teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ARAKAWA1-1-1シアター2013『集まって、作って、演じて、人形劇!』参加者募集!

 投稿者:ARAKAWA1-1-1ギャラリー  投稿日:2013年 8月 6日(火)13時16分0秒
  ARAKAWA1-1-1ギャラリーで定期的に行っているシアタープログラム「ARAKAWA1-1-1シアター」。
今年は、参加者みんなで人形劇を作ります。

針金と紙を使って人形を1から作ったり、呼吸を丁寧に扱いながら身体を動かしたり、1体の人形を3人で動かすエクササイズをしたり。集中して楽しみながら練習して、子どもから大人までわくわく胸踊る人形劇を一緒に作りませんか?

「人形や物づくりに興味がある!」
「身体を動かしたい!」
「みんなで集まって何かをやってみたい!」などなど、

平日の夜開かれる週1回だけの、“ちょっと素敵なクラブ活動”にぜひご参加ください!
出来あがった作品は、1-1-1ギャラリーや区内施設で発表します。


稽古日程:
9月9日(月)~ 12月9日(月)の毎週月曜日18:30~21:30(全11回)
(※9月16日・10月21日・10月28日を除く。12月14日(土)は公演準備・リハーサル)

公演日:12月15日(日)時間未定

会場 :ARAKAWA1-1-1ギャラリー(サンパール荒川2F)

お申し込みや詳細は下記HPまで!


http://1-1-1.acc-arakawa.jp/event/130902_238.html

 
 

Lejo 

 投稿者:人形劇・トロッコ  投稿日:2013年 7月31日(水)00時51分22秒
  Lejoの写真です。
公演、予約の詳細はいいだ人形劇フェスタのHPでごらんください

http://www.iida-puppet.com/thisyear/charge/

 

オランダLEJO公演 IN いいだ

 投稿者:人形劇・トロッコ  投稿日:2013年 7月31日(水)00時41分5秒
  たった2日間だけの日本公演!!
これは見逃せない!!!!!!

Lejo(オランダ)& 人形劇・トロッコ

ヨーロッパでアメリカで大人気の Lejo (レヨ)が、いいだフェスタで トロッコ とジョイント公演。

 8月6日(火)18:30 / 20:45

  7日(水)10:00 / 13:00 / 19:00

会場・飯田人形劇場 対象・5歳児以上 おとなまで

おとな 1500円 12歳以下 1000円 (5歳以下入場不可)

TVセサミストリートやニューヨーク・ブロードウエイ公演などで、
さらにヨーロッパでひっぱりだこの素敵な舞台!!

指だけで魅せる、しゃれたセンスで観客の想像力をかきたて、
すべての観客を笑顔にするでしょう。

このすばらしい表現を魅せるのは、レヨ・ペターセン(オランダ)

こんなにも魅力的なひとり芝居は見たことない。

今回、人形劇・トロッコのトランクシアターとジョイント公演で、あの「仲よし」を演じます。演じるは「仲よし」研究でもしられる潟見英明です。

日本とオランダのふたつのひとりしばいのユニークで見逃せない上演です。

ステージによっては、席が残り少なくなってきていますので、お早めにどうぞ!!!

いいだフェスタ事務局で発売中!!

おとな 1500円 12歳以下 1000円 (5歳以下入場不可)

予約とお問い合わせは、人形劇・トロッコへどうぞ(当日清算も可)
             予約は メールtorokko@nifty.com へどうぞ。


■企画■

人形劇・トロッコ
520‐0113 滋賀県大津市坂本8‐22‐15
077‐578‐5455 torokko@nifty.com

 

たいらじょう 新作『幸福の王子』初演のお知らせ@びわ湖ホール

 投稿者:びわ湖ホール  投稿日:2013年 7月17日(水)11時03分32秒
編集済
  管理人様、スペースをお借りいたします。

京都からJRで2駅の大津駅のそば、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールです。
今月、7月27日に、人形劇俳優・平 常(たいら・じょう)さんの公演を開催いたします。

ご存知の方も多いかと思いますが、平 常さんは12歳のときひとり人形劇「どんぐりと山猫」でデビュー、
すべての役柄を演じ分け、人形作り、脚本、演出、美術、音楽を手掛ける、いま話題の天才人形劇アーティストです。
寺山修司の「毛皮のマリー」、サン=テグジュペリ「星の王子さま」など、”大人が本気で観る人形劇”から、赤ちゃんのための公演・ワークショップまで、幅広い活動をされています。

オスカー・ワイルドの名作を原作とした『幸福の王子』の初演と、
昔ばなし「ねずみの嫁入り」が笑いのあふれるポップな人形劇となった『マウスプロポーズ!』の2作品を上演します。
『幸福の王子』は、今現在、平さんの手によって制作中! ブログでその模様をアップしていらっしゃいます。

関西周辺にお住まいの方、また、たいらじょうの世界に魅せられた方、まだ魅せられていない方、
この二度とない機会にぜひ、琵琶湖に面した「びわ湖ホール」までお越しください。

お問い合わせは びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136 へどうぞ。
ホームページに、詳細な公演情報や、アクセスを掲載しています。

貴重なスペースをありがとうございました。

http://www.biwako-hall.or.jp/

 

オランダのレヨ公演 いいだフェスタ

 投稿者:人形劇・トロッコ  投稿日:2013年 7月15日(月)16時34分22秒
  皆さまは、この暑い夏は飯田へお出かけでしょうか。
今年の飯田はアジアフェスですが、ひとつだけヨーロッパの人気の舞台があります。
オランダのLejo(レヨ)です。
セサミストリートや、NYブロードウエイの公演なども含め、ヨーロッパでとても人気ある楽しいセンスあふれる、ゆび人形劇です。
ゆびの動くその技術もすごいのですが、なによりそこから醸し出される世界はちいさな子どもから大人も一緒に楽しめる、まさに人形劇のもつ幅広い観客を一緒にとりこむもの、です。全ての観客を笑顔にし、やっぱり人形劇(今回はゆびの表現ですが)は楽しい舞台なのだなと納得いただけるでしょう。
今回、日本には4日から8日までの滞在で、4日に京都女子大で上演し、飯田では6、7日の2日間(5ステージ)だけの上演という弾丸ツアーです。
また飯田では、今回の公演のプロデユーサーでもある、人形劇・トロッコの潟見英明が前座で登場し、あの「なかよし」を演じ、雰囲気を盛り上げることになります。

HANDS UP!
Lejo(オランダ) + 人形劇・トロッコ ジョイント公演
8月6日(火)18:30 と 20:45 開演
  7日(水)10:00 と 13:00 と 19:00 開演
会場 飯田人形劇場
チケット 5歳から12歳 1000円 13歳以上 1500円です。4歳以下はごえんりょください。
(ただし「いいだ人形劇フェスタ2013」の参加ワッペンが必要です)
チケットのお問い合わせ・お申し込みは 0265-23-3552 飯田文化会館へ
http://www.iida-puppet.com/thisyear/charge/index.html


*4日の京都女子大での上演は関係者のみとなります。

公演についてのお問い合わせは、人形劇・トロッコ 077-578-5455 か
                     eメール torokko@nifty.com へどうぞ。

http://www.iida-puppet.com

 

人形劇ワークショップのお知らせ

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2013年 7月13日(土)13時58分47秒
  ●人形劇ワークショップのお知らせ
障害のある方とない方がともに表現活動を行い新たなアートの可能性を見出す「サマー・アート・スクール」。今年は人形劇作家の平常さんを招いて人形劇ワークショップのファシリテーションについて学びます。ぜひ参加ご検討下さい。

<人形劇ワークショップ>
 総合芸術である「人形劇」を用いたこのワークショップでは、全国各地の小中学校、幼稚園・保育園等を巡回し大反響を呼んでいるプログラムを、人形劇作家の平 常さんから実演を交えながら解説していただきます。指導のポイントやコミュニケーション術向上のためのメソッドを、豊富な体験談と共にお話して頂きます。参加者ひとりひとりの無限の想像力を刺激し、豊かな創造性を引き出しながら、表現することの面白さ、創意工夫する喜びを共有するものとなっています。
 日時:8/10(土)~8/11(日)
 会場:月島社会教育会館
料金:表現活動に興味のある大人・指導者  \14,500-


●他にもダンス、音楽づくり、詩、絵画、造形などのワークショップをご用意しています。

====================================
■会場、参加費、その他詳細は、下記HPをご覧ください
 クリエイティブ・アート実行委員会HP
 http://www.musekk.co.jp
====================================
■申し込み お問い合わせ
どうぞお気軽にお問い合わせください。
クリエイティブ・アート実行委員会
〒107-0062 東京都港区南青山4-6-10-101
TEL 03-3479-8535
FAX 03-3402-5438
E-mail musekk@aol.com
====================================


http://www.MuseKK.co.jp

 

ファシリテーションを学ぶ人形劇WSのお知らせ

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2013年 7月12日(金)15時52分30秒
  ●人形劇ワークショップのお知らせ
障害のある方とない方がともに表現活動を行い新たなアートの可能性を見出す「サマー・アート・スクール」。今年は人形劇作家の平常さんを招いて人形劇ワークショップのファシリテーションについて学びます。また、自らの表現活動を充実させたい方にとってもヒントの多い企画です。ぜひ参加ご検討下さい。

<人形劇ワークショップ>
 総合芸術である「人形劇」を用いたこのワークショップでは、全国各地の小中学校、幼稚園・保育園等を巡回し大反響を呼んでいるプログラムを、人形劇作家の平 常さんから実演を交えながら解説していただきます。指導のポイントやコミュニケーション術向上のためのメソッドを、豊富な体験談と共にお話して頂きます。参加者ひとりひとりの無限の想像力を刺激し、豊かな創造性を引き出しながら、表現することの面白さ、創意工夫する喜びを共有するものとなっています。
 日時:8/10(土)~8/11(日)
 会場:月島社会教育会館
 料金:表現活動に興味のある大人・指導者  \14,500-


●他にもダンス、音楽づくり、詩、絵画、造形などのワークショップをご用意しています。

====================================
■会場、参加費、その他詳細は、下記HPをご覧ください
 クリエイティブ・アート実行委員会HP
 http://www.musekk.co.jp
====================================
■申し込み お問い合わせ
どうぞお気軽にお問い合わせください。
クリエイティブ・アート実行委員会
〒107-0062 東京都港区南青山4-6-10-101
TEL 03-3479-8535
FAX 03-3402-5438
E-mail musekk@aol.com
====================================

http://www.musekk.co.jp/

 

糸あやつり人形

 投稿者:GOD BRASS YOU!  投稿日:2013年 6月21日(金)16時45分51秒
  ブラスアンサンブルと糸あやつり人形の共演を考えています。人形の作り方、操作方法を教えてくださる方を探しています。関東地区。  

人形劇フェスタ西東京

 投稿者:おおはっしー  投稿日:2013年 6月16日(日)22時19分21秒
  西東京市で、人形劇フェスタが行われます。

7月14日(日)
西東京市民会館にて(西武新宿線田無駅から徒歩)

午前は、市内や近隣で活動中の、アマチュアの人形劇を、
午後は、人形劇団プークの公演をご覧になれます。
プークのみ、有料です。

少しずつ、地元に浸透してきた、人形劇のイベントです。
あまり規模は大きくないですが、近隣の子どもさんたちに、
楽しんでもらえれば、うれしいです。
よろしくお願いします。

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/event/kyoiku/kouminkan/2013fesuta.html

http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=300969

 

マネキン人形論

 投稿者:シアターX  投稿日:2013年 4月13日(土)21時38分4秒
  Χカイレパートリー劇場

ブルーノ・シュルツ『マネキン 人形論』

2013年4月25日(木)~28日(日)

かつて世界の芸術界を席巻したポーランド演劇の今日!

シアターΧはポーランドを代表する俳優ヤン・ペシェクとの共同創造で1994年10月にシュルツの名作『砂時計のサナトリウム』を世界で初めて舞台化した。
今回は劇団ヴィエルシャリン(Teatr Wierszalin)が「シュルツ」から今日現代に生まれた先駆的な作品で初来日!

シュルツって??
?『死の教室』はブルーノ・シュルツの形而上学によっている。(タデウシュ・カントル)
?人間が人間を演じているより人間が人形のように演じている不条理劇。(四方田犬彦)
?空気中に揺れる物質と非物質、そして消えかかる人間たち。失いつづける生命と共に生きる人形身体の存在法。(勅使川原三郎)
?現実と夢とイマジネーションの境がはっきりしないまま、人間も物質も時間も空間も同水準で呼吸して存在しているような世界。(佐藤京子)

劇団ヴェルシャリン
劇団ヴェルシャリン気鋭のは、演出家ピョトル・トマシュクを中心に1991年に設立された。
イギリス、アメリカ、ドイツ、イタリア、スイス…における上演も数多く、2005年にはニューヨークのラ・ママ劇場で成功をおさめ、エジンバラ演劇祭のフリンジ・ファースト賞も3回受賞。



公演日程
2013年4月25日(木)~28日(日)
25(木) 26(金) 19:00
27(土) 28(日) 14:00
※毎回公演後にアフターミーティング
※ポーランド語上演 日本語字幕付き

チケット
1,000円
(全席自由)



緊急企画『ブルーノ・シュルツ 映像の夕べ』

4月21日(日) 19:00~
劇団ヴェルシャリンの来日公演に先がけて。

シュルツのエッセンスを紹介する映像

【ブルーノ・シュルツ『二度目の幼年期』】(声の出演:ヤン・ペシェク 野中剛/監督:野中剛)と、【『砂時計のサナトリウム』】(1994年シアターΧ招聘公演 ポーランドを代表する名優ヤン・ペシェク氏による世界で初めて舞台化作品)を上映。

参加費 無料

http://www.theaterx.jp/13/130425-130428p.php

 

レンタル掲示板
/26