teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. これが真相だ第2弾サポーターの義務(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


11/10 終着駅サミット交流会

 投稿者:スーギン  投稿日:2018年11月12日(月)20時41分40秒
返信・引用 編集済
  11月10日(土)17:30から阿下喜温泉において
終着駅サミット「交流会」が開催されました。

会場いっぱいに並べられた料理は
北勢線沿線の食材を使って
地元の料理人が腕を振るった
ものばかりです。(写真1)

桑名の蛤 いなべのそば 具だくさんの豚汁
山かけごはん 寿司いろいろ
日本酒 ビール 梅ジュースもあります
阿下喜で美味しいもの食べ過ぎて
血糖値アゲキっちゃいました(笑)

立食形式ですが飲みすぎた人のために
モニ226から運んできたロングシートが
こんなところでも役にたちました。
(写真2=片付けが終わってシートを眺めると
     ロングシートだけに、長いです)

ASITAの会員は、昼間は各自持ち場があったのですが
交流会でやっと集合できました。(写真3)
美味しいお酒が飲めました。
そして何より、参加の皆様との交流ができました。

次の11日(日)後半のイベントも頑張りました。


 
 

11/10 終着駅サミットin阿下喜

 投稿者:スーギン  投稿日:2018年11月12日(月)11時13分25秒
返信・引用 編集済
  11月10日 13時から北勢市民会館ホールにおいて
開催されました「終着駅サミットin阿下喜」に
参加しましたので概要を報告します。

実行委員会副委員長の吉田桂治氏より開会宣言、
日沖靖いなべ市長の挨拶、
コーラスグループ「ノースコール」の北勢鉄道唱歌などの後
RACDA会長の岡將男氏の基調講演
「現代の軽便鉄道、LRT ライトレール」がありました。

「軌道に乗る」という言葉は文字通り鉄道のことであり、
初期投資が大きいので計画的まちづくりをしなければいけないなど
鉄道事業は「覚悟が必要」と言うことに同感です。
北勢線が奇跡的に残ったのは
行政関係の大胆な投資があったことが大きいとのことでした。

続いての講演は、旅の文化研究所の山本志乃氏の
「終着駅こそ始まりの場所」でした。
「軽便鉄道の記憶」プロジェクトの研究会をとおして
現在の「終点」は、本来は「起点」だった!
ということがテーマです。
北勢線について言うなら
いなべ地方は物産が豊かで交通の要衝であったことなどが
明治44年の「北勢鉄道株式会社敷設免許申請」に書かれていて
阿下喜が起点だったことを裏付けています。

次に、演題「終着駅を活かしたまちづくり」としての
パネルディスカッションが行われました。
コーディネーターとして四日市大学の岩崎恭典学長
パネリストは、三岐鉄道の日比社長、岡將男会長、山本志乃氏
ASITAの安藤たみよ会長、日沖市長が登壇されました。(写真1)

基調講演をうけて、
日比社長からは三岐鉄道の数々の取り組みを報告されました。

安藤会長からは
鉄道ファンでもないのに15年も活動してきた
自分たちは覚悟しないでよい立場、遊んでいるだけ
と言って会場の笑いをとりましたが
当時、子供が学校に通えなくては困る、
今後も高齢者の足として北勢線は必要との思いで
活動しているとの話がありました。
また、いなべに移住してきた人と元々の住民との交流や
外の人達から教えてもらうことも大切だと思うとのことでした。

日沖市長からは
交通への予算1%ということについては
いなべ市は優等生だと思う
ポスト製造業として観光などに力を入れ
例えば珍しいナローゲージを活かすこと
外国人に来てもらえるまちづくりを進めたいなどの
発言がありました。

山本志乃氏の講演の中での
北勢線開業当初の乗車の心得の中の
「アトミヨソワカ」の呪文について
会場から「降りるときには忘れ物などしないように」の
意味であるとの回答がありました。
「ソワカ」とは梵語の言葉で「万全に」と言うことで
つまり「跡を見て忘れ物ないよう万全にしなさい」と
言うことが解かりました。
また、現代の北勢線のことを唄った「新北勢線唱歌」なるものを
みんなでつくってはどうかとの提案がありました。

パネルディスカッションの後に「タブレット引継式」がありました。
日沖市長から終着駅サミットの発案者である善光孝氏に
バトン代わりのタブレットが引き継がれました。(写真2)
本来は次回開催地の代表に引き継がれる予定でしたが、
予定地が災害のため開催不可能となってしまいました。
現在、次回開催地が未定の状態ですので
急遽、発案者に一旦タブレットが返され、開会地が決まった時点で
改めてタブレットを引き継ぐ予定との説明が善光氏からありました。

最後に、実行委員長の安藤会長から閉会の挨拶があり
サミットは閉幕となりました。(写真3)

 

11/ 9 終着駅サミット準備

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年11月 6日(火)21時34分36秒
返信・引用
  毎週ご協力お願いします。

11/9 朝8:30~北勢線ジオラマをプチ鉄道博物館から
阿下喜自治会館へ運び込み

模型の担当会員は組み立て仕上げ作業

その後
交流会会場へ226の座席再現のため運び込み

プラレール会場・藤田Nゲージ鉄道館の模型運転会会場のお手伝い

いろいろお忙しいと思いますが、会員のみなさんご協力お願い致します。

http://www.city.inabe.mie.jp/kurashi/kotsu/tetsudo/syuutyakueki.html

 

11/4 軽便鉄道博物館開館日

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年11月 6日(火)21時23分50秒
返信・引用
  終着駅サミット前の開館日で雨模様

前日の大山田出張運転のためミニ電車をトラックから線路に下す作業を
開館前に行いました。

レールやバッテリー等を元の位置に戻し
ミニモニ226の整備をし軽便鉄道博物館で久しぶりの走行に
常連のお客様も喜んでご乗車いただきました。
プチ鉄道博物館では、北勢線ジオラマ製作も急ピッチで進められています。

貨物鉄道博物館の15周年イベントがありました。
三岐鉄道丹生川駅から北勢線に乗るため歩いていらっしゃった方もありました。

閉館少し前から雨もやみましたので
226の2回目の塗装を行い終着駅サミットに備えました。

みなさんお疲れ様でした。

http://www.city.inabe.mie.jp/kurashi/kotsu/tetsudo/syuutyakueki.html

 

大山田グリーンフェスタ

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年11月 6日(火)21時09分51秒
返信・引用
  11/3 1000人もの方にご乗車いただきました。
前日の積込みから早朝の線路設営までお疲れ様でした。

http://www.city.inabe.mie.jp/kurashi/kotsu/tetsudo/syuutyakueki.html

 

終着駅サミット交流会

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年10月30日(火)21時09分25秒
返信・引用
  11/10(土)17:30より阿下喜温泉にて
終着駅サミットin阿下喜『交流会』を開催いたします。
参加費 5000円

基調講演のRACDAの岡将男さま
旅の文化研究所の山本志乃さま
四日市大学学長の岩崎恭典さま
三岐鉄道社長 日比義三さま
いなべ市長  日沖靖さま   参加予定です。

いなべ産・北勢線沿線の食材を使ったお料理でおもてなし
地元の料理人が腕をふるってくださいます。

有機栽培の野菜・いなべのそば
いなべサーモン・サクラポーク・ジビエ
人参ジュース・梅ジュース・日本酒やビールまで
桑名と言えば蛤ですね。

楽しくお食事しながら交流しましょう。

参加申し込み10/31です。

http://www.city.inabe.mie.jp/kurashi/kotsu/tetsudo/syuutyakueki.html

 

10/18神田小学校

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年10月15日(月)09時35分30秒
返信・引用
  神田小学校2年生が北勢線に乗って来てくれます。

会員のみなさん

9時集合準備でお願いします。

午前の部 9時半~
午後の部13時10分~
 

10/7開館日

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年10月 7日(日)21時52分42秒
返信・引用
  10月なのに暑かった
東海テレビ、CBCテレビの放送を観てきましたと言う方が多かったですね。
テレビの力は凄いです。

275名の来館者でミニ電車は走り続けました。

大阪上本町ハイタウン「駅」の駅長さんが226車両の
行き先案内板を持参して、いろいろな時代の物をかけて鉄道ファンカメラマンはいい写真が撮れたのではないでしょうか

ご来館の皆さんには、ご迷惑をお掛けしましたが
ASITA会員は、終着駅サミットに向け手分けして作業を進めていただきました。

226外板の塗装剥がれ部分、木製ドア部分の補修、台車、連接部分の塗装等々
ミニ電車の381線路の調整作業
北勢線ジオラマ制作はプチ鉄道博物館で、
ボランティア活動とは思えないほどのハードな開館日でした。
お疲れさまでした。

 

Re: 第17回「中部地区路面電車サミット」金沢大会

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年10月 6日(土)10時21分31秒
返信・引用
  > No.1190[元記事へ]

9/29開催の第17回「中部地区路面電車サミット」金沢大会に
ASITAから6名参加してきました。

これからの環境問題や高齢化社会の福祉問題、住みやすさ
公共交通からまちづくりを考えて金沢にもLRT(次世代型路面電車)を
という金沢のみなさんの想いが伝わる大会でした。

しかし宇都宮のLRT導入に関わられた古池弘隆氏(宇都宮大学名誉教授)
の講演では、政治的に右往左往した事が報告されました。

交流会で「北勢線は延伸の取り組みではなく存続ですか」と聞かれました。
そうなんですよね。
この金沢大会はLRT導入に向いた未来のまちづくりの話なので
100名以上もいらっしゃったでしょうか会場は入りきれないほどの
熱気が伝わりました。議員さんの参加も多かったですね。

北勢線で桑名から阿下喜までを繋ごうとした先人もこんなだったのかな。
新設するご苦労は夢も希望も満ち溢れていますが
鉄道を守って活かす取り組みが続けなければ、廃線になり
まちの衰退は加速するので、私たちの活動も必要なのです。

こんな事を思いながら、台風接近で日帰り金沢でした。



 

CBCイッポウ

 投稿者:あんちゃん  投稿日:2018年 9月22日(土)18時47分32秒
返信・引用
  今日は、プチ鉄道博物館を撮影にみえました。
CBCイッポウ(毎週月曜~金曜16:50~19:00放送)の取材です。

放送予定 10/2(火曜)17:00台
「マニアがすごく揃った町」というテーマで
いなべまちかど博物館を取り上げていただきました。

11/10.11の終着駅サミットに向けて北勢線ジオラマ制作中のマニアさんお二人もCBCデビューでしょうか?
ご覧下さい。
 

レンタル掲示板
/60