teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


携帯も

 投稿者:しゅうきっつぁん  投稿日:2015年 8月 7日(金)14時35分2秒
  この暑さで携帯もいかれた。
目的のところへ履歴から発信しようとすると、違うところへ発信してしまい、いろんな人から「なんでした?」状態。「なんでもねぇし」とは言えず、いちいち説明して、ついでに余分な話までして。
携帯も触ると熱い。人間でいうと、まさに熱中症。頭にきたんで冷えるまで冷蔵庫に入れておいたら余計おかしくなった。携帯屋さんに行くんだけど、冷蔵庫に入れたことは絶対言っちゃーいかんよね。普通に使って悪くなったということにせんと、こっちの責任になるでね。
暑い、暑いが聞き飽きてきたこの夏。明日から盆休みの人も多いけど、ドベゴンズの盆休みは長いねー。
フカマの13番倉庫っておもしろいわけ?50坪ぐらいの貸倉庫に、雑貨、アトリエ、喫茶店うんぬんがシェアリングしてますけど。
 
 

まだあったか、掲示板

 投稿者:しゅうきっつぁん  投稿日:2015年 7月10日(金)16時15分42秒
  久々に開いてみた。仮死状態。ウケルーーーー。別にうけんし。
書くつもりはなかったけど、いつまでも正月気分じゃーいかん。

話は変わるけど、といっても変わるほど書いてねぇし。
ちょっと前に同窓会の幹事の引継ぎを終えた。いつごろかはわかりませんが、秋か冬ぐらいかもね。

56歳かー。ちょっと前ならもう定年だよ。江戸時代だったらもう死んでるよ。
最近この村でも認知症の人がちらほら。健康に注意して長生きしても結局認知症になってしまう。健康で長生きがいかに難しいか、実感。

これ、投稿すると、また1年このままか?やめとこうかなー。と言いつつ、クリックしてしもうたわ。
 

あけまして おめでとう ございます 2

 投稿者:多美子  投稿日:2014年 1月 1日(水)22時13分42秒
  祝の一年おめでとうございます。
私は[変]ですね。
双子が産まれるまで、そして生まれてから、驚きと変化の一年でした。大変でしたが楽しい年でした。

掲示板を見ている皆さんの一年はどんな漢字でしょうか?

中尾先生はお元気ですか?プチ同窓会是非とも企画してください。

皆さんにとっても善き年でありますようにm(⌒.⌒)m
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:和美  投稿日:2014年 1月 1日(水)16時34分43秒
   おだやかな元旦です。五五歳、一年一年健康で暮らせることが何よりと思う今日この頃です。昨年は、娘の結婚、最後の転任と変化の年でしたが、一言で言えば「祝」かな。
今年は、6月に「孫」が生まれ、にぎやかになります。
この頃は、掲示板を開く人も少ないようですが、みなさんにとって、よいお年になりますように。
ps:稲垣先生が、そろそろみんなに会いたいとって。ミニ同級会開きますかね。
 

がんばってないかもね

 投稿者:やまぐち  投稿日:2013年 9月26日(木)22時30分24秒
  実は最近気づいたことがあります。

思ったようにはいろいろうまくいかず、ビジネスも決して安定してるとは言い難く、かつ楽しているともいえないのだけど・・・実は自分のしたい事しかしていないのではなかろうか。

人生にはここぞというがんばりどころがあって、そこを死ぬ気で超えたところから所謂成功がまっているのではなかろうか。 しかしそんなことは一度もなかったなと、振り返って思った次第です。

三浦教授は小学生のころから安定して頑張っていたという覚えがあるけど、自分にはそんな継続性のある努力した覚えがなくて、適当に中学行って高校出て、大学出て、会社に入って10年でやめて、あとは運とポジショニングだけで過ごしてきて今の歳になった。 途中ここぞというところは2回ほどあったのだけど、「まあいいか」などと思って今に至ってしまった、という具合なんですよ。

インターネットの勃興期にいろいろ始めて、ちょうど楽天が20店舗くらいしかない頃だったのだけど、同じような場所から始めたのにこんなに差が着くなんて恐ろしいこと。

だけどこのまま適当にやってて生きていけるんだろうか、と思うこともしばしばあるようになって、今年こそは何とか始まりの切っ掛けを作って僕も死ぬほど努力してみたい、なんてね。

ところで長男が来年受験です。三浦教授と同じところを志望してるようだけど、やっぱりなかなか難しいんだね。

自分では出来ないくせに、親としては「人生にはここぞという1年間がある。これを死ぬ気でがんばった者だけに与えられる勝者という褒美があるんだ」などとのたまわってみたりしてみたけど、笑えるでしょ?
 

三浦教授

 投稿者:さーくん  投稿日:2013年 8月11日(日)16時06分19秒
編集済
  久しぶりに掲示板を見たら三浦くんの事が載っていたのでビックリです。

新聞は毎日読んでいるんだけど、読み過ごしたのか?三浦君とリンクしなかったのか?
よくわからないけど、記憶にない。

すばらしい志で医療に携わっていると聞いて同級生として誇りに思います。
浩一は浩一でがんばってるようだし・・・
同級生のがんばりを聞くとうれしい反面、自分はなんだろうって思うね。

もう10年以上もダラダラとやってる、そろそろこれからの人生を少しは考えないとね。
・・・とは言うもののなかなかねぇー
ワクワクできるものなんかない?? じっとしてたら何も始まらない、何か行動を起こさないと・・・
とは言うもののなかなかねぇー

何言ってんだか?自己嫌悪に陥ってしまうわ

読めないって言う人のために記事を載せておきます。

中日新聞掲載記事

「治す医療」の世界では、医師の役割はチームリーダー。でも「支える医療」の中では、役割は「コーディネーターかな」と言う。

 名古屋大に昨年度から設けられた「障害児(者)医療学寄付講座」の教授を務める。気管切開、胃ろう、人工呼吸など、医療的なケアで命を保つ重度の心身障害児が増えている。だが、その在宅生活を手助けする医師はわずか。支える医療充実のため、小児科医や医学生の関心を高めること、保健・福祉・教育をつなぐ仕組みを整えていくことに情熱を注ぐ。

 講座では、古巣の愛知県心身障害者コロニー(同県春日井市)の協力を得て、医学部5年生の病院実習を始めた。子どもを通院させる母親の話を聞く時間もある。「こうした子どもたちに出会ったとき、“分からない”と拒否せず、支えられる医師になってほしい」との思いからだ。

 子どもから目を離せず、睡眠も削られる親たちの苦労、そして愛情あふれる笑顔に、学生たちは衝撃を受ける。それは、かつての自身の姿でもあった。

 卒業して小児科医になり、新生児集中治療室(NICU)で多くの死をみとった。今にも消えそうな命を、懸命に助けようとする先輩医師たちの姿に「ここまでやる意味はあるんだろうか」と迷ったこともあった。

 しかし、30代のころコロニー中央病院に勤務し、NICUなどから在宅に戻り、通院する子ども、お母さんたちと接する中、命の輝きに感動し、「最後まで諦めちゃいけないんだ」と考えを固めた。

 「支える医療」への関心を高め、愛知県豊田市こども発達センターに移ってからも訪問看護師、特別支援学校の教員、福祉施設職員らとの関係を深め、医療的ケア実践セミナーの開催に尽力するなど、地域の力の底上げ、連携に努めてきた。

 母校の名大に来てからは、「あいち小児在宅医療研究会」を立ち上げ、昨年11月のシンポジウム「NICUからの在宅支援」には約440人が参加した。コロニー発達障害研究所と共同で、同県内の在宅の重症児らの実態調査も進めている。さまざまな医療機関に協力を求める活動に、名大医学部時代のラグビー部の仲間、先輩たちの応援が心強いという。(編集委員・安藤明夫)
名古屋大(名古屋市昭和区)

.
 

読めないのです

 投稿者:多美子  投稿日:2013年 7月13日(土)04時12分45秒
  中日新聞購読していないのです。誰か見せて下さいませ。  

読んだよ

 投稿者:和美  投稿日:2013年 7月 9日(火)23時16分28秒
   私もお知らせしようと思って、掲示板開きました。
春日井コロニ-にいるときにも載っていましたが、障害児医療を志しているって、さすがに清邦くんです(喜)
 

一読あれ

 投稿者:アッキー川崎  投稿日:2013年 7月 9日(火)13時50分0秒
  今朝の、中日新聞の21面に、『寄付講座教授 三浦清邦さん』として、特集記事が載っています。

ご一読あれ。
 

見つかりました

 投稿者:和美  投稿日:2013年 7月 6日(土)23時59分5秒
   ずっと元気なかったですが、ちょっと元気回復
10年ぶりの異動はつかれますわ。
同級生で住所の判らなった小栗君の住所がわかりました。克夫くんが教えてくれました(喜)
次の同窓会には、声をかけることができます。


 

レンタル掲示板
/86