投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [8]
  • MDデッキを事務所に設置

  • 投稿者:管理人メール
  • 投稿日:2009年 8月 2日(日)20時07分11秒
  • 編集済
  • 返信
 
衛星PCM放送を聴かなくなれば、MDデッキは1台でいい。
2000年頃、衛星PCM放送のエア・チェックのためにMDデッキを2台買った。
MDデッキの最高傑作、ケンウッドDMF-7020 当時94000円。(写真1)
これしかないと思いつめるほど惚れ込んだ機械である。
しかし、脆いところがあって、録音用レーザーヘッドの寿命が短いという致命的ともいえる欠点があったが、今日まで修理をしながら使い続けてきた。

一台は録音が怪しくなっているが、再生に関してはまったく問題はない。
8月1日、ケンウッドDMF-7020を事務所に持ち込むことにした。

前日までは、あくまでもポータブルMDで頑張ろうと思っていた。
このポータブルMD(パイオニアPMD-P1)には非常な愛着があるからだ。(写真2)

リーマン時代、FMトランスミッターを装着してカバンに忍ばせておき、
営業車のFMカーラジオ(ステレオだった)からジャズを鳴らすのに使っていた。
「課長、受注が取れそうなので客先いってきます。」
得意先への中央フリーウェイはいつもジャズロードだった。

しかし、事務所で仕事をしながら聴いていると、うるさく感じる曲や、嫌いな曲は飛ばしたい!と強く思うようになった。
座ったままで、それをやるにはリモコンが使えるMDデッキ必要なのである。

でかいなぁー。事務所に持ち込んだものの、幅45センチのフルサイズ・コンポーネントは巨大である。大きいと思っていたパソコンが小さく見える。(写真3)