teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


バッティング

 投稿者:あさイチ  投稿日:2018年 8月27日(月)23時40分29秒 sp49-98-128-128.msd.spmode.ne.jp
編集済
  林道に駐車スペースを探していると車が来た。
釣り師かと思ったら林業の人達だった。
私達が入渓予定している付近で作業するとのことで、仕方なく下流部に変更。
沢は増水中で、それはそれで面白かったのでいいや。
 
 

2018年8月11日 上州奥利根 楢俣川ヘイズル沢 現地中止

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2018年 8月15日(水)22時28分5秒 pl14597.ag2424.nttpc.ne.jp
  入渓前夜(深夜)の関越自動車道、豪雨と雷に包まれながら車を走らせ、楢俣川を目指しました。が、増水は引き切らず、ヘイズル沢出合で入渓を断念しました。諸々の事情ゆえ、一泊行程を二泊にすることで、多くの目的を達成できる、期待と希望が大の計画でしたが、残念です。
写真は、林道から見た本流の滝とヘイズル沢出合の様子です。再訪したいです。
 

イワナと滝

 投稿者:あさイチ  投稿日:2018年 7月22日(日)15時56分45秒 sp1-75-255-200.msb.spmode.ne.jp
  先行者の出現にテンションガタ落ちの朝。
抜けるのを諦めて同沢下降決定。
そのおかげ(?)で、思わぬ大物と出逢えましたが。
 

ゴールデンウイークの常念岳(*´з`)

 投稿者:tototo3594  投稿日:2018年 5月13日(日)08時42分55秒 ntaich204194.aich.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
  難しい天候判断でしたぁ。
蝶ヶ岳への縦走は叶いませんでしたが、やっぱり北アルプスは良いです(#^^#)
 

思いがけずとても良い山だった

 投稿者:毬部  投稿日:2018年 4月 5日(木)02時05分0秒 FL1-111-168-199-253.aic.mesh.ad.jp
編集済
  あまりに良い山だったので、連投失礼します。
象鼻山は標高142mと小さな山なんですが、山一帯が古墳群となっていて、小さな墳丘がもこもこと、全部で62基あるそうです。しかも山頂には何本もの桜が咲いている……。もうほとんど散っていましたが、ピンクの絨毯がこれまた美しい! 歩き足らなかったので30分ほど先にある栗原という三角点を往復しましたが、その道中にもヤマザクラが咲いていて楽しめました。
古墳のほか、関ヶ原の合戦に由来する史跡や、もっと古い奈良時代から続いていた宿坊の跡などもあり、小さな山に見どころ多かったです。

来年以降、桜が満開の時に再訪したいと思います。
象鼻山はなだらかな台地状で、子どもが安心して走り回れるのもポイント高いです!
 

尾高山に登りました

 投稿者:毬部  投稿日:2018年 4月 3日(火)01時27分44秒 FL1-111-168-199-253.aic.mesh.ad.jp
  午前は三重県民の森のアスレチックで遊んだり花見をしたり。
午後はすぐそばにある尾高山553mにハイキングに行きました。
尾根にのっかるまでは意外と足場が悪く手掛かりの少ないセクションがあり、
子どもを背負っている状態では頼りないロープを念のためつかむなどして
ちょっと冷や汗かきながら登りました。
この山頂から釈迦が岳まで登れるそうで見たところ踏み跡・テープ類もばっちりのよう。無積期も積雪期も行けそうです。いずれ行ってみたいな~
 

毘沙門岳で知り合いに遭遇

 投稿者:毬部  投稿日:2018年 4月 3日(火)00時08分32秒 FL1-111-168-199-253.aic.mesh.ad.jp
  先日の集中の毘沙門岳で、いとしろシャーロットの方から登ってくる登山パーティとすれ違ったのですが、知り合いのグループの方だったようで…。挨拶の連絡をもらいました。写真には確かに私が写っています! 山の世界は狭いですね…!  

20180326 好天、平日のウイングヒルズ白鳥スキー場

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2018年 3月27日(火)21時58分28秒 pl16426.ag2424.nttpc.ne.jp
  2日前に目指した野伏ヶ岳や一週間前に登った毘沙門岳、他、たくさんの山々を望みながら、ゲレンデスキーを楽しんできました。リフト券シニア割引(50歳以上)や平日駐車場無料も選定の大きな理由。
 すいているコースは、私の力量でも、周りに気兼ねなく滑れ、安心でした。上級者コースが、野伏ヶ岳ダイレクト尾根の1230mより上部の傾斜(見上げただけですが)と同じように感じ、バックカントリースキーの厳しさを想像しました。上達は「?」ですが、たくさん滑れて満足です。
 

20180324 晴天の野伏ヶ岳(中退)

 投稿者:一宮⇔江南  投稿日:2018年 3月27日(火)21時37分37秒 pl16426.ag2424.nttpc.ne.jp
  移動高の下、野伏ヶ岳を目指しました。と言っても、朝発日帰りで、白山中居神社発、9:00!! 結果、ダイレクト尾根1230m付近まで。目的が「山スキー(もどき?)」で、かつ、自分たちが滑り降りれる所まで行ければよしだったこと、そして、あの風景に身を置けたことで、満足です。次回に繋ぎます。辛いはずの林道の下りも、スキーで滑れて、快適でした。
 

集中のじゃまをしてきました

 投稿者:毬部  投稿日:2018年 3月20日(火)15時58分24秒 FL1-119-238-98-69.aic.mesh.ad.jp
  ゲレンデトップから、いとしろシャーロットから尾根が合流する地点まで歩いてきました。
引き返すとき、斜面を滑る皆さんが見えましたよ。
拡大したけど、見えるかな、分かるかな?

私は途中で山スキーに来ていたボーダーの撮影を2本もしてしまいました。
疲れたけど、久々に雪山に入れて楽しかった。
装備を出して使うだけでも大事なことかなと思うので。
 

レンタル掲示板
/59