楽多亭とは、
全く関係おまへんどす。



◆◆◆◆ ◆  ◆ フィギア18体、CD30枚ゲット!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

我楽多亭の近くの商店街で、無料でお持ち帰りどうぞと表示された段ボールから
フィギア18体ゲット!。我楽多亭2号館《秘宝館》の梁に飾る。【写真④】
同じく、CD30枚ゲット。主に南米音楽・ラテン・タンゴ・ダンスミュージック。
【写真⑤】
ダンス・ホールがクローズになり、放出されたもの。兵どもが夢のあと!。

2日にいちどハード・オフ巡りを挙行。いつもは、LPレコード100円で購入。
今回、コロちゃんお青春時代のアイドル《吉永小百合》2枚組のLPレコードを
1100円で入手。【写真⑥】
《寒い朝》、《いつでも夢を》等すがすがしい歌唱。お宝なり。

  • [263]
  • ソフト編24【コロちゃんカリアゲ君になる!】NO.234

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 5月24日(日)11時50分8秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆◆◆ ◆  ◆ またまた カリアゲ君(刈り上げ君)になる!。 ◆  ◆ ◆◆◆◆

前号(233号)の閲覧数が、449回。コロちゃん(我楽多亭・秘宝館のオーナー)の
ニンマリ、ブツブツの独り言を聞きつけた奥方は、「あんた 一人で大量に閲覧していると違うか!」
とバッサリ、バッシング。 つれ~!。

ジャズ愛好会の先輩から、「高齢者たるもの、せめて髪の身だしなみを考えなければ
あかんで~!」とご忠告があり、コロちゃん、月に一度安い床屋に行く。
安いだけあって、髭剃り、シャンプーまでのフルコースを30分弱で一丁上がりとなる。
今回も、バリカン・刈り上げを所望、ちょっと目をそらしているいる間に、ジョキジョキ、
バリバリ。鏡を見たら、あわわわわ! 刈り上げ過ぎ! これじゃ!表を歩けね~!。
といって、止めてけれ! 元に戻せ!と言っても、元に戻れない。床屋を出て、奥方に電話
するとみっともない!家に帰って来ないで!と叫ぶ。
【写真①】植田まさしのカリアゲ君

前号(233号)でヒロシのソロキャンプを取り上げた。雑誌《BRUTUS 6/15》に
キャンプの特集が掲載されている。【写真②】


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 高齢者向け食事に舌づつみ!?。 ◆  ◆  ◆  ◆◆◆

仕事中に、《高齢者向け配食サービス》のパンフレットを入手。【写真③】
1食400円から配達してくれる。自宅に持ち帰り、パンフレットをじっと見ていたら、
奥方が早速申し込もうとのたまう。まあまあまあ! どうどうどう!。


◆◆◆ ◆   ◆    ◆ 音楽三昧の隠遁生活!。 ◆   ◆   ◆ ◆◆◆

ハードオフ(中古のオーディオ・レコード販売店)を覗いて、珍しいレコードを100円で
ゲット!。ペレス:プラード(1916~89)の来日2回目、今から60年前の1960年
ライブ・レコード。【写真④】
本人のエキサイトな指揮が素晴しい。彼はキューバの出身、マンボの王様だ。

野口久光(1909~94)の著作集3冊を読む。【写真⑤】
これは、雑誌《レコード芸術》に1952年から92年まで40年間、毎号新譜紹介記事を
3冊にわけて、編集したもの。
野口久光は、東京芸術大学を卒業。戦前戦後を通じてジャズ評論の第一人者、
また1000点を超える映画ポスター製作、そしてジャズレコードの大コレクターだった。
死後、一関のジャズ喫茶《ベイシー》にレコードを寄贈。

なかなか、興味深い記事を満載されているが、間違いを発見。
カウント・ベイシー・イン・ロンドンのレコード【写真⑥】
では、ロンドン録音と記載されているが、ストックフオルム録音なり。

  • [262]
  • ソフト編23【コロちゃん隠遁生活に入る!】NO.233

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 5月10日(日)11時18分12秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ コロちゃん隠匿生活に入る!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

以前 「ヒロシです! ヒロシです!~・・・・・」のお笑い芸人がいた。
あわせて、流れる曲が《ガラスの部屋》【写真①】なり。

今は、《ソロ キャンプ》で一躍時の人だ。【写真②】
YOU TUBUで、キャンプ生活の動画を投稿している。実に楽しい。
実は、コロちゃんは、前号(232号)で我楽多亭でのたき火をご紹介した。
これも、《ソロ キャンプ》に触発されたものです。

さらに、我楽多亭2号館《秘宝館》室内の空きスペースに、50年前に使用していた、
寝袋を物置から取り出し、敷き詰める。【写真③】
秘宝館の床は、堅い国産の杉の木の無垢材で、すこしごつごつするので、勤務先から、
許可をもらい、いただいたウレタンを敷き詰め、その上に寝袋をひろげる。
また会社のパーティのお楽しみ抽選会であったった、マッサージ器をそばに置き身体をほぐす。
極楽!極楽!【写真④】
コロちゃんは、現生を忘れ、隠匿生活に入るのです。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ 映画《愛情物語》に感動!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

読者の皆様も、新形コロナウイルスの影響で、自宅待機ですな。
コロちゃんは、趣味が豊富にあるので、充実した生活をおくれる。

今日は、以前中古ショップで100円でゲットした、レザーディスク版・映画《愛情物語》を
鑑賞する。製作は1955年(今から65年前)

内容は、名ピアニスト 故エディ・デューチン半生を描く。
主役は、タイロン・パワーとキム・ノヴァック。

そして流れる曲は、カーメンキャバレロ(p)が演奏する《TO LOVE AGAIN》。
生前デューチンが愛奏した、
《ショパンの夜想曲第2番編ホ長調、作品9の2》の原曲を、監督のジョージ・シドニーと
音楽担当のモリス・ストロフが共同でアレンジし、感動的なラスト・シーンを盛り上げる。
素晴らしい!。

【写真⑤】左上:レーザーデスク、右上・右下:サウンドトラック・LPレコード、
     左下:EPレコード、CD

【写真⑥】カーメンキャバレロ(p)のLPレコード7枚。ジャズも演奏している。

  • [261]
  • ソフト編22【戒厳令の最中での日常】NO.232

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 4月26日(日)11時04分24秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆◆  ◆  ◆   ◆ マル秘!コロちゃんの日常。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

読者の皆様 如何お過ごしでしょうか?
新型コロナウイルスの影響で、毎日家に蟄居(ちっきょ)生活をされていることでしょう。
コロナ離婚にならないようにお気をつけください。
また、単身の方々は、あびる様にお酒を飲まないように! ほどほどに!。

さて
コロちゃん(我楽多亭オーナー)の日常をご報告しやす。
1週間の内、2日は、シャープのサービスのお仕事、11年続いておりやす。
1日は、安息日。1週間録りだめしたテレビ番組20時間を早送りして見ておりやす。

残り4日間は、ミニトマト【写真①】に水をやり、パソコン塾を2時間受講。
ハードオフ(中古のオーディオ、レコード、CD、パソコンを扱う店)7店を2時間程度
適宜チョイスして巡回、これがまた楽しい。時々店内の我楽多をワンコイン程度で購入。
残念ながら外れは3回中2回。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ 我楽多亭・秘宝館で息抜き!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

シルバーの男性は、奥方からどっか行ってらっしゃい!と、家をおん出される。
今までは、図書で新聞を読み、公園で日なったぼっこが日常だったが、
今、戒厳令の最中、毎日奥方の視線を気にしながら、家の隅っこでうずくまる。

さて
コロちゃんは、1週間残り4日間、自宅から我楽多亭・秘宝館に向かい半日くつろぐ。
移動時間は、ドアツウドアで1時間。
時々、我楽多亭で音楽を聴きながら酒盛り。2リットル700円の日本酒がおいしい。【写真②】
都内、たき火厳禁だが、こっそりと楽しむ。【写真③】代官様ごめんなさい!。

志村けんが、亡くなて残念!。
ドリフターズのシングル・レコード(EP)【写真④】、中古でも高価。
ドリフターズ 《ドリフだよ!全員集合》CD2枚組。【写真5】

ハードオフで300円で購入した、美空ひばり全集。LPレコード2枚組【写真⑥】
初めての全集で、デビュから7年間のヒット曲を網羅、この時代が全盛。

  • [260]
  • 雑文102【我楽多亭の隣人は芸能人なり】NO.231

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 4月12日(日)10時00分32秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 《ビルマの竪琴》もとい《荏原町の竪琴》!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

昨今、新型コロナウイルスの暗い話題ばかり、ここで明るい話題を提供しゃしょう。
題して、《ビルマの竪琴》もとい《荏原町の竪琴》! 実態は箏(こと)。【写真①】
読者の皆様、《堅》でなく《横》の楽器じゃないか!と・・・。
まあまあ!堅いこと言わず、聞いておくんなまし!。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 《我楽多亭》の隣人は芸能人なり!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

インターネットで、《丸田美紀》で検索する。
すると、沢山URL(インターネットの目次)が出てくる。
そのなかで、
《荏原町駅周辺にある箏を習えるスクール!箏丸田美紀研究室》をクリックする。
荏原町駅から徒歩1分の位置にある丸田美紀研究室では日本の伝統的な楽器である箏を
学ぶことができ、現役箏曲演奏家である丸田美紀先生の指導を受けられます。・・・

《丸田美紀研究室》とは、《我楽多亭》に隣接する、母屋。【写真②】
【写真②】には、隣接して、《秘宝館》が見えます。

母屋の住民は、プロの箏(こと)奏者 丸田美紀嬢。【写真③】
コロちゃんは、彼女に指一本触っていません。ご安心くだしゃれ。
我が家の家訓:商品に手を出すな!。

さらに、文中にある公式サイトをクリックする。
以下公式サイトから、本人のご紹介。・・・・・・

沢井忠夫、沢井一恵、菊雅楽孝子に師事。高崎短期大学音楽科器楽専攻(箏曲)首席卒業。
さらに特待生として専攻科に学ぶ。1990年NHK邦楽オーディション合格。
同年より2年間米国ウエスレアン大学で客員演奏家として筝曲、地歌三絃の指導を行う。

1994年度文化庁芸術研修員。
1995年ソロリサイタル開催後、東京を中心に活動も古典曲から現代曲の初演、録音、
即興演奏と幅広く、定期的にライブを行いながら、柔軟な感性とその適応力で多岐に渡り
コラボレーションを展開、国内外の音楽祭でも高く評価されている。

第12回インターリンクフェスティバルに出演。96年、タンペレ音楽祭に参加。
98年、ブッチ・モリスのコンダクション・アメリカツアーに参加。
韓国現代音楽協会主催公演に招かれて出演。99年、第6回神奈川県立フェスティバル
「響きのルネサンス」に出演、テリー・ライリーと共演。

2001年、国際交流基金の派遣にてチュニジア公演。
2009年NY カーネギーホールにてテリー・ライリー、クロノス・カルテットと共演。
2011年国際交流基金の派遣にて、ベトナム、フィリピン公演。
2012年BURAPHA UNIVERSITY(タイ)にてレクチャーワークショップとコンサート。

2015年11月韓国で行われた第六回日中韓首脳会談の晩餐会において、三カ国を代表する
絃楽器、コムンゴ、古箏とともに日本の箏を演奏。

ソロCD「鳥のように」をキングレコードからリリース。【写真④】
*著作本「鳥のように」【写真⑤】

*編曲の才能もあり、教則本、CDも多数。【写真⑥】

《男の隠れ家 我楽多亭、秘宝館》の隣に芸能人が住む!。楽しい話題で~した。

  • [259]
  • 周辺機器14【新型コロナウイルスでロン・パリ断念】NO.230

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 3月30日(月)12時29分10秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 新型コロナウイルスでロン・パリを断念!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

JALのマイルが貯まったので、今年4月に奥方とロン・パリの8泊10日の滞在旅行を企画、
昨年12月初め、JALマイルを使用した特典航空券発券手続きをした。
またロンドン・パリのど真ん中のホテルもインターネットで予約。

スケジュールは、羽田⇒ロンドン ロンドンで3泊、ロンドン⇒パリ ユーロスターで移動、
パリで5泊、パリ⇒羽田。
手続当時、まさか、新型コロナウイルスが、大発生するともつゆ知らず、首を長くして、
楽しみに待つ。

そして、今回の新型コロナウイルス発生。旅行は無理と決断し、ホテルをまずキャンセル。
問題は、JALのキャンセル。通常だとキャンセル手続き料2人で、6600円、投入したマイル
の一部が、自己都合とみなされ、無効となる。悶々としていたら、3月後半に朗報!!!
今回は、特殊ケースとして、キャンセル料無料、燃料サーチャージ返金、特典航空券購入にあてた
マイルが3年間有効となり戻った。めでたし! めでたし!



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 相変わらず、趣味のオーディオ・音楽三昧!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

暇な時(いつも暇!?)中古のオーディオ店・ハードオフ 8店舗を巡る。
【写真①】アンプ内蔵スピーカー:オーム電機AUDIO COMM ASP-2024K
     2.1chで低音も豊か、小型軽量で持ち運びも便利。購入価格:550円

【写真②左】AC電源コンバータ 100V⇒120V、120V⇒100Vに変換可能、
      米国製オーディオ機器に使用、購入価格:1100円
【写真②左】AC電源コンバータ 100V⇒220V、220V⇒100Vに変換可能、
      ヨーロッパ製オーディオ機器に使用、購入価格:2200円

【写真③】ジャズ・ピアニスト&作曲家 ミシエル・ルグラン 作曲の《交響組曲シェルブールの
     雨傘》のLPレコード。サウンドトラックの名曲を、ミシエル・ルグランのピアノ、
     ロンドン交響楽団で、壮大なピアノ協奏曲に仕立て、素晴らしい!。
     購入価格:1300円

【写真④】ロシアの作曲家 ラフマニノフ(1873-1943)のコンプリートCD32枚。
     彼は、テャイコフスキー、ショパンを崇拝。ピアノ曲は、ショパンの再来を思わせる。
     アマゾンで購入 購入価格:9000円

【写真⑤】スピーカー・ケーブル 25メートル、これをアマゾンで3セット購入。
     購入価格:2500円/1セット

【写真⑥】ラックスマンのスピーカー・セレクターAS-5Ⅲ、現有数20台。
     購入価格:9000円
     アマゾンで購入したスピーカーケーブルを装着。

  • [258]
  • 雑文101【歯は、命より大事!?】NO.229

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 3月15日(日)12時52分20秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆◆  ◆  ◆   ◆ 絶対必読!!!今回歯の特集。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

1年3カ月前の12月23日投稿 通巻199号で【コロちゃん遂に入れ歯生活になる¡】
を特集しました。
今回その続き出す。是非!是非!お読みください!。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ コロちゃん ついに入れ歯生活になる!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

通巻199号をもう一度整理しやす。

20年以上お世話になった、所謂かかりつけのA歯医者の院長が、3年前に若くして(65歳)
突然死。
一昨年の年末、その先生に作っていただいた、右上のブリッジ方式で留めていた歯4本が、
ポロッとれた。そのかかりつけの先生が生きていたら、ブリッジで留めていた歯を再度、
固定してくれたと想像する。

その先生が亡くなったので、やむなく,近所のB歯医者に行く。
診断は、右上4本の歯と、反対側左上2本の歯 合計6本を抜歯し、入れ歯にしましょう!
保険扱いでない入れ歯が快適です、治療終了は4~6カ月かかりますと診断。
半年間満足に食べられない、治療は如何なものか?疑問に思う。

続いて、C歯医者に行く。
通勤中に見つけた歯医者。やはり入れ歯は止むをえないが、 後のダメージが大きいので抜歯は
しない。歯の中の大事な!大事な!犬歯に引っ掛ける入れ歯にしましょう!。2週間でできあがります。
但し保険がきかないが、早く出来上がる案に乗る。入れ歯の作成費35万円なり。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ C歯医者曰くその大事な!大事な犬歯が抜ける。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

今年に入り、入れ歯を固定する、C歯医者曰くその大事な!大事な犬歯の差し歯が
抜ける。C歯医者に駆けつけると、入れ歯にとって犬歯は、たいした支えにならない(?)。
犬歯の前の4本ブリッジになった歯を支えにして、入れ歯を新規に作りましょう!。
5万円値引きしまっせ!。
え!。入れ歯にとって犬歯は、大事な支えになる歯ではなかったのか!。
入れ歯を、そうたやすく作り直すものなのか?
C歯医者の看護婦さんが、気の毒がって、C先生に助言していただき、
とりあえず、抜けた犬歯の差し歯を接着剤でつけてくれる。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 転々とセカンドオピニオンを求めさまよう。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

入れ歯を作っていただいたC歯医者のスタンスに疑問をいだき。セカンドオピニオンを求めさまよう。

D歯医者:入れ歯の代わりに。インプラント2本(35万円×2=70万円)にしましょう!。
E歯医者:コロちゃんの歯すべて悪いから、全部抜いて治療しましょう!。
     抜けた差し歯の治療等、小さな治療はしません。
F歯医者:インプラントは、大事な歯根膜を除去することになる、メンテが大変。
     特にシニアには、インプラント治療の負荷が大きい。
G歯医者:インプラントは、まだ確立した治療でない。今装着している入れ歯を大事に使い
     都度メンテしましょう!。
     本当は、最初の入れ歯を保険で作り、様子を見た方がよかったですよ。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 歯医者によって見解が180度変わる。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

急死した、かかりつけのA歯医者を含め、7歯医者の見解が180度変わる。

インターネットを紐解くと、開業している歯医者の数は、コンビニより多い、儲けるために、
抜歯、保険扱いではない入れ歯、インプラントを盛んに薦める。

F歯医者はかなりのご年配の先生で、かかりつけには無理そうだ。
従ってコロちゃんは、G歯医者を頼りにするつもりだす。
どの歯医者も口内は、細菌だらけとのお話し、洗口液を購入しメンテしておりやす。【写真】

  • [257]
  • 雑文100【お金持ちが127万世帯!?】NO.228

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 3月 2日(月)13時43分24秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ 新型肺炎どうなることやら!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

新型肺炎の影響で、マスク、トイレットペーパー、生卵等が市場から無くなる!。
一体どこにいってしまった?

コロちゃんは、新潟の豪雪地帯 津南町雪まつりバスツアーを申し込んでいた。【写真①】
指折り数えて、楽しみにしていたが、バス内密室状態で新型肺炎に感染する危険性を察知して、
やむなくキャンセルした。その後イベントが中止となる。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ レオパレス21の臨時株主総会に出席!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

大株主・村上ファンドの提言で、レオパレス21臨時株主総会に出席する。【写真②産経新聞より】
村上ファンドは、レオパレス21取締役全員の解任を当初は要求していたが、すったもんだの末、
今回臨時株主総会で、取締役を送り込む議案を提出、総会2時間の攻防は、まるでテレビドラマを
見るよう。議案は否決される。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ ニューヨークが生んだ伝説の写真家展!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター展を観る。【写真③】
ソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線のファション・
カメラマンとして活躍、1980年に突然姿を消す。
写真のアングルが変わっている。ピンボケみたいな写真もある。コロちゃんでも撮れるかも!?


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ 衝動買いの雑誌あれこれ!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

①週刊現代2月22・29日号特集《60歳過ぎて家を売った、夫婦の哀れな末路》 【写真④】
特別定価520円なり!。週刊誌も高くなった!。
家を売って、極楽なはずの老人ホームに入居し、入居者のいじめにあう。
自然豊かな田園生活を味わうはずが、田舎の近所付き合いの難しさに直面。
世の中、期待するほど理想郷はない!!!。

②週刊ダイヤモンド2月8日号特集《富裕層》 【写真⑤】
 超富裕層:純金融資産保有額5億円以上 8.4万世帯
 富裕層:純金融資産保有額1~5億円118.3万世帯
 凖富裕層:5000万円~1億円:332.2万世帯
 アッパーマス層:3000万円~5000万円:720.3万世帯
 マス層:3000万円未満:4203.1万世帯
 *野村総研2017年データもとにダイヤモンド社が編集
富裕層以上のお金持ちが。126.7万世帯もいるとは、びっくり!。

③週刊ダイヤモンド1月25日号特集《名門電機パナソニックの凋落!》 【写真⑥】
コロちゃんが、現役時お世話になった会社だが、車載電池と中国シフトを重点方針にしているが、
如何に?
あ!そうそう!今務めているシャープがマスクを生産するそうだ。電機メーカーから脱皮か?

  • [256]
  • 周辺機器13【北朝鮮の興味ある記事】NO.227

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 2月17日(月)11時00分19秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆   ◆    ◆ もう 春ですね!。 ◆    ◆   ◆  ◆ ◆◆

コロちゃんは、仕事の時は、蒲田から勤務地まで、雨が降ろうが、槍が降ろうが、とぼとぼ
片道30分歩く。
その途中、呑川沿いに小さな神社がある。名は《北野神社》。
その境内の、梅の花、桃の花が満開なり。もう 春ですね!。【写真①】


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ また、オーディオ機器が故障!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

前号(226号)で、アンプ(ユニゾンリサーチ)が故障したことを、お伝えしたが、
今度は、LPレコ-ドプレーヤー(ガラード301)が、故障した。【写真②】
片方しか、音が出ない、雑音が混じる現象。さっそく近くのオーディオユニオン町田店で診て
もらう。
原因は、アーム(SME9001markⅡ)か、ターンテーブル(ガラード301)か、
メーカーオリジナルでない配線系が考えられるが、総合的な診断・修理をするセクションがないと
断られる。

まてよ、
このLPレコ-ドプレーヤーは、21年前、大阪出張の折、当時全国の百貨店で唯一
オーディオ売り場があった、大阪梅田の阪神百貨店で購入した。そこの納入業者が横浜在住で、
現在も商売をされている。さっそく、車に積み込み修理をお願いした。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 北朝鮮の現状がよ~くわかる雑誌!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

隔週間発刊《pen》2月15日号、北朝鮮(挑戦民主主義人民共和国)と韓国(大韓民国)の
比較記事が掲載され、興味深い。【写真③】
1948年分断、1970年までは、北朝鮮の経済力が勝っていた。その後韓国が、輸出志向型
工業化政策で、北朝鮮を追い抜きGDPで50倍の差がついている。
現在のGDPは、北朝鮮は島根県、韓国は東京都の規模か!?。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 中古店(ハードオフ)漁りは楽しい!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

暇な時間は、中古店(ハードオフ)4店舗を巡回。
今回、電子手帳カシオEXワード・電子ペン付き 550円。【写真④右】
   電子手帳キャノンWARDTANK 100円【写真④左】
   8ミリビデオ SONY HANDYCAM VIDEO HI8 300円【写真⑤左】
   8ミリビデオ用 充電アダプタ 330円【写真⑤右】
電子手帳は完動品、8ミリビデオは課題あり。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 大阪・門真市に安い不動産物件あり!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

昨年、OB世話役会会議で、大阪・門真市の不動産屋で見かけた不動産物件。【写真⑥】
毎月の家賃5000円。首都圏に同様の物件がないかしら!?。

  • [255]
  • アンプ編21【和室リフォームで壁に穴を空ける!】 NO.226

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 2月 2日(日)18時35分57秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 和室・リフォームで壁に穴を空ける!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

自宅和室にオーディオ、レコードが山済み。《通巻211号》
和製トランプ大統領(怖い奥方)により、オーディオ、レコード撤去命令《通巻215号》、
そして、我楽多亭2号館、通称《秘宝館》完成で、それらを退去、お引越し《通巻222号》、
ところが、
和室の土壁に多数のカビが散見、
奥方曰く、山済みのオーディオ、レコードが、通風を遮り、カビを発生させた!、とお怒り。
左官屋に頼み、土壁を塗り直しとなる、ところが塗りなおした当日、コロちゃんは、不注意で、
塗った壁に、穴を空ける。当然、奥方は、超お怒り。
後日、その壁を塗り直し、コロちゃん、和室の出入り禁止となる。 つれ~!。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ まだまだ、その余震が続く!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

和室にあって、《秘宝館》にお引越した、真空管アンプ、イタリア製ユニゾンリサーチ
《シンプル2》のスィッチを、久しぶりに入れたら、真空管が真っ赤に点灯し、音が
出なくなる。【写真①】
ユニゾンリサーチ《シンプル2》は、通巻131号で紹介済み。
4年前ににも、同様な故障。トホホホホ!。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 真空管FMチューナ組み立てる!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

昨年、管球オーディオ・フェア来場時、即売コーナーで購入した、オーディオ雑誌《ステレオ》
特別号、ラックス製・真空管FMチューナ組み立てる!。【写真②③】
感度が良くて、いい音で鳴る。定価15000円。
これで、真空管FMチュナー、ハーモナイズ変換アダプタ、アンプ、全て揃う。【写真④】


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 立ち食い高級メニュー《コロッケ蕎麦》!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

スター・ウォーズ・第9作・完結編《エピソード9》を観る。今までの続篇のなかでは、
ストーリーが分かりやすく楽しめた。【写真⑤】

立ち食い《富士そば》を愛用している。奥方と結婚当初、コロッケ蕎麦を初めて味あわせた。
当時は、300円以下であったが、今はな!な!んと!410円。立ち食い高級メニューなり。
【写真⑥】

  • [254]
  • 雑文99【年末年始うろうろ】NO.225

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 1月19日(日)12時43分35秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 年末年始うろうろ!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

昨年末 恒例のベートーベンの第九を聴く。東京都交響楽団は、シルバー料金の設定あり。
通常料金の3割引き。サントリーホールS席前から8列目の席をゲット。合唱は二期会合唱団、
今まで聴いた第九のなかで、コーラスの迫力は、ピカイチ。さすが二期会合唱団。【写真①】

数の子とタコを買いに、上野アメ横にくり出す。外国人の多さにびっくり。
【写真②】は、朝日新聞12月30日の記事。

年明け、ジャズ倶楽部の先輩と神田明神に初もうで。御茶ノ水の駅から長蛇の列。【写真③】
その後、アンコウ鍋の店《伊勢源》で、アンコウ鍋,ヌルかんで一杯。うめ~。【写真④】

先日、チケットをもらったので、ミューザ川崎シンフオニーホールで、JR東日本交響楽団
チャイコフスキー《悲愴》を聴く。企業内交響楽団であるが、なかなか良い演奏なり。
【写真⑤】

オーディオ雑誌《ステレオ》刊の《いい音、いい場所、いいお店》を購入。【写真⑥】
取材先と同じ目線で、取材しており、記事の内容に好感をもてる。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 年明け 一献!!!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

金曜日:大井町居酒屋《新潟》で、振る舞い酒とへぎそばで舌鼓。
翌週
水曜日:神保町居酒屋《金剛庵》で、新潟の銘酒、新鮮なお刺身、へぎそばで舌鼓。
木曜日:渋谷道玄坂居酒屋で、全国の美酒を呑みながら、音楽談義。
金曜日:山口県から上京の、元の会社の仲間と、我楽多亭で一献。
土曜日:元の会社の新年会で、昼間から酔いつぶれる。
      夜は、前述のJR東日本交響楽団コンサートを聴く。

前号(124号)の後に、外人の投稿あり、はて! 何だろう?

  • [253]
  • singing

  • 投稿者:sophie de hart
  • 投稿日:2020年 1月 5日(日)11時38分55秒
  • 返信
 
Hi !
I am a singer myself. I am coming from the Netherlands and going to Japan this Fabruary and March. Is it possible to come and sing with you at your cafe? Normally i sing with backingtracks but it is also possible that I take my guitarist with me.
I hope to hear from you.
Kind regards,
Sophie de Hart

http://https://sophiemelody.nl/muziek/


  • [252]
  • スピーカー編67【秘宝館落成記念第2弾】NO.224

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2020年 1月 5日(日)11時29分27秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰です。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ あけましておめでとうございます。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

2012年2月25日に創刊、2月末にblog《男の隠れ家 我楽多亭》
8年目を迎えます。
この調子でいきやすと、3年後の2023年2月末 丸10年で300号達成と予測、
なんとか、300号に挑戦したいと思いやす。皆様ご支援をお願えしやす。

blogの左上に、閲覧件数が、119270回となっておりやす。
たとえ、読者が一人になっても、がんばりやす!。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ さすらいのトランペッターの晩年。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

さすらいのトランペッター《テェット・ベーカー》、オランダのホテル2階から、
不慮な脱落死、享年58歳。その4日間の生き様を映画化、それが《マイ・フーリシュハート》。
さて、都内で観ようとしたら、もうやっていない。
ようやく、横浜日の出町、映画館《ジャック&ベッティ》で観れた。【写真①】
約1時間の映画、見ごたえあった。シナリオを購入。【写真②③】



◆◆◆ ◆  ◆   ◆ マリリン・モンローの謎のパネル。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

自宅近くに、時間つぶしにもってこいの、美術品・骨董品モール街がある。
今回、550円で、マリリン・モンローの謎のパネルをゲット。【写真④】
パネルの裏に、メイド・イン・コーリアと表示。蔵書の《マリリン・モンロー・パネル集》、
及びインターネットで調べても、映像の出所不明の謎のパネルだ。



◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 《秘宝館》落成記念購入、第2弾!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

前号(223号)でご紹介した、《秘宝館》落成記念スイス スチューダー製CDプレーヤーを
購入。今回第2弾でタンノイ・オートグラフ・ミニを購入。【写真⑤⑥】
12cm口径・同軸、なかなかメリハリのある、明るい音、低音もしっかり出る。
なお、マホガニー塗装の世界100台限定品。
定価:33万円/ペア、購入価格17万円。

  • [251]
  • 周辺機器12【秘宝館落成記念ビンテージ機器】NO.223

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年12月23日(月)15時17分22秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 秘宝館落成記念 ビンテージ物を物色。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

オーディオ雑誌《管球王国》のオーディオ・チェック用に、スイス スチューダー製CD
プレーヤーが使用されていて、注目していた。
数カ月前、元の会社のOB世話役会議に出席するため、下車駅に中古オーディオ・ショップが、
あることを発見。店に入ると、な!なんと!それが鎮座していた。しかも格安に。

ここで
インターネットでの解説《オーディオの足跡》を引用する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1988年に発売したA730をベースに、プロの現場で得られたノウハウをフィードバック
するとともに最先端のデジタル技術を導入することでさらなるグレードアップを図った
CDプレイヤー。1993年発売。

メカニズム部には従来のフィリップス製CDM-3からCDM-4プロに変更。
CDM-4ではムービングマスの低減を量ることでトラッキング性能を高めており、
D730に採用されたものは特別に選別されてチューンナップされたCDM-4プロと呼ばれる
特別仕様品となっている。
さらに、メカニズムを保持するサスペンション機構を一新することで有害振動を徹底的に排除し、
信号読み取り精度を向上。

D/A変換部は従来のマルチビット型から最新の1ビット型ビットストリームDACであるTDA1547に
変更。これにより一段と滑らかな音質を得ている。
また、機構設計や回路設計を重視することで1ビット型の弱点ともいわれる力感の乏しさを改善。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ えい! スチューダーD730をゲット。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

数回、店を訪問し検討を重ねる。そして えい! 秘宝館落成記念なり!
スチューダー製CDプレーヤーD730をゲット。
本体購入価格264000円、定価980000円。(推定)【写真①】

さらに、ヤフー・オークションで日本語取説(コピー)をゲット。【写真②】
A730の取説だが、全く同じ。購入価格6000円

さらに、ヤフー・オークションでリモコンをゲット。
送信部【写真③】、受診部【写真④】のセット。
購入価格12000円。

さらに、ヤフー・オークションで本体サイド面の木枠をゲット。【写真⑤】
本体に、はめ込む。高級感が増す。【写真⑥】
購入価格12000円。

購入価格 合計294000円。
肝心の音だが、重厚で。LPレコード再生と同等。してやったり!。

  • [250]
  • スピーカー編66【秘宝館が落城もとい落成!】NO.222

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年12月 8日(日)14時08分55秒
  • 編集済
  • 返信
 
3週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 我楽多亭2号館建設にむけて ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

6月18日発行「211号」
辣腕和製トランプ大統領(実は怖い奥方)が、本宅に出現!
膨大な和室のオーディオ・システムとLPレコード1000枚、レザーディスク200枚、
CD500枚の、立ち退き命令が下る!。

7月31日発行「214号」
北海道の木造小屋メーカーに発注。
デスク・ユニオン新宿アクセサリー館で、CDを400枚収容するCDラックを4本発注。
LPレコード200枚収容するツインボックスを12本発注、これで現有の17本とあわせ、
ツインボックスタイプが、29本。シングルタイプのLPボックス現有18本。
これで、現有1万枚のLPレコードとCDの3分の2を収容。ソフト館の構想がようやく
花開く。

8月12日発行「215号」
本宅・和室のオーディオシステムと膨大なソフトのお引越し。
35度の暑さの中、軽トラックをレンタル、2度自宅と、 我楽多亭を往復。
朝9時からスタートし、終了は午後8時。2リットルのペットボトルのお茶、氷、
セブンイレブンの、アイスコーヒーを2杯、そして塩飴をなめなめ、ようやく終わる。
   フ~。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 我楽多亭2号館が落城もとい落成! ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

そ~して、和製トランプ大統領の立ち退き命令から半年後 11月末に
我楽多亭2号館が落城もとい落成!
    フ~ 感無量なり。

夕暮れ時の我楽多亭2号館 【写真①】
怪しき 玄関前イルミネーション!。【写真②】 風俗館か?。
怪しき 玄関ドアの窓【写真③】 多数の女性陣が見える!。 幻想か?!。
ドアを開ける。正面のCDラック、左手にLPレコードラック群。【写真④】
正面右手に 本宅・和室から退去したオーディオ・システム群。【写真⑤】



◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 我楽多亭2号館を《秘宝館》と改名! ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

ジャズの仲間が、我楽多亭2号館に駆けつける。皆一様に「異状だ!」と叫ぶ。
我楽多亭のソフトもお引越し、コロちゃん収集のソフトの3分の2を収納。

ある日 我楽多亭にある、JBL076【写真⑥】をじっとみつめていたら、
とっさにひらめく!!!
    そうだ!
コロちゃんの異常なコレクションを収容しているイメージ、
   《秘宝館》が、相応しい。

JBL076
JBLとして売れなかった、ツィター。
定価(ペア);98000円、購入価格;37800円。
オーディオ・ユニオンで2010年、中古を購入。

  • [249]
  • 雑文98【芸術の秋を堪能】NO.221

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年11月17日(日)12時05分12秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 読者の皆様必携の雑誌発売。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

休日を自分一人でもできることを見つけてみる。
会社と自宅以外に居場所をつくってみる
集団から、離れて、じっくりと自分と向き合えば、
今まで知らなかった豊かな世界を発見できるだろう

トップ直伝 《孤独を100倍楽しむ》
*プレジデント2019年11月29日刊より 転載。【写真①】

読者の皆様 島倉千代子の《人生いろいろ》ではないが、色々な境遇 所詮人は
孤独なり。なかなか読みごたえある雑誌だす。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 芸術の秋 美術鑑賞如何どすか!?。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

東京都美術館で、《コートールド美術館展》を鑑賞。
イギリスの大富豪 コートールド氏が、マネ、ルンワール、セザンヌの印象派を収集。
その美樹館が2021年まで改装で、大挙して傑作の絵が、東京都美樹館に集結、見ごたえがある。
【写真②左】以前ロンドン《コートールド美術館》を訪問、その時の目録。
【写真②右】今回の《コートールド美術館展》のパンフレット。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 最高峰テナーサックス奏者コンサート!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、武蔵野市民文化会館の会員。
今回、現存するジャズ・テナーサックス奏者《スコット・ハミルトン》のコンサートを、
奥方をむりやり誘う。吉祥寺まで電車を乗り継ぎ、バスで武蔵野市民文化会館到着、会員の更新手続を
すませ、しばらく一服。開演の30分前にも関わらず、市民文化会館大ホールは人影もまばら。
受付の人に尋ねると、コンサート開場は、別な会場武蔵境スインぐ・ホールと知る。
チケットの裏に、コンサート会場と地図が記載されていた。
あわわわわ! タクシーを呼ぶが、車な~し。ここは慌てず、奥方が受付の人に教えてもらい、
バスで武蔵境行きに乗車。開演の1分前に到着。やれやれ。

演奏はバラード中心で心が癒される。奥方は、演奏時間の半分目を閉じていた。【写真③】
スコット・ハミルトンは、御年65歳、足が悪いらしく、びっこをひいていた。
最後の公演か!?。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 精力的なエンゲルベルト・フンパーディング!。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

別な日、83歳になる《エンゲルベルト・フンパーディング・コンサート》を、有楽町国際
フオーラムで聴く。《太陽が燃える》が大ヒット!。2時間ぶっ通しで精力的に唄う。ブラボー!。
コンサートチケット13000円、奥方今回は目を開いて聞き惚れていた。【写真④⑤⑥】

  • [248]
  • 雑文97【10万円のリゾートマンションに泊まる)NO.220

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年10月29日(火)12時06分56秒
  • 返信
 
1週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 10万円のリゾートマンション。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

数年前 イスラエル旅行に行った仲間9人(男性4人、女性5人)でイスラエルの会を結成。
イスラエルの会の会長は、都内のバーのマダム、会の幹事長が会社経営者、
3カ月に一度のペースで飲み会を実施。

今回、幹事長が10万円で購入したリゾートマンションを視察?旅行。男性4人が参加。
幹事長の車でさ~出発。車中購入、維持費用を根ほり、葉ほり聞く。
購入物件は、苗場、近くの越後湯沢にも、多数10万円のリゾートマンションが売りに出されている。

今から30年前、バブルそしてスキーの全盛期に何時でもスキーができる夢を描いて、
コロちゃんと同じ団塊の世代が、青田買い(完成の1年間)800~1200万円で、どっと購入。
苗場、湯沢は、人垣ができるぐらい大賑わいになる。

ところが、その団塊の世代が、定年を迎え、足腰が弱まり、年金生活でマンションの維持が
できなくなり、逆ザヤで、どっと手放し、買い手がつかない、10万円のリゾートマンションと
相成りました。

10万円で購入して、登記、税金、手数料を払い、50万円の支払いとなる、毎月の維持費が2万円、
固定資産税が6万円、車で行くと、ガソリン代、高速代往復で1万5千円、幹事長は月2回行くそう
だから、月3万円、年間ざっと66万円、毎月5万円強となる。
奥方に話すと、毎月2泊3日の上げ膳据え膳の温泉旅館に泊まれる、リゾートマンションを買ったら、
行くたびに、掃除のおばさんになる、とんでもない!」と一蹴された。



◆◆◆ ◆  ◆   ◆ リゾートマンション体験宿泊の旅。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

昨日は、大雨だったが、今日はドライブ日和、午後くだんのリゾートマンションに到着。
30階建てのタワーマンション。【写真①】
幹事長の部屋を拝見、1Kで30㎡弱、部屋でのんびりと読書をするそうだ、静かで快適。
我々は、来客用のゲスト・ルームに泊まる、リビングが30畳、洋間寝室が12畳、和室が12畳、
キッチン、バスルームが10畳 ざっと100㎡。【写真②】
この部屋は、50万円(維持費月7万円)で売りに出されている。読者の皆様如何ですか?
窓から、苗場を一望、中心街に苗場プリンスホテルが見える。【写真③】
大浴場は、24時間入浴可能、但し温泉ではない。




◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 近隣をのんびりと観光。 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

日本で一番長いロプウェー「ドラゴンドラ」で、片道30分の紅葉狩りを満喫。【写真④】
越後一の寺、日本一の庵寺「雲洞庵」で、客引き観音とご対面、人間臭い。【写真⑤】
三国街道 塩澤宿「牧之通り」、宿場町を新装オープン。【写真⑥】
この地が、柿ピー、ハッカ飴の発祥地。

  • [247]
  • アンプ編20【雨が降ろうが槍が降ろうが・・・】NO.219

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年10月21日(月)13時47分57秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 台風19号直撃でも出勤! ◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

日頃の行いのせいか、コロちゃんは、台風とか大雪の日の出勤が多い。
台風19号直撃の日も出勤。長靴を履き、片道2時間(うち徒歩45分)で、
ようやく会社にたどり着く。
すると、勤務先シャープの責任者は、ご苦労さん!一段落したら帰ってええ!と有難いお言葉。
1時間だけ仕事をして、都内別宅 「我楽多亭」にたどり着く。
それから、夜中の午前2時までレコード整理。お腹がすいたので、近くのコンビニ2軒立ち寄るが、
食料品、飲み物な~し。牛丼のすき家がやっていたので、牛カルビ焼肉定食とビールをオーダー。
至福の時を過ごす。

読者の皆様 コロちゃんは、の~天気、極楽トンボ なのです。ハイ!。


◆◆◆ ◆  ◆   ◆ 翌日「真空管オーディオ・フェア」を見学 ◆   ◆  ◆ ◆◆◆

翌朝8時に、電車が動き始めたので、御茶ノ水損保会館で「真空管オーデイオフェア」
講演会をはしごする。
まずは、柳沢正史さんのレコード鑑賞会【写真①②】
続いて、名古屋の真空管メーカー「サンバレー」の大橋慎さん【写真③】
充分堪能する。オーディオの趣味を持っていてえかった。

お昼は、名店「つじ田」のつけ麺、最上位の特製つけ麺、大盛をオーダー。【写真④】うめ~!。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 愛用のアンプが壊れる! ◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

既報のとおり、我楽多亭2号館も建設され、引っ越しの真っ最中。英国製A級アンプの
「ミュジック・フィデリティ」を鳴らしたら、音割れ現象が発覚!。ショック!。早く治さねば!。
さっそく、オーディオ・ユニオンに持参。お店の話を聞くと、修理代が高くなりそうだ。
金額が張っても治してもらうつもり。本当に良い音のアンプなり。【写真⑤】

天皇陛下即位記念500円玉硬貨が10月18日、発売なったことを、数日後知る。
奥方に郵便局に購入に行かせるが、発売日当日完売とのこと。
続いて、近くの銀行に行かせる。あった!あった! 18日はお一人様2枚限りだったが、
本日は、あるだけ購入可能とのこと。しからばと、20枚ゲット。【写真⑥】

  • [246]
  • 雑文96【今どきのプロ野球観戦にびっくり!】NO.218

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年10月 9日(水)11時41分11秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ プロ野球はクライマックス・シリーズ! ◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

野球のテレビは、まったく見ない、新聞も読まない。
従って、プロ野球はクライマックス・シリーズで盛り上がっているが、コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、
まったく、興味ない。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 今年唯一!プロ野球観戦でびっくり! ◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

あ! そうそう!
6月に新聞販売店からの招待状をゲットして、横浜ベィスターズと中日ドラゴンズの一戦を、横浜球場で
観に行った。

野球開始の3時間前に球場に到着。
新聞販売店の招待状を、内野席に引き換えるファンですでに長蛇の列【写真①】

ようやく、入場。ビール販売スタッフは、全員美形のお姉ちゃんにびっくり!【写真②】
恒例!7回始まる前、ベイスターズのブルーの風船が舞う。【写真③】
毎回、チアー・ガールの応援で、目を楽しませてくれる。双眼鏡を持参すればえかった。【写真④】

横浜ベィスターズが圧勝。
今日は、ファン感謝の特別の日なのか、ペン・ライトを渡される。【写真⑤】

野球観戦後の第2部 花火大会なので、場内消灯。球場内ブルーに染まる。
そして、グランド内野から花火が打ちあがる。【写真⑥】

これで、終わりかと思ったら、グランド内舞台に、和服姿の美女が登場!お楽しみ歌謡ショースタート!。

いやはや、昔の野球観戦とは、違う。コロちゃん にわか横浜ベィスターズ・ファンに変身。

  • [245]
  • 雑文95【広いホールに朗々と鳴るオ-ディオシステム】NO.217

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 9月24日(火)11時57分20秒
  • 編集済
  • 返信
 
3週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 真空管アンプで音楽を聴く会を堪能! ◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

秋の恒例のイベント 柳沢正史氏による「真空管アンプで音楽を聴く会」に参加。
会場はコール田無、300人定員の会場は、開場と同時に満席。【写真①】

無線と実験MJ誌の編集長【写真②左】と、柳沢正史【写真②右】の挨拶で、イベントスタート!。

今回のオーディオ・システム。【写真③】
スピーカーは、アルテックをベース、マルチセルラホーン、ツィターはJBL075で会場に、
朗々と鳴り響く。【写真④】

柳沢さん一押しのLPレコード、SPレコード、CDを3時間聴き惚れる。

途中、ジプシー・ギターのジャンゴラインハルトを崇拝するGYPCY VAGABONZによる
ライブ演奏【写真⑤】

ジャズ歌手 瀬戸カオリさんの新譜CD「KAORI!」のカラオケ・ライブを楽しむ。【写真⑥】

最後は、総額60万円のお楽しみ抽選会。瀬戸カオリさんのCDが当たる。

夜は、二次会、三次会、四次会で、一日楽しいひと時を過ごす。

それにしても、真空管アンプ製作、映画、音楽等造詣の深い柳沢正史は、凄い人です。

  • [244]
  • 雑文94【コロチャンは老人か?!席を譲られる】NO.216

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 9月 4日(水)09時50分14秒
  • 編集済
  • 返信
 
3週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ コロちゃんのある日の行状 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

コロちゃんのある日の行状をお伝えしま~す。
まず、朝一番自宅近所の畳屋に行く。前述の通り、自宅和室からオーディオ、LPレコードを
すべて撤去。和室リホームの一環として畳替えをするため、打ち合わせ。

続いて、大型廃棄物を車にぎゅうぎゅうに積み込み、郊外にある市の廃棄物処理場に運ぶ。

戻って、食品プラスチック透明トレイを近くのスーパーに持って行き、廃棄処理。

昼食をかきこみ、パソコン塾で2時間、パソコンとにらめっこ。



◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ ミュシャ展を観に行く。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

アルフォンス・ミュシャ展を渋谷文化村ミュージアムに観に行く。
彼は、アール・ヌーヴォーを代表するチェコのグラフィックデザイナー、イラストレーター、画家。
「ミュシャ」という表記はミュシャが活躍したフランス(フランス語)での発音によるものであり、
母国チェコ語の発音を日本語表記するとCs-Alfons Mucha.ogg 「ムハ」となるそうだ。
(1860~1939)

ポスターの革命を起したともいえる作品群を堪能。くすんだ色彩は、味がある。【写真①②】
若い女性の見学者が多い。


◆◆ ◆  ◆  ◆  ◆ 《銀座穴子のひらい》で舌鼓。◆  ◆  ◆  ◆ ◆◆

歌舞伎座観劇の前の腹ごなし。《銀座穴子のひらい》で穴子に舌鼓。といっても、穴子の一本焼きは、
高価。穴子のひつまぶし【写真③】と、卵焼き【写真④】、海鮮サラダ、穴子煎餅を肴に、
ビールと日本酒をぐび~。 うめ~!。


◆◆ ◆  ◆  ◆  ◆ ほろ酔い気分で歌舞伎観劇。◆  ◆  ◆  ◆ ◆◆

長谷川一夫の時代劇映画当たり役 《雪の丞変化》を人間国宝坂東玉三郎が新作としてとりあげる。

見応えある2時間。帰りに地下鉄で米国人ご夫婦が席を譲ってくれる。コロちゃん夫婦は、老人か?!。



  • [243]
  • 雑文93【35度の暑さの中お引越し】NO.215

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 8月12日(月)11時40分38秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 我楽多亭2号館建設の続報 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

北海道の木造小屋メーカーから断熱材と、内装用針葉樹板材が到着。
2日間かけて内装工事スタート。まず断熱材を約2cmの厚さに張る。【写真①】
続いて、杉板材をカット。【写真②】 天井を含めて張り詰める。【写真③】

実に順調にいっていると、読者の皆様お思いでしょう!
事前に、近所のパナソニック・ショップの電気屋さんに配線、配電盤の設置工事を、終わらせて
おりやした。
その後杉板材でふさいだ格好になりやした。電気屋さん曰く。並みの大工さんだったら、
配電盤設置個所は、ちゃんと穴をあけておく、これでは電気工事できない!・・・・・
とすったもんだ。
やれやれどうなることやら。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ モーレツな暑さのなか、引っ越し。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

和製トランプ大統領(奥方)の鶴の一声で8月中に、自宅の和室から、オーディオ、LPレコード、
CDを撤去せねばならない、連日35度のモーレツな暑さのなか、軽トラックをレンタル、2度自宅と、
我楽多亭を往復。【写真④】
朝9時からスタートし、終了は午後8時。2リットルのペットボトルのお茶、氷、セブンイレブンの、
アイスコーヒーを2杯、そして塩飴をなめなめ、ようやく終わる。
   フ~。

通巻211号をご覧ください。使用前、使用後の状態。
仏壇の両脇のLPレコードを撤去。【写真⑤】これで仏さまは、気楽にご帰宅できやす。
自宅の和室をご覧ください。【写真⑥】
スッキリ、サラサラ。

  • [242]
  • 雑文92【我楽多亭2号館建設】NO.214

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 7月31日(水)12時58分12秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 我楽多亭2号館建設へ! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

通巻211号で、ご報告したとおり、我が家にトランプ大統領出現! 自宅和室のオーディオ・
システム、LPレコード1000枚、レザーディスク200枚、CD500枚が、立ち退きと
相成りました。
まるで、難民状態だす。

さて、敷地に基礎土台設置。【写真①】
そして、床板を2重に敷き詰める。【写真②】
着工して、4日後に完成。【写真③】

ここまでは、順調だったのですが、ドアを開けて中に入ると、ビックり!【写真④】
読者の皆様も、写真をご覧になって、あれ! あれ! あれ! と思うでしょう。
そうです。
外壁の板材がむきだしなのです。手をポンポンとたたくと響きます。
木造小屋メーカーの社長に問い合わせると、コロちゃんがレコード収納倉庫にすると
お聞きしていたので、これでエエと思いましたと涼しい顔。
部屋の中は、まるでサウナ風呂、これでは、LPレコードが、溶けることうけあい。

まず、量販店より2~3万円高いが地域振興のため、近くの電器屋に、8畳用のエアコンを発注、
これで、木造6畳のサウナ小屋が、スイスアルプスのごとき快適さを確保。

続いて、北海道の木造小屋メーカーに、断熱材を敷き詰め、針葉樹の板(床材と同じ)を
張り詰める 追加オーダーを依頼。プラス15万円の費用。



◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 我楽多亭ソフト館に向けて! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

デスク・ユニオン新宿アクセサリー館で、CDを400枚収容するCDラックを2本発注。
LPレコード200枚収容するツインボックスを6本発注、これで現有の17本とあわせ、
ツインボックスタイプが、23本。シングルタイプのLPボックスが、現有18本。

これで、現有1万枚のLPレコードとCDの3分の2を収容。ソフト館の構想がようやく
花開く。

読者の皆様 コロちゃんは、お気楽でしょう。御年70歳なれば、終活を薦めなければ
いけないに、逆行です

  • [241]
  • 雑文91【お~懐かしい!第2の故郷広島】NO.213

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 7月15日(月)10時23分21秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 恒例! 西日本縦断の旅 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

元の会社のOB世話役で、ホームページ委員をしている。
パソコンも苦手、ましてやホームぺージを作成したことはな~い。
それなのに! あ~! それなのに! 何の因果か、2年前にホームページ委員になり、
爾来苦しんでいる。

先月 ホームページ委員の全国会議で大阪に1泊2日の出張を仰せつかる。
1年に1度開催され、これが3度目の出張。

必殺遊び人のコロちゃん(我楽多亭オーナー)は、それを利用して、いつも西日本を縦断、
元の会社のメンバーと飲み会を企む。

1日目、羽田から福岡空港、そして佐賀に移動して昼食会、
その後、下関に向かう、下関泊で、飲み会、海の幸に舌鼓。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 西日本の旅、2日目過密スケジュール! 。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

2日目は、過密スケジュールなり、下関8時11分発 山陽本線上りで
防府(ほうふ)9時40分着、先般定年になり、第二の人生を防府農業学校で農業従事する
べく、勉学を初めた仲間とコーヒー・ブレイク。農業学校卒業後イチゴづくりで生計を
立てるそうだ。

防府で1時間滞在後、防府発10時50分山陽本線下りで、新山口着
新山口駅で山陽新幹線上りに乗車、12時に我が第2の故郷広島着。
おお懐かしい~、10数年前、1年間広島に単身赴任、にわか広島カープ・ファンになる。

そこで、ちんちん電車 もとい路面電車《広電》に乗り、流川下車。
【写真①】は、広島市一の繁華街《流川》の入り口

三越広島店で待ち合わせ、お好み村に向かう。【写真②】
店が10数店があるが、老舗のお好み焼き屋で、焼きそば入り、ボリューム
たっぷりの、広島お好み焼きに舌鼓。【写真③】
同行の仲間は、ビールを呑むが、
コロちゃんは、前日の下関の飲み会で飲み過ぎ、二日酔いなので我慢する。

仲間の話によると、広島球場のチケット購入は、至難の業、前売りも、
広島球場に並び、抽選でチケットをゲットできる、いわゆるプラチナ・
チケット。 信じられない!。
乗車した広電は、広島カープの派手な広告で人気の程度がわかる。【写真④】

仲間と別れ、広島駅新幹線口を散策、そこには、当時勤務した会社とアパートがあった、
懐かしの場所、公団のアパートが建て替わり、雰囲気が変わっている。

広島から新大阪まで新幹線に乗車、移動。
新大阪駅ホームの売店で見かけたお土産、北海道の《白い恋人》をもじって、
《面白い恋人》な~るほど、まずそうだ!。【写真⑤】

大阪 阪急デパートに隣接する、昔からある飲み屋街で、仲間と一献。
その日から、コロちゃんが大好きな京都に2泊。


◆◆◆  ◆  ◆  ◆ 気が重~い ホームページ全国会議に参加! 。◆  ◆  ◆  ◆◆◆

翌日から、2日間大阪で、気が重いホームページ全国会議に参加。

ホームページ委員会一日目が終わり、夕食懇談会で談笑。
それから、京都の老舗ジャズ喫茶《YAMATOYAYA》で
マスターと近況を語る。【写真⑥】

翌日 ホームページ全国会議二日目、一日中絞られる、辛れ~!。
夕刻、開放、伊丹空港JALラウンジで、仲間とただ酒をガブガブ。

4日間 出張を利用しての恒例!西日本の旅でした。



  • [240]
  • ソフト編21【朝日ソノラマ創刊号をゲット!》NO.212

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 7月 4日(木)11時52分55秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 若いのに頑張るで~ 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

先日、ジャズの老舗愛好会《ホット・クラブ・オブ・ジャパン》、最初の持ち寄りコーナーで、
各人の自慢のSPレコード、LPレコード、CDをご披露する。
そこで、小学生のブラスバンド《ニイニイゼミ・ポップス・オーケストラ》で、なんと!ジャズを
演奏した、LPレコード【写真①】を聴いた。 演奏がうまい! 脱帽。

先日(第2弾)、近所のレンタル・ビデオ・ショップ《TUTAYA》で、中古CDを購入。
それは、精華女子高等学校吹奏楽部《熱血!ブラバン少女》【写真②】
小関裕而作曲(東京)オリンピックマーチが、素晴しい!。

いずれも、若いのに頑張るで~!。


◆◆◆ ◆  ◆  ◆ アート・ブレーキー(ds)の《殺られる!》 。◆  ◆  ◆ ◆◆◆

コロちゃんは、アート・ブレーキー(ds)とジャズ・メッセンジャーズが、演奏している、
フランス映画の《殺られる!》のテーマがお気に入り。CDを愛聴。【写真③】
スリリングでサスペンス映画に相応しい。もっとも映画を観ていないが・・・。

先日(第3弾)、ディスク・ユニオン吉祥寺店100円コーナーで、《アート・ブレーキーと
ジャズ・メッセンジャーズのすべて》のLPレコードを購入。【写真④】
購入理由は、そのLPレコードに《殺られる!》が載っており、LPレーコードでも聴きたいゆえ。

コロちゃん あるジャズ・クラブでそのレーコードを見せびらかしていたら、ジャズ愛聴メンバーの
重鎮から、このレコードは、100円の価値がふさわしい、何故ならLPレコード・ジャケット
裏表紙の写真が反転している、いい加減な造りの、日本盤との厳しい評価をいただく。【写真⑤】
その場では、な~るほどと納得する。
数日経ち、待てよ!ジャケット写真が反転しているのは、逆に貴重ではないのか!と、頭をよぎる。
読者の皆様如何ですか?


◆◆◆ ◆  ◆  ◆ 昔懐かしいソノ・シート・レコード! 。◆  ◆  ◆ ◆◆◆

先日(第4弾)、全国一大規模・中古レコード・CDショップ《レコファン・渋谷店》で、
朝日ソノラマ創刊号(1959年12月発刊)中古を360円で購入。60年前の代物。

あ~!あ~懐かしい!。コロちゃんがは、当時レコードが高くて、廉価版ソノ・シートを買って
飢えをしのいだな~ と。

  • [239]
  • 雑文90【我が家にトランプ大統領出現」NO.211

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 6月18日(火)11時45分29秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 辣腕トランプ大統領が自宅に出現! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

今回は、辣腕トランプ大統領が自宅に出現!の特集だす。
我楽多亭のblogは、極力プライベートの記事は取り上げないのですが、ことの経緯から取り上げざるを
得ない事をご容赦くだしゃれ。

例によって、リビングのソファでひっくり返って、疲れを癒しておりやした。
すると、奥方が興奮状態で、コロちゃんに迫る。
読者の皆様、決して卑しい事を想像しないように!、
ま!ま!孫ができるで!年明けの正月に! そうですコロちゃん71歳になってようやく初孫が生まれる!

それだけならめでたし! めでたし! はい! 夫婦の会話 終了と相成りやすが・・・・・。
奥方、ふ~ と、一呼吸おいて、「自宅の一階の和室は、階段の上り下りがないから、和室を次女の里帰り
の住処にする!」 とのたまう。

2階に次女の部屋があるのに~ と ぼんやり瞑想しておりやしたが・・・・。
な! な! なんと 我が家に辣腕トランプ大統領が出現したのです。
「和室にある、オーディオ・システム、仏壇の両脇のレコード 危ないから全て撤去して頂戴¡」
【写真①②③④】和室の現状。
これには、平穏無事が何より!コロちゃん 腰が抜けるほど ビ!ビックリ!

「初孫と、オーディオとどっちが大事!?」、「それは、はい! もちろん! あわわわわ!」
「あるもの、片づけるの簡単よ! 廃品回収車に依頼すれば、いっぺんに片付くわ・・・」
あ~ あ~ まさか自宅に トランプ大統領が出現するとは!
令和元年の我が家のビック・ニュースだす。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 一念発起! 我楽多亭2号館建設へ 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

このことで、コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、首の上のちょこんと附いてる頭でしばらく考えやした。
・・・・・途中省略・・・・・。
そして
北海道の木造物置業者と相談、当初は1畳タイプからスター まてよ3畳【写真⑥】は必要か!・・・、
でも、このタイプは、天井が狭く、これ以上大きいタイプがない、フムフム、
えい! や~! と決めたのは、
木造物置6畳【写真⑥】、床を2重、ドアに採光窓、換気フード2カ所、LED証明、
エアコンも設置したいが、我楽多亭1号館にエアコン2台設置後に、奥方来館、「自宅にエアコンの
ない部屋があるのに!どうなってまんねん!?」と逆鱗に触れた過去の記憶がよぎり、やめる。

費用は、本体、工事費 合計で軽自動車が買える値段と相成りやした。
この費用の件は、奥方に内緒、密告しないように。せいぜい50万円くらいと伝えておりやす。
この我楽多亭2号館は、ソフト館としてレコード・CD・レザーデスク1万枚を収容予定。


  • [238]
  • 雑文89【お金持ちになる方法伝授】NO.210

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 6月 3日(月)10時51分25秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ コイン・コレクションが33万円に! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

今号は、景気よくお金の特集だす。

何度も、blogに取り上げて、読者の皆様は、ネタがないからまた取り上げている~!と呆れておられる
顔が、目にうかびや~す。後でお知らせしますが、これが最後になりやす。

8カ月強貯めた、500円玉は、黄色いコレクション・ケースに収めている。1ケース200個収容、
従って
10万円、これが3ケース600個で30万円。50円玉は、郵便ポストに606個で30300円なり。
合計330300円と相成りました。【写真①】【写真②】

これを、銀行によいしょと持参し、両替しやした。いや~このお金は、毎回海外旅行の資金になるあぶく
銭だす。ところが、銀行にポスターが貼られて、ガックシ。

《硬貨入金整理手数料新設のお知らせ 2019年7月1日から開始》
500個まで無料(1日1回)、501個~:540円、1001個~:1080円、
1501個~:1620円(以降500個ごとに540円)

すると今回のケースで、7月1日に両替、口座に預金すると、1206個で1080円の手数料が
取られる。
読者の皆様、(両替後)預金するのに、手数料が取られる! 何か変だと思いませんか?



◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 5円玉がもうすぐ2万個に! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

続いて、50年貯めた5円玉が、もうすぐ2万個になりやす。
【写真③】は、コレクション・ボトルの一部。
貯める動機は何かって? 当時20歳で、女性と全く縁がなかったので、どうぞご縁(5円)ができます
ように!と、始めたのが今日にいたっておりやす。

これも、7月1日以降 2万個を両替・預金すると、な!なんと!手数料が21600円(両替金2万円)、
あな! 恐ろしや!。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 面白 イミテーションお札! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

【写真④】:うちわ・せんす。これをパタパタと仰ぐと左うちわ!。
【写真⑤】:お札のおもちゃ
【写真⑥】:全長40cmの珍味・焼きかま、秋田旅行中、土産物屋で100円で販売。超お買い得!。

  • [237]
  • スピーカー編65【え~中古EPが6万円!】NO.209

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 5月20日(月)11時52分56秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 運転技能を試される駐車を発見! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

コロちゃん(我楽多亭オーナー)では、到底無理な、運転技能を試される駐車を仕事中に発見!
【写真①】
読者の皆様 写真をご覧になってご理解いただきましたか?
車の前方は、玄関との間、ほんの15cmしか空きがない、車の後方は、ブロックとの間、
な!なんと!5cmの隙間。
車は、横に走れない、するて~と、このスペースに駐車するには、何十回となく切り返しが必要なり。
コロちゃんが、ここに駐車しようとしたら、何度もこすり、全身アザだらけ、見るも無残になるであろう。




◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 映画《ビル・エヴァンス》を観る! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

前前号(207号)でご紹介した映画《ビル・エヴァンス》観に、渋谷アップリンクに向かう。
上映の1時間前に到着、チケットを購入、な!なんと! この回の最後の1枚なり。
普通ジャズ映画は、満員御礼になることはないはず! ビックリポン!だ。
上映開始10分前に、入館。席は70席ほど、スピーカーは、スクリーンの前にむき出し。【写真②】
庶民的なミニシアター。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ え! 7インチEPレコード5万8千円。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

久しぶりに、関内にあるディスク・ユニオンに寄る。ジャズコーナーは、以前より狭くなる。
壁に陳列された売り物のレコードを見て、あ!と驚く。オランダの歌姫《アン・バートン》の中古・
7インチEP(シングル)レコード(両面で2曲)が、な!なんと!(この表現 今号で3回目)
58320円なり。【写真③】
ビックリポン!(この表現 今号で2回目)、どなた様がお買いになるのでしょう?


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ 西海岸の名機《KLH MODEL5》。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

コロちゃんのオーディオ機器ご紹介も終盤にさしかかる!? いやいや まだまだ続きやす、
ご心配なく。

米国西海岸の名機《KLH MODEL5》をご紹介しやしょう。【写真④】【写真⑤】
カタログ【写真⑥】の解説がふるっているので以下抜粋で掲載。
タイトル:ハリのある低域と、適度な華やかさのある高域は、音楽の色彩感を彫りの深い音像で
表現します。
内容:
・3ウェイ4スピーカーシステム、ウーハーは30cm、スコーカー(中域用)は、7.6cm口径の
重量級マグネット駆動で2個搭載、ツイター(高域用)は、4.5cm口径のドーム・ツイター。
・完全密閉型でアコーステックサスペンション方式を採用し、厚みのある中音をベースに、
低域と高域を最良のバランスで、音楽の色彩感を彫りの深い音像で表現。

今から31年前の1988年、相模原市郊外の廃品回収業・店舗《パークサイド》(今は廃業)で、
6千円で購入定価:26万円/ペア。

肝心の音は、同じ米国西海外のスピーカー・メーカーARと一脈を通じる、穏やかで、厚みのある
中域を重視した いぶし銀のような存在。(読者の皆様 イメージ浮かびましたか?)
尚 AR3の記事は143号に掲載。

  • [236]
  • 雑文88【生れて初めて、トラックを運転】NO.208

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 5月 5日(日)11時59分57秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 滑走路を走りすぎて、川にドボン! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

Yahhoのニュースを見ていたら、米国で米チャーター機が、滑走路を走りすぎて、離陸せずに、
川にドボンと滑落の記事が掲載されていた。*Yahho記事を掲載【写真①】
摩訶不思議なニュースなり。



◆◆ ◆ ◆ ◆   ◆ 平成最期の夜 我楽多亭に神輿が繰り出す! 。◆   ◆ ◆ ◆ ◆◆

世の中、10連休。ところがコロちゃんは、ご出勤。仕事帰りに我楽多亭による。
平成最期の夜に、我楽多亭隣接の神社に向けて神輿が繰り出す!【写真②】
異様な熱気を感じる。



◆◆ ◆ ◆ ◆   ◆ 生れて初めてトラックを運転!意外と快適なり!。◆   ◆ ◆ ◆ ◆◆

数年間お墓参りしなかったせいか、バチがあたり、隣の墓まで雑草が繁茂、昨年末大クレームになった。
そこで、数カ月前にお墓に敷石を張り詰め、雑草対策を完了。ホッ!。

家の周りの雑草で毎年悩みの種なり。よ~し! せっかく新しい年号になった!!!!!?
第2弾として、家の周り全て敷石を張り詰めんべ~!。
ホームセンターで敷石10kgを265袋(2650kg)購入。ホームセンターでトラックを借り、
まず100袋を積み込む。【写真③】

コロちゃん(我楽多亭オーナー)生れて初めてトラックを運転!
最初は、ビクビク、冷や汗タラタラ、慣れると運転は、意外と快適なり1.

毎日ホームセンターを往復し資材を運び込む。
防草マットを敷き詰め、その上に敷石を厚さ4cmにまき、3日かかってで工事完了。【写真④】
《令和》元年のコロちゃん家のビック・イベントなり。
腰が痛て~!!!。


◆◆ ◆ ◆ ◆   ◆ 四国88霊所を、1カ月半かけて巡礼!。◆   ◆ ◆ ◆ ◆◆

タイトルをご覧になって、え~ コロちゃんが!? と驚嘆するでしょう!
違いやす。コロちゃんの元の会社の先輩だす。
ご本人曰く、まず車で四国88霊所行く。だがまてよ! 全て徒歩により巡礼、ご利益を得よう!
と、決断、御年75歳。朝早朝出発、夕方宿に着く。1日2カ所ペースで1カ月半かかり完走。
御朱印を特製の掛け軸に貼る。【写真⑤】
西国、秩父等 全ての霊所も完走したそうだ。すごい!。【写真⑥】

読者の皆様 挑戦したら如何ですか?

《ブログ事務局》:(久しぶりの登場!相変わらず毎晩の度を越した晩酌のお酒が抜けきらず、
          お酒プンプン、目はしょぼしょぼ)
         人の事より、コロちゃん自身が、度重なる不祥事の懺悔をこめて、霊所を巡り、
         滝に打たれて、身を清めるべきとちゃうか!。

  • [235]
  • スピーカ編64【捨て猫スピーカーに愛着】NO.207

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 4月22日(月)12時57分1秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 大型に匹敵する驚異の小粒!CS-51 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

オーディオ全盛期の覇者 音響メーカー「パイオニア」が、経営不振で上場廃止、香港のファンド会社に
身売り、そして、大量の人員整理 悲しいニュースなり。なんとか再生してもらいたい。

そのオーディオ全盛期1970年代に、満を持してパイオニアから発売された、超小型スピーカー
システムが、「CS-51」なり。お値段は13900円/1本。
【写真①】は、当時新宿の京王百貨店電器売り場に置いてあった、カタログ。
左のカタログでは、実測値で性能はズバリ25cm3wayクラス! と胸を張っている。
右のカタログでは、大型に匹敵する驚異の小粒! と自信満々。

とにかく重い 1本3.8kg、大きさは250×150×166mm(H×W×D)。
ウーハーは12cm、ツィターは6cm、強力なマグネットを搭載、キャビネットは、がっしりとした
造り。

どこで、手に入れたか?って・・・ ヤ~  困った質問なり、 どうしよう!
言うべきか! 黙秘権を使うべきか! きっと読者の皆様は,コロちゃんをあざ笑うだろう!
えい! 白状しよう! 実は・・・ 我楽多亭の近隣の電柱のそばにに捨てられていたのだす。
まるで捨て猫のように・・・・・。

それは、30年以上前の出来事。そのスピーカーがパイオニアCS-51。キャビネットも薄汚れて
いたので、ホームセンターで、ペンキを購入、3回塗る。【写真②】

音は、濃厚な緻密な音。捨て猫ほどかわゆい。大事なり。



◆◆◆ ◆  ◆   ◆ メグ・ジャズ・イン・シネマの会は大入り満員 。◆   ◆  ◆ ◆◆◆

先日、柳沢正史さん主宰の第18回メグ・ジャズ・イン・シネマの会に参加。会場のジャズ・バー
「吉祥寺音吉メグ」は、大入り満員の盛況。
映画「オーケストラの妻」では、グレンミラー楽団の演奏を堪能。
映画「ザ・ドリー・シスターズ」は、全編双子のダンサーの唄と踊り 特に2人の脚線美に見とれる。

第2部は、78回転SPレコードコンサート 【写真③】
LPレコード、CDに勝る、本当に良い音だ。

ご参加された、女性ボーカル 瀬戸かおりさんのCDを購入。【写真④】
11人のピアノ・プレーヤーとの共演で楽しい。

同じく、この会に参加された 元キューピーにお勤めだった 映画史・食文化研究家の斉田育秀氏の著作
「映画のグルメ」、「続映画のグルメ」を購入。【写真⑤】
あらためて名画を思い出す、読み応えある本なり。


◆◆◆ ◆  ◆  ◆ ピアノの詩人 ビル・エヴァンスの伝記映画公開 。◆  ◆  ◆◆ ◆◆

ビル・エヴァンス生誕90周年を記念してして、ビル・エヴァンスの伝記映画が公開される。
4月27日からアップリンク渋谷と吉祥寺2館。相変わらずジャズ上演館は少ない。
早く観ないと、あっという間に終わってしまう。10日間の連休中に繰り出そう!。

  • [234]
  • 雑文87【なかのぶジャズ・フェスタバルを堪能】NO.206

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 4月 8日(月)14時04分40秒
  • 編集済
  • 返信
 
3週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 30年続くなかのぶ・ジャズ・フェステバル 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

30周年記念・第13回なかのぶ・ジャズ・フェステバルを聴く。場所は、我楽多亭の隣町中延。
【写真】①:街中に飾られた垂れ幕 ②:500人定員の会場(荏原文化センタ) ③コンサート風景

第1回は、30年前 1989年山下洋輔(p)、富樫雅彦(ds)、中村誠一(ts)他
第2回は、10年後 1999年山下洋輔(p)、富樫雅彦(ds)、今田勝(p)、峰厚介(ts)他、
          相倉久人(司会)
第3回は、10年後 2009年山下洋輔(p)、日野皓正(tp)、中村誠一(ts)他
          相倉久人(司会)
第3回以降は毎年開催
相倉久人(司会)は、2015年まで司会、死去、【写真④】は、彼の著作の一部。



◆◆◆ ◆  ◆  ◆ 今回、19名のベテランが勢ぞろい! 充分堪能! 。◆  ◆ ◆  ◆◆◆

今回出演者は、森山威男(ds)、市川秀夫(p)、峰厚介(ts)、中村誠一(ts)、土岐英史
(as)、鈴木良雄(b)、本多俊之(as),近藤和彦(as)、高橋ゲタ夫(b)、岡崎好郎(tp)、市原ひかり(tp)、
浜崎航(ts)、野本晴美(tb)、井上銘(g)、小山太郎(ds)、
今福健司(per)、浜田均(vib)守屋順子(p)、大野えり(v)以上19名、牧岩雅夫(司会)

3時間にわたる ベテラン・プレーヤーの白熱した演奏を充分堪能!。

【写真⑤】は、30年間実行委員を務める、中延のジャズ・バー「まつ」、有難い存在だ。



◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 身内の葬儀でお世話になった「普賢寺」の住職はジャズ好き。◆  ◆ ◆  ◆◆◆

先日、身内の葬儀でお世話になった「普賢寺」の住職は、オーディオ好き、ジャズ好きなり。
四十九日の法要は、多磨霊園に隣接する「普賢寺」で実施。【写真⑥】
残念ながら、個人情報の関係で、住職のオーディオ・ルームの写真撮影は、できなかったが、
マッキントシのトランジスタ・セパレート・アンプを
JBL、アルテック いずれも38cmウーハーで朗々と鳴らしている。

もっぱら、ジャズ 特にボーカルがお好きなようだ。吉祥寺のファンキーに時々顔出している。
トランペットも吹く、根っからの音楽好きとお見受けした。

  • [233]
  • 雑文86【blog我楽多亭8年目に突入¡】NO.205

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 3月19日(火)13時24分51秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 祖国カナダ旅行 第2弾! 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

通巻196号で、秋のカナダ旅行の第1弾!モントリオールとメイプル街道を取り上げる。
その第2弾を今頃お届けしやす。
カナダ北部を東に向かう、落ち着いた街ケベックに到着、旧市街を散策。
建物一面が「だまし絵」にびっくり!。【写真①】
写真の左端に通行人が通っている、まるで中世にタイムスリップ。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ ナイヤガラは、まるでラスベガス 。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

さらに、カナダを飛行機で東に向かう。夜ナイヤガラにつく。ナイヤガラの滝の音がゴウゴウと聞こえ、
ライトアップしたナイヤガラの滝を見学。その後街を自由散策。な!なんと!アメリカ西部のラスベガス
のごとく、ネオンサインがギンギラギン。
【写真②】
カナダ政府は、ナイヤガラを大歓楽街にすることを目指している。反面、世界遺産の対象にならない。

翌日、市内散策で、ひっくり返った家を発見!。【写真③】
お目当てのナイヤガラの滝、さすが壮大!。【写真④】
まるで遭難船?【写真⑤】
ナイアガラの滝クルーズは、全員赤いレインコートをあてがわれ、乗船する。
まるで中国旅行!?の風景。滝の真下まで連れてってくれるが、ずぶぬれになる。
ナイヤガラの滝は、アメリカ、カナダの国境に位置する。
ブリッジの中央に国境があり、向こう側はアメリカ。【写真⑥】


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ blog「男の隠れ家 我楽多亭」今後もご愛顧を 。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

blog「男の隠れ家 我楽多亭」は、8年目に突入!。これは、blog開設のお誘いいただいた
前メグの会会長のお陰です。
そして、忙しい中目を通していただいている読者の方々。
    感謝!  感謝!

さて、閲覧の仕方を整理します。
「メグの会」で検索⇒「ジャズ喫茶メグ」⇒「男の隠れ家 我楽多亭」をクリック。

「男の隠れ家 我楽多亭」で検索⇒
①「男の隠れ家 我楽多亭 TeaCup」をクリック。
  ●最新号になっていない場合 blog上段の「最新50」をクリック。
②「LINKS!」をクリック⇒「男の隠れ家 我楽多亭」をクリック。
③「インタビューパート1品川のオーディオルーム編」やねよろず をクリック。
  ●番外編ですが、「瓦屋根 やねよろず」が我楽多亭を取材した記事をご覧いただけます。

「我楽多亭」で検索⇒「男の隠れ家 我楽多亭 TeaCup」をクリック。
  ●最新号になっていない場合 blog上段の「最新50」をクリック。

  • [232]
  • スピーカー編63【カメラ付き耳そうじ器ゲット】NO.204

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 3月 4日(月)12時55分33秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ ズートシムズ研究の第一人者金坂さんご逝去。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

通巻201号でご紹介した、ズートシムズ研究の第一人者で、プライベートでズートと親交が
深かった 金坂さんがご逝去された。享年75歳。ご自宅で娘夫婦、孫が遊びに来ている時、
急逝されました。ご冥福をお祈りします。好きなことをできて幸せな人生だった思います。

【写真①右】:一昨年発行のズートシムズ愛好会の会報・創刊号のズート来日時の写真、
       金坂さんがエスコート役。
【写真①左】:ズートシムズ愛好会の会報・第2号の表紙。


◆◆◆◆ ◆ ◆ ハリウッド・フェステバル・オーケストラ・コンサート。◆ ◆ ◆◆◆◆

このところ毎年、来日するハリウッド・フェステバル・オーケストラ・コンサートを聴く。
【写真②】
ストリングス群が20名、1979年日比谷公会堂でのパーシー・フェイス・オーケストラ・
コンサートとほぼ同じ総勢40名大編成のオーケストラ。
重厚なムード・ミュージック(イージー・リスニング)を久しぶりに堪能。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ カメラ付き耳そうじ器を通販でゲット!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、耳穴に異常な関心がある。風呂上がりに必ず綿棒で耳掃除を
怠らず、その異常さに家族からひんしゅくをかっている。人体で外部に通じる穴は数々あれど、
あらゆる手段をこうじても見れないのが、耳穴なり。

先日、新聞を見てたらカメラ付き耳そうじ器の広告を見かける。【写真③】
これだ! 早速注文、現物が届く。【写真④】
早速使用、随分耳穴の毛が多い。何のためか? 家族は、コロちゃんを異常人間と確信したようだ。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ JBLのネットワーク・コレクターなり!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

通巻202号でご紹介したパイオニア16cmフルレンジの銘器《PIM16Å》。
倉庫を漁っていたら、近所のバッタ屋で購入した《PIM16Å》を見っけ!。【写真⑤】
コーンの色が違う。7000円/ペアで20年前(1999年)に購入。

この日、倉庫を整理して、JBLのネットワークを地面に並べてみた。【写真⑥】
N-7000 定価34,000円、購入価格16,000円 (ペア)1993年購入。
N-8000 定価34,000円、購入価格19,800円 (ペア)2001年購入。
N-8000 定価34,000円、購入価格14,800円 (ペア)2003年購入。
N-1200 定価44,000円、購入価格24,000円 (ペア)1994年購入。
N-2400 定価30,000円、購入価格18,000円 (ペア)1990年購入。
LX-10  定価28,000円、購入価格28,000円 (ペア)1993年購入。
LE-13  定価64,000円、購入価格19,800円 (ペア)2002年購入。
意外とこれだけ、所有しているコレクターはいないはずなり。

  • [231]
  • 雑文85【レオパレス株ストップ安で大損】NO.203

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 2月14日(木)11時25分32秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ レオパレス21の株で大損する!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

レオパレス21の建物の不正建築発表で、株は連日ストップ安。コロちゃんは、株主優待を期待して、
15年前から株を保有。今回の一件で大損をする。しかも多くの個人株主は、
あわてて手放しているのに、どうなるか見守る覚悟。やれやれ!今回で3度目の大損である。

1度目は、名古屋の今はなき不動産会社の株、株主優待目当てで、期末に金貨と金貨を入れる
ケースを送ってきた。ケースは12個収納できる。1個だけ金貨をゲットしてその会社は倒産。

2度目は、旧JALの株、これも株主優待目当て。ご存知のように会社整理となる。
コロちゃんは、株を手放さずに、どうなるか見守っていたが、最後通告がきて一株1円で手放した。

株主優待を楽しみにしている、善良な株主に対し世間は冷たい。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 前号でご紹介した栁屋ヘアークリームに反響あり!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

前号で、ご紹介した栁屋ヘアークリームを、早速ご購入した読者がおられる。不思議な現象だが、
ヘアークリームを髪にぬると、黒髪になるとの、ご連絡をいただく。

199号で取り上げた、コロちゃんの入れ歯、興味をお持ちの読者もおられるので、その後を
ご報告しやす。年明けからサードオピニオンの歯医者に通院し、3週間で入れ歯が完成。
他の歯医者だったら、一人の患者の毎回の治療時間は、最長30分。
抜歯して、歯茎が安定するまで2カ月以上、すると入れ歯完成まで4カ月はかかる。

今回身柄を預けた(大げさな!)歯医者は、抜歯をしない、(コロちゃん抜歯は大反対)
毎回の治療1時間30分から2時間、中途半端に終わらせない。出来上がった入れ歯は、
その歯医者30年の経験をもとに、随所に独自の工夫があるオリジナル。調子エエ!。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 出張の合間に冬の京都を散策。京都はエエのう!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

コロちゃんは、3年前から元の会社のOB世話役、ホームページ委員の重職を担う。
先日、全国ホームページ委員会で一泊二日大阪出張とあいなる。後泊して京都を散策。

【写真①】:京都大原三千院を散策。《京都 大原 三千院 恋につかれた 女がひとり~》
      の石碑の前に雪だるま。先日大雪が降ったそうな。今日も雪がぱらつく。
      京都市内より、標高300メートル高い。

【写真②】:三千院内で、大きな《初午大根焚き》をいただく、無料。当日厳冬で身体が温まる。

【写真③】:嵯峨野を散策。外人観光客で大賑わい。
      30年前は、冬の京都は人っ子一人いなかった。昔が懐かしい。

【写真④】:昨年秋、改修なった京都・南座。3年目改修前の南座で歌舞伎を鑑賞していたら、
      舞妓はんが大勢観に来ていて華やかだった。京都はエエのう!。

【写真⑤】:夜はジャズ喫茶の老舗 YAMATOYA に繰り出す。英国ヴァイタ・ボックスの
      スピーカー。朗々とジャズの名曲が流れる。

【写真⑥】:マッキントシュの真空管アンプ2275、レコード・プレーヤーは、ガラード401
      ジャズLPレコード1万枚所有、此のところCDが増える。写真右CDラック。
      以前はなかった。マスターは先日、JAZZ批評故松坂さんを偲ぶ会で東京に行く。
      ディスク・ユニオンを4軒はしごして、LPレコードを50枚購入したそうです。
      東京は安いとのこと。

  • [230]
  • スピーカー編62【コロチャン黒髪維持のマルヒ情報】NO.202

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 2月 2日(土)11時02分43秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆ ◆  ◆  ◆ 黒髪を維持するマル秘情報!。◆  ◆  ◆ ◆ ◆◆

先日 床屋で散髪をする。コロちゃんが70歳にして黒髪を維持している事に話が盛り上がる。
コロちゃんは、自慢気に床屋の店員にマル秘情報をご披露する。
それは・・・・・、
えへん・・・・・、

栁屋のヘアークリームを50年使用しておりやす。定価500円少々。【写真①】
50年前コロちゃんが成人式を迎えたころ、ヘアーリキッドが爆発的にヒットする。
匂いもすばらしい、つけた後の爽快感も抜群だ。女性にもてる身だしなみの初めの一歩か。
だが、まてよ!。原料は鉱物性、もっとわかりやすく言えば、石油精製品だ。
これを、髪に巻き散らすのは、如何に!?。一方栁屋のヘアークリームは、髪に優しい植物性、
液体の色も乳白色、但し香りは、おじさんぽい。女性にもてそうもない。現実今だかつてもてない。

以来、50年栁屋のヘアークリームを愛用しておりやす。ひとつ困ったことは、どこの化粧品
売り場にも陳列されていない。生産終了か? イヤ!取り寄せることができる。
今ストックは15本。1年で3本消費するから、5年間分キープしたことになる。
そろそろ、さらに6本買いだめしておこう!。


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 絵の出るレコード《レーザー・デスク》コレクション!。◆ ◆ ◆ ◆◆◆

通巻200号で、年末恒例、ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」を聴いた件をご紹介した。
ヘルベルト・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー交響楽団のレーザーデスクを所有。
【写真②】

前号(201号)でご紹介したズート・シムズ 85年3月に癌で他界する、その4カ月前に収録した
ラスト・ビデオ(レーザー・デスク)。【写真③】
サイドメンは、レッド・ミッテェル(ベース)、ルネ・クスタフソン(ギター)。
人生を振り返り、朗々とテナー・サックスを吹く、ズートが印象的。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 1時間半ぶっ通しの演奏《ヴエルディのレクイエム》。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

コロちゃん(我楽多亭オーナー)、このところ、時間が空くとクラッシク・コンサート情報誌
「ぶらあぼ」をパラパラめくる。
この日は、サントリー・ホールで東京交響楽団、新進気鋭ロレンツォ・ヴィオッティ指揮の
《ヴエルディのレクイエム》が目にとまる【写真④】。

早速サントリー・ホールで午後6時から当日券売り出しに並ぶ。
すると、私設ダフ屋(ごめんなさい、定期会員で、都合でコンサートを聴けなくなった方)が、
A席(6000円)を3600円で買わないかと、声をかける。コロちゃんすぐに飛び付く。
当日券を求めて20人ぐらい並んでいるのに、なぜコロちゃんに真っ先に声をかけるのか不思議なり。
きっと、貧相な姿に映ったのだろう。気を付けよう!。

1時間半ぶっ通しの演奏《ヴエルディのレクイエム》、圧巻は、2曲目《怒りの日》。
フル・オーケストラに、200人の合唱団、前から6列目で聴く。凄い迫力なり!、充分堪能する。

帰宅してコロちゃんの膨大なCDコレクションから、ジョージ・ソルティ指揮、ウイーン・
フィルハーモニ交響楽団を聴く。【写真⑤】
でも、何といっても、生(ライブ・コンサート)がええ。


◆◆◆◆ ◆  ◆ パイオニア16cmフルレンジの銘器《PIM16Å》。◆  ◆ ◆◆◆◆

ハード・オフで状態の良い、パイオニア16cmフルレンジの銘器《PIM16Å》をゲット。
【写真⑥】
定価5200円/ペアを21600円で購入。オークションで16000円で売りに出されているが、
コーンの状態がよくない。
ゲットしたスピーカーは少々高めだが、メカニカル2WAYの中心部のブルーのコーンの色が実に
鮮やかで、断然、状態が良い。
ダイヤトーンのキャビネットにマウントして聴く。自然な音、明るい音で満足。

EXCELでオーディオ・リストを管理しているが、そのリストを見ていたら、
な!なんと 今から20年前に、近所のバッタ屋で同じ物《PIM16Å》7000円/ペアで
購入していた。すなわちダブり。でも銘器は、何本あってもええ。
近々に物置を物色して、20年前に購入した物を確認しよう!。

  • [229]
  • 雑文84【菊地さん宅オーディオ・システムに感動】NO.201

  • 投稿者:無記名
  • 投稿日:2019年 1月20日(日)12時38分40秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆ ◆  ◆  ◆ 座間のSPレコードを聴く会を堪能!。◆  ◆  ◆ ◆ ◆◆

毎月第2水曜日座間で大西さん主宰 ジャズ・SPレコードを聴く会を楽しみにしている。
直近のオーディオ・システム 【写真①】
スピーカーが、英国ワーフデル25cmフルレンジ・スピーカー、実に朗々と鳴る。
それをサポートするのが、大西さん自作の真空管式モノラル・アンプ、
そしてSPの音楽情報を忠実に再生する、GE社製SP・LPカートリッジ。
どんな、高額のオーディオ・システムでもかなわない。



◆◆◆ ◆  ◆  ◆ ズートシムズの使用していたテナー・サックス。◆  ◆  ◆ ◆◆◆

座間のSPレコードを聴く会に参画しておられるのが、ズートシムズ研究の第一人者金坂さん。
【写真②】は、金坂さん主宰の「ズートシムズ・ファンクラブ」限定EPレコード。

昨年夏、ズートシムズのお墓参りと、ニューヨークご自宅訪問で90数歳の奥様とお会いしてきた
そうです。
奥様は、すこぶる元気。日本に帰国したら、奥様からズートシムズの使用していたテナー・サックス
NO.2が贈られてきた。実に貴重な楽器なり。
ズートは、テナーを6本使用、そのうちのNO.1は、公的施設に寄贈。



◆◆◆ ◆  ◆  ◆ ホット・クラブの正会員菊地さん宅を訪問。◆  ◆  ◆ ◆◆◆

自作アンプの第一人者柳沢正史さんと、ホットクラブの正会員 菊地さん宅を訪問。
目黒の閑静な住宅街にあるマンションの一階にお住まいです。
奥様から美味しいケーキとコーヒーを御馳走になり、リビング・ルームでしばし談笑。

「それでは、そろそろ私のオーディオ・システムを、お聴きください!。」と菊地さんがスクッと
たちあがる。リビング・ルームの奥にリスニング・ルームがあるのかと思っていたら、
な!なんと!
メゾネット・タイプの地下に専用のオーディオ・ルームがある。【写真③④】

ここで、菊地さんご自慢の機器一覧をご紹介しよう。
スピーカー Zingali     hm112  (旧モデル) + スーパー・ツィター
パワーアンプ  Unison Reserch   S-8
              Hatt Audio   845  のByアンプ

プリアンプ   Luxman     CL38u
フォノイコライザー Lumiere Audio
従って、機器は全て真空管で構成。

アナログプレーヤー ① stabi   TT-1000  + RMA212 +SPUsynergy-A
          ② テクニクスSP-10Mk2A  + AC3000 +SPUcllasicA
            mcトランス My Sonic Labo  202  Peerless  SLC-1

CDプレーヤー  Marantz SA15-S2

音は、845の真空管をByアンプにより中・低音に厚みがあり、
さらにZingaliの木質を感じる温かみのある音を朗々と鳴らす、
柳沢正史さんご持参のジャズ・レコードも生々しく再生、
  ブラボー!。

【写真⑤】右が、菊地さん。


◆◆ ◆ ◆  ◆  ◆ 柳沢正史さん御執筆の新刊!。◆  ◆  ◆ ◆ ◆◆

オーディオ総合誌「MJ無線と実験」に毎回連載されていた、「名曲を訪ねてシネマの森」
が、本年年明けに、刊行された。
あらためて、柳沢正史さんのシネマに対する造けいの深さに、脱帽!。

  • [228]
  • アンプ編19【年末恒例《第九》を聴く】NO.200

  • 投稿者:無記名
  • 投稿日:2019年 1月 7日(月)12時08分57秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ あけましておめでとうございます!。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

       あけましておめでとうございます。
  さて
当blpg「男の隠れ家 我楽多亭」は、200号を迎えました。
前メグの会会長からお誘いを受け、、2012年2月25日に創刊号を発刊、以来約7年を経過。
毎号愛読?していただいている読者数は、100人をくだらないと、推測しておりやす。
当初200号で終了予定でしたが、まだ所蔵のオーディオ機器のご紹介が終わりやせん。
どうぞ、しばらくご辛抱、ご愛顧の程、お願え申す(訛る)あげます。

ここで、当blpgの検索方法で一部変更がありやす。
「メグの会」⇒「Weds.Cafe」からの検索は、今年3月末で終了。
理由:フリーのホーム・ページ・サーバーを提供していた、yahooがサービスを終了する。
もしかしたら、当blpgも影響を受け、ドタキャンになるかもしれやせんが・・・・・。
従来通り、「メグの会」⇒「ジャズ喫茶 メグ」からの検索、今後も可能。
また「男の隠れ家 我楽多亭」で直接検索、今後も可能だす。



◆◆ ◆ ◆  ◆  ◆ み~は~ コロちゃん 年末恒例「第九」を聴く!。◆  ◆  ◆ ◆ ◆◆

クラッシク情報誌「ぶらぼう」を調べると「第九」のコンサートが、目白押し。首都圏で30公演以上ある。
仕事OFFの日に当日券を求めて電話問い合わせする。するとどの公演も完売!なり。
びっくり! 日本人は「第九」が好きだ。
ようやく、東京シティ・フイルハーモニック管弦楽団 上野東京文化会館公演 当日券をゲット。【写真①】
前から5列目のA席高齢者価格5300円なり。NHK交響楽団の「第九」の末席は8000円、
それと比べると、お買い得。

コロちゃんは、シルバーパスを駆使、都営地下鉄浅草線蔵前駅で、都営大江戸線蔵前駅で乗り換え、
上野広小路駅下車で会場到着。それにしても、蔵前駅乗り換えで道に迷う、駅間が実に離れている、
駅名を変えるべきなり。
でも収穫あり、蔵前には、下町の風情ある飲み屋がポツポツとある!。今度行ってみよう!。

「第九」70分の演奏! えかった!。


◆ ◆  ◆ ◆  ◆    ◆ 魅力ある本、雑誌をゲット!。◆    ◆  ◆ ◆  ◆ ◆

デスク・ユニオン渋谷・中古コーナーで、寺島靖国氏「JAZZ遺言状」をゲット。【写真②】
相変わらず、本のタイトルが凄い!(中身も)。雑誌「ジャズ・ジャパン」の連載をまとめた物。

続いて 「男の隠れ家2月号 特集 昭和ノスタルジー」【写真③】
コロちゃんは、昭和時代40年、平成時代30年過ごす、今後新たな年号に代わっても、
昭和時代が一番長い、また一番愛着がある。昭和時代の記事、かなり充実している。一見の価値あり。


◆◆ ◆ ◆ ◆  ◆ オーディオ老舗メーカーの管球アンプをゲット!。◆  ◆ ◆ ◆ ◆◆

195号でご紹介した、雑誌「STEREO」別冊 オーディオ老舗メーカーラックス社製
管球アンプ・キットを購入。
定価:17000円、購入価格13600円
早速、1時間で組み立てる。【写真④】
肝心の音だが、片ch3wの出力なのに、管球アンプ特有のパワー感があり、みずみずしい。
入力も2端子あり、なかなかの優れもの。


◆◆ ◆ ◆ ◆  ◆ 我楽多亭隣接のお寺の聖語にハッとする。◆  ◆ ◆ ◆ ◆◆

仕事で赤坂で見かけた張り紙。【写真⑤】
赤坂に活動拠点があったらええな~ とブツブツ。

我楽多亭隣接で、コロちゃんも檀家の端くれのお寺の掲示板、「今月の聖語」にハッとする。
【写真⑥】
今年も、与えらられた命 充実した人生をおくりたい!!!。

  • [227]
  • ソフト編20【コロチャン遂に入れ歯生活になる】NO.199

  • 投稿者:無記名
  • 投稿日:2018年12月23日(日)13時59分27秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆  ◆  ◆   ◆ コロちゃん ついに入れ歯生活になる!。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

前にも、お話ししましたが、20年以上お世話になった歯医者の院長が、1年前に若くして(65歳)
突然死。コロちゃんは、歯がだめ(頭も!)なので、急遽近所の歯医者に変え、通院しておりやす。
1週間前に、右上のブリッジ方式で留めていた歯4本が、ポロッとれた。すわ! 大変! と
通院先の歯医者に駆けつける。
診断は、右上4本の歯と、反対側左上2本の歯 合計6本を抜歯し、入れ歯にしましょう!
保険扱いでない入れ歯が快適です、治療終了は4~6カ月かかりますと診断。ショック!

だが、待てよ! この歯医者は、この1年間で何かある度、抜歯しましょう!保険の扱いの歯は
だめです!と言う。
インターネットを紐解くと、開業している歯医者の数は、コンビニより多い、儲けるために、抜歯と
保険扱いではない治療を薦める・・・と書いてある。

そこで、セカンドオピニオンを求めて、別の歯医者に行く。入れ歯は止むをえないが、状況によって
抜歯は、全部でなくてもよいかもしれません、慎重に治療しましょう・・・と、ごく常識的な
お話をする。

さらに、サードオピニオンを求めて、通勤中に見つけた歯医者に行く。やはり入れ歯は止むをえないが、
後のダメージが大きいので抜歯はしない、個々の歯の治療はする、金属で両端を通す、入れ歯はしない、
犬歯に差し歯をつけ、そこで特殊なゴムで固定する入れ歯にしましょう!、2週間で治療完了します
・・・。
その話を家に持ち帰り、部分入れ歯をしている奥方に相談する。眉唾みたいな話なので、
二人でもう一度説明を聞くことにする。

あ~! あ~! 健康寿命確保の第一歩は、まずは健康な歯と言われている。
これからどうなることやら。



◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆ 創業103年の老舗の製麺店が廃業。◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

我楽多亭の近くには、下町の商店街が軒を連ねる。その1軒 大正時代から創業103年の製麺店が
廃業。寂しい話だ。【写真①】

日曜日なのに近所の家のブロック塀の撤去工事が、超うるさい!。だいたい日曜日は、工事をやらない
はずだと、コロちゃんブツブツ。奥方、あんたは毎日が日曜日だ!と一喝!。
コロちゃん しょぼん・・・。



◆◆◆  ◆  ◆   ◆ このところクラシック・コンサート三昧。◆   ◆  ◆  ◆◆◆

サントリー・ホール・バックヤード席で、マーラー・交響曲第1番「巨人」を聴く。第3楽章が圧巻。
【写真②】は、所蔵のブルーノー・ワルター指揮、コロンビア交響楽団のLPレコード。
写真左側の「都はるみ全集」は、ご愛敬。

同じく、サントリー・ホール・バックヤード席で、ストラヴィンスキー・バレー・音楽「春の祭典」を
聴く。全編 小鳥のさえずり、風のそよぎ、冬眠からさめた動物のざわめき等ウキウキする。
【写真③】は、所蔵のアンタル・ドラティ指揮デトロイト交響楽団のLPレコード。

あ、そうそう
同じく、通巻193号でご紹介した、ムクソルスキー「展覧会の絵」ユージン・オーマンディ
指揮フィラデルフィア交響楽団の所蔵レザーディスクを観る。あらためて感動。【写真④】



◆◆◆ ◆ ◆ ◆ ムードミュージック(イージーリスニング)はエエね~!。◆ ◆ ◆ ◆◆◆


アルゼンチンのムードミュージック ワルド・デ・ロス・リオス(1937-77)を聴く。
【写真⑤】は、LPレコードと2枚組CD。
クラシックを巧みに編曲して、ヒットする。惜しい事に、彼は40歳でピストルで自殺をする。

先日、ハード・オフでパーシー・フェイス・オーケストラ中古10枚組LPレコードを108円でゲット。
当時の通販のLP全集だが、選曲と音がエエ。【写真⑥】

ここで、ムードミュージック(イージーリスニング)大好きのコロちゃんの所蔵リストをご紹介しよう。

パーシー・フエイス・オーケストラ(米):LPレコード73枚所有。

フランク・プールセル・グランドオーケストラ(仏):LPレコード29枚。
ポール・モーリア・グランドオーケストラ(仏):LPレコード17枚。
レイモン・ルフェーブル・グランドオーケストラ(仏):LPレコード60枚。

リカルド・サントス 別名 ウエルナー・ミューラ・オーケストラ(独逸):LP15枚。

フランク・チャクスフイールド・オーケストラ(英):LP19枚。
ジョージ・メラクリーノ・オーケウトラ(英):LP11枚。
そして、
マント・ヴァーニー・オーケストラ(英国):242枚所有。
これ以外のムードミュージックLPレコードを合算するとざっと500枚になる」。
たぶん日本有数の(変わった!?)レコード・コレクターで~す。

これで、年内の投稿は終わりだす。
良いお年を! 次回は通巻200号になりやす。


レンタル掲示板