投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [230]
  • スピーカー編62【コロチャン黒髪維持のマルヒ情報】NO.202

  • 投稿者:コロちゃん
  • 投稿日:2019年 2月 2日(土)11時02分43秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆ ◆  ◆  ◆ 黒髪を維持するマル秘情報!。◆  ◆  ◆ ◆ ◆◆

先日 床屋で散髪をする。コロちゃんが70歳にして黒髪を維持している事に話が盛り上がる。
コロちゃんは、自慢気に床屋の店員にマル秘情報をご披露する。
それは・・・・・、
えへん・・・・・、

栁屋のヘアークリームを50年使用しておりやす。定価500円少々。【写真①】
50年前コロちゃんが成人式を迎えたころ、ヘアーリキッドが爆発的にヒットする。
匂いもすばらしい、つけた後の爽快感も抜群だ。女性にもてる身だしなみの初めの一歩か。
だが、まてよ!。原料は鉱物性、もっとわかりやすく言えば、石油精製品だ。
これを、髪に巻き散らすのは、如何に!?。一方栁屋のヘアークリームは、髪に優しい植物性、
液体の色も乳白色、但し香りは、おじさんぽい。女性にもてそうもない。現実今だかつてもてない。

以来、50年栁屋のヘアークリームを愛用しておりやす。ひとつ困ったことは、どこの化粧品
売り場にも陳列されていない。生産終了か? イヤ!取り寄せることができる。
今ストックは15本。1年で3本消費するから、5年間分キープしたことになる。
そろそろ、さらに6本買いだめしておこう!。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 絵の出るレコード《レーザー・デスク》コレクション!。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

通巻200号で、年末恒例、ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」を聴いた件をご紹介した。
ヘルベルト・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー交響楽団のレーザーデスクを所有。【写真②】

前号(201号)でご紹介したズート・シムズ 85年3月に癌で他界する、その4カ月前に収録した
ラスト・ビデオ(レーザー・デスク)。【写真③】
サイドメンは、レッド・ミッテェル(ベース)、ルネ・クスタフソン(ギター)。
人生を振り返り、朗々とテナー・サックスを吹く、ズートが印象的。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 1時間半ぶっ通しの演奏《ヴエルディのレクイエム》。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

コロちゃん(我楽多亭オーナー)、このところ、時間が空くとクラッシク・コンサート情報誌
「ぶらあぼ」をパラパラめくる。
この日は、サントリー・ホールで東京交響楽団、新進気鋭ロレンツォ・ヴィオッティ指揮の
《ヴエルディのレクイエム》が目にとまる【写真④】。

早速サントリー・ホールで午後6時から当日券売り出しに並ぶ。
すると、私設ダフ屋(ごめんなさい、定期会員で、都合でコンサートを聴けなくなった方)が、
A席(6000円)を3600円で買わないかと、声をかける。コロちゃんすぐに飛び付く。
当日券を求めて20人ぐらい並んでいるのに、なぜコロちゃんに真っ先に声をかけるのか不思議なり。
きっと、貧相な姿に映ったのだろう。気を付けよう!。

1時間半ぶっ通しの演奏《ヴエルディのレクイエム》、圧巻は、2曲目《怒りの日》。
フル・オーケストラに、200人の合唱団、前から6列目で聴く。凄い迫力なり!、充分堪能する。

帰宅してコロちゃんの膨大なCDコレクションから、ジョージ・ソルティ指揮、ウイーン・
フィルハーモニ交響楽団を聴く。【写真⑤】
でも、何といっても、生(ライブ・コンサート)がええ。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ パイオニア16cmフルレンジの銘器《PIM16Å》。◆  ◆ ◆ ◆◆◆

ハード・オフで状態の良い、パイオニア16cmフルレンジの銘器《PIM16Å》をゲット。【写真⑥】
定価5200円/ペアを21600円で購入。オークションで16000円で売りに出されているが、
コーンの状態がよくない。
ゲットしたスピーカーは少々高めだが、メカニカル2WAYの中心部のブルーのコーンの色が実に鮮やかで、
断然、状態が良い。
ダイヤトーンのキャビネットにマウントして聴く。自然な音、明るい音で満足。

EXCELでオーディオ・リストを管理しているが、そのリストを見ていたら、
な!なんと 今から20年前に、近所のバッタ屋で同じ物《PIM16Å》7000円/ペアで購入して
いた。すなわちダブり。でも銘器は、何本あってもええ。
近々に物置を物色して、20年前に購入した物を確認しよう!。