投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [219]
  • スピーカー編56【雑草の繁茂でお墓が埋没】NO.191

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2018年 8月28日(火)11時07分58秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆ ◆ ◆  ◆ 八甲田山雪中行軍遭難を体得!。  ◆  ◆ ◆ ◆ ◆◆

先日 台風が西日本に上陸、その後北に進む。コロちゃんは、どういうわけか、日ごろの行いが
良いせい?か、台風の上陸とか大雪の時に勤務が多い。今回は、首都圏を直撃していないが、
万が一を考え、長靴を履いて家を出る。バス停まで徒歩で10分、あわわわわ!
横殴りの強風と、シャワーのような集中豪雨、前に進めない!、八甲田山雪中行軍遭難を体得!。
コロちゃん70年の人生経験で初めての経験なり。
長靴の中は雨がたっぷり入り、歩くとチャポン、チャポン、当然衣服はびっしょ、びっしょ。


◆◆ ◆ ◆ ◆  ◆ 雑草の繁茂でお墓が埋没!ご先祖様が悲鳴!。  ◆  ◆ ◆ ◆ ◆◆

先日、多磨霊園の管理事務所から、お手紙を頂戴する。コロちゃんのお墓と隣のお墓が、雑草の繁茂
で、埋没状態とのこと。どうやら墓参りに来た近所の方からの密告 もとい 管理事務所にご親切に
ご連絡いただいたとのこと。
原因は、コロちゃん3年間お墓参りをしていないため、ツル性のつたがのび、しかも隣の墓まで
はこびり、雑木林化してしもうた次第だす。
ご先祖様ごめんなさい!。

明日、日中をさけ夕方、踏み台、ノコギリ、短・長2本の枝切りばさみ、蚊取り線香、除草剤、新聞紙、
ライター、タオル、あ!そうそう熱中症を避けるべく2リットルのミネラルウワーターを持参し、
雑木林撤去を目指します。 重ねてご先祖様、窮屈な思いをさせて申し訳けありません。


◆◆ ◆ ◆ ◆  ◆ お薦めの映画 2本をご紹介!。  ◆  ◆ ◆ ◆ ◆◆

1本目は、トム・クルーズ主演の《ミッション・インポシブル・フオールアウト》。【写真①】
まあ、何といっても、スタントマンなしで、カーレース、断崖絶壁でのアクション・シーン等々、
そして、魅力的な女性脇役陣。この酷暑にスカットする。コロちゃん2回観る。

2本目は、《スターリンの葬送狂騒曲》。【写真②】
スターリン死後の権力闘争を歴史に忠実に再現。このところの、歴史を無視したNHKの大河ドラマ
如何なものでしょうか?。


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ オーディオ全盛期に一世を風靡したダイヤトーン・スピーカー。  ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

日本では、1970年前後オーディオ全盛期。そこに1970年三菱電機がダイヤトーン・スピーカー・
DS-251を発売。【写真③】
米国AR社の思想、密閉型でも、豊かな低音を確保できる、アコーステック・エアー・サスペンション
方式の25cmウーハーを搭載した、3ウエイ・スピーカーシステム。
定価50,000円、中古購入価格1,000円/2本 1991年購入。2セット所有。

続いて、1973年、DS-251の後継機種DS-251Ⅱを発売。【写真④】
両機種で60万本という、驚異的な売り上げを記録した。

DS-251Ⅱネットを外す【写真⑤】、【写真⑥】は、カタログ。
パネル両端に円形パイプを採用して、指向性の劣化を防ぐ。
コロちゃんは、値上げをするためにデザインを変えたと推察する。
定価64,000円、中古購入価格5,000円/2本 1992年購入。

音は、適度な低音で、ジャンルを問わず、優等生的なな鳴り方。