teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


初が尺

 投稿者:あさイチ  投稿日:2019年 6月10日(月)21時47分33秒 sp1-75-212-187.msb.spmode.ne.jp
編集済
  A野先輩のルアーデビュー&S野さんのロープワークトレの一半日。
起きた時からスッキリしない空模様でしたが、行って良かった?

A野先輩はルアーでの初イワナが尺上!
手持ち撮影での笑顔、
S野さんも初滝登攀経験で、落ち口に達した時の笑顔、

二人とも素敵な笑顔でしたよ~!

 
 

4/21 白山・野谷荘司山ピストン

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2019年 5月 6日(月)23時51分58秒 pl104402.ag1001.nttpc.ne.jp
  昨年の年末から、「計画⇒悪天予報でルート変更を繰り返した」計画を、ようやく実現できた。
貸し切りかと思いきや、雪のブナ林で休憩中に4人パーティが追い抜いていった。そこから、差は縮まらず。トレースを付けてもらえたのは良かったが、楽しみの雪稜部分を先行されたのは、残念でもあり。
主稜線は、自分がトレースを付けることに。山頂からは、素晴らしい展望が。
下りも先行。途中、赤頭山に立つ4人パーティを見上げる。ケイシから、「次、来た時に、登りましょう。」。私、「ここは、何度でも来れるから。」
また、来年。今度は、是非、厳冬期に。
 

5月4日~5日 北ア・双子尾根(中退:JP手前まで)

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2019年 5月 6日(月)14時54分53秒 pl104402.ag1001.nttpc.ne.jp
  4日、土岐IC、9:30~猿倉駐車場、14:30。1時間ほど歩いて、猿倉台地辺りにBC設営。多数のスキーヤー以外にも、下山して来た2人パーティあり。
5日、3:00起床も、4:50発。快晴。広がる景色が素晴らしい。小日向のコルからは、新しめのトレース。さほどの緊張感はないが、痩せ尾根(トレースの付いたナイフリッジやバターナイフリッジ)が続き、良いルートに気分は上々。樺平手前で、2つの先行パーティが見えた。ここから傾斜が増す。巻くことしか考えていなかった「岩場」は、巻くタイミングを逸し、先行パーティと同じように登ることとなる。10m程で傾斜は緩いが、逆相でもろい。事前山行や装備など、準備不足を痛感しながら、苦労して越えた。ペースは上がらず、時間切れ。撤退を決め、トレースのある雪渓の中(長走沢)を下る。無事、ベースに戻り、下山。白馬村の好日山荘は、早い店じまいで寄れず。すぐ近くで、温泉と豚カツ(美味し!!)を堪能し、帰路に着いた。
 

春合宿の反省会

 投稿者:食堂  投稿日:2019年 5月 5日(日)21時28分40秒 180-199-67-39.nagoya1.commufa.jp
  反省会も一人です。
反省は帰りの車中で済ませたので
後は食べるだけです!
ダイエットの反省はしていません。。。
 

春合宿山スキー部

 投稿者:食堂  投稿日:2019年 5月 5日(日)21時26分1秒 180-199-67-39.nagoya1.commufa.jp
  当初の計画から変更し一人旅となりましたが任務完了しましたので報告します。
天候は快晴、稜線以外はそよ風という最高の天気でした。
三本滝の駐車場からテントデポ地までで足は死んでいましたが
この天候で頂上行かずにいつ行くの?と自分に言い聞かせ
何とかとってきました。
3枚目の写真はキャンプ地です。
夜も無風、鳥のさえずりで目が覚める最高の朝を迎えました。
下山すると三本滝の駐車場からもバスが・・・下調べって大事ですね~
 

4月7日 鈴鹿・前尾根

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2019年 4月17日(水)21時56分33秒 pl104402.ag1001.nttpc.ne.jp
   訳あって、お昼頃に取り付く。貸し切りと思いきや、半日、一壁を登っていたらしい4人組が登場し、一瞬、被った。が、後は、貸し切りだった。2時間強、登攀。3ピッチを登ったが、リードは、全て、しまのけいし。けいしは、アイゼン。私は、ラバーソール。けいしは、ブランクを感じさせないリードぶりだった。道中に、雪はなし(藤内滝の下部に雪あり)。ビレイ時は、ちょっと寒く、登攀中は、ちょっと暑く、クライミングにちょうど好い気候。良い時間を過ごせた。  

2019年3月31日 春なのに、冬の藤原岳

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2019年 4月17日(水)18時42分49秒 pl104402.ag1001.nttpc.ne.jp
   雨上がりのハイキング。街からは、稜線下の結構な所まで雪が見えた。8合目までは暑い登り。その上は、風と雪。寒くて心身共に疲弊。正直、小屋に助けられた。残雪のはずがないと思った雪は、昨日から朝まで降っていた新雪だった。小屋を出て山頂を目指すと、更に天気は悪化し、吹雪と軽いホワイトアウト。山頂に立てたが、早々に引き返す。融けたチョコレートのような泥々の登山道を下り、無事、下山。駐車場でも、雨に降られた。駐車場の靴洗い場がありがたかった。期せずして、今シーズン初の冬山?となった(ある意味、ラッキー?)。
  最大の目的の福寿草に出会えて、良かった。そして、救われた(癒やされた)。
 

八木三山

 投稿者:毬部  投稿日:2019年 3月28日(木)01時06分3秒 FL1-111-168-208-96.aic.mesh.ad.jp
  投稿が不調な原因が分かりました。
添付した写真が大きすぎたみたいです。それで書いた本文まで消えなくたっていいのに!

本文書き直すのはまた今度にして、写真だけ添付しまぁす。
八木三山の計画でしたが、娘のやる気が出なくて最初の八木山だけでリタイヤしたという話です。
 

最近投稿が不調ですー

 投稿者:毬部  投稿日:2019年 3月28日(木)01時01分26秒 FL1-111-168-208-96.aic.mesh.ad.jp
  写真を添付するとエラーになるようです。
皆さんは大丈夫ですかー??
 

3月2日(土) 快晴の鈴鹿・冷川岳~頭陀ヶ平

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2019年 3月 3日(日)20時18分1秒 pl7707.ag2424.nttpc.ne.jp
  冷川岳に上がる尾根(丸尾)から、御池岳を目指しました。登山道には、ほとんど雪はありませんが、すぐ横の雪を見ながら、時には、雪を踏みしめながら、雪山気分で快適に歩けました。装備と時間の関係で、御池岳は断念しましたが、「頭陀ヶ平、再訪」を果たし、木和田尾を下山。2ヶ月前と比べながら歩いたのも、「いとおかし」でした。何かの縁で、今シーズンは鈴鹿の雪山に何度か通いましたが、今日で一区切り。また、来シーズン、御池岳や藤原岳に登ろうかなと思います。
同行の「志摩」さん、感謝です。
 

レンタル掲示板
/61