teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


伝わる声 ワークショップ

 投稿者:さよ  投稿日:2014年 1月22日(水)16時47分40秒
  声の使い分け、表情にとっておきのワークショップをご紹介させてください。

明日、1月23日から朝日カルチャーセンターで始まります。
ぎりぎりの告知ですみません。
明日、出られない方は、その分の受講料を引いて後の2回の分に
してくれるそうです。

日本語は、非常に音色、つまり倍音の性質の混ぜ方で表現の豊かな言語です。母音の多い言葉でもあります。
それを西洋風の大きくくちをあけた、ソフトな声では、
実は、聞き取りにくいし、余分な力がいるのです。
また、一度、日本特有の発声法を身に付けると、
西洋風の発声ももっとしっかりできるようになります。
これは、尺八や笛などにも応用できるテクニックでもあります。
生活にも、プレゼンテーションにも、すぐに役立てられます。
中村明一先生のお話しは、いつも新鮮で興味深く、大変ナットク!
リラックスもできる楽しい授業です。

日時:1/23, 1/30, 2/27
木曜日 15:30~17:30
受講料:11,340
朝日カルチャーセンター 新宿教室 tel.03-3344-1946

http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=230564&userflg=0

 
 

森と夜と世界の果てへの旅

 投稿者:公益財団法人現代人形劇センター  投稿日:2014年 1月20日(月)17時46分54秒
  【ろう者と聴者が共につくる デフ・パペットシアター・ひとみ結成30周年記念作品】
人形劇「森と夜と世界の果てへの旅」KAATキッズプログラム2013

ナイジェリア人作家エイモス・チュツオーラ「やし酒のみ」を原作に、魔術的で自由奔放な世界観を人形劇化しました。
ろう者と聴者の感性を活かす、人形劇の新しい表現の可能性を追求した、結成30周年にふさわしい作品です。
脚本は、縦横無尽な世界観で国際的評価の高いパフォーマンスを生み出してきた小池博史。
演出は、前作「はこ/ BOXES」に引き続き、ユーモア溢れる視覚表現が人を魅了する、くすのき燕です。
多種多様な人形によるエネルギッシュな冒険旅行に是非お立会いあれ!

■日   程/2014年3月28日(金) 14:00/19:00
            29日(土) 14:00
                      30日(日) 14:00
                     *開場は各回開演の30分前
■会   場/神奈川芸術劇場 大スタジオ (200席)
■上演時間 /約1時間20分(途中休憩なし)
■入 場 料/全席自由  おとな 3,000円(税込)
             こども 2,000円(税込)(中学生以下)
             当日  各500円増
■主   催/(公財)現代人形劇センター
■提   携/KAAT神奈川芸術劇場
■後   援/ナイジェリア大使館、神奈川県教育委員会、横浜市、横浜市教育委員会、
            (社福)神奈川県社会福祉協議会、(社福)横浜市社会福祉協議会、(公財)横浜市芸術文化振興財団、
       (公社)神奈川県聴覚障害者協会、(一社)横浜市聴覚障害者協会、横浜商工会議所、
       日本ウニマ(国際人形劇連盟日本センター)
■助   成/芸術文化振興基金、神奈川県、(公社)日本児童青少年演劇協会(落合聰三郎児童青少年演劇基金)
■協   力/NPO法人 横浜こどものひろば 、山下会
■企画・制作/(公財)現代人形劇センター
■お申込み
 (公財)現代人形劇センター
      tel 044-777-2228/fax 044-777-3570
      e-mail/deafdesk@puppet.or.jp
   http://www.puppet.or.jp/deaf/index.html

 チケットかながわ
   tel 0570-015-415(10:00~18:00)
   http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/detail?id=32403#.Usyyh6yCj5o

 イープラス
   http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002115474P0030001

 チケットぴあ
   0570-02-9999(自動音声24h)/Pコード434-178
   http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1354066
■割  引/10人以上1割引

原作/エイモス・チュツオーラ「やし酒飲み」
脚本/小池博史(小池博史ブリッジプロジェクト)
演出/くすのき燕(人形芝居燕屋)
美術/太田拓美, 音楽/やなせけいこ,  振付/斉藤美音子
照明/後藤義夫(ステージ・アイ)
舞台監督/牧野英玄
写真/加藤昭裕
出演/デフ・パペットシアター・ひとみ 善岡修、やなせけいこ、榎本トオル、鈴木文、牧野英玄、末永快

■森と夜と世界の果てへの旅 特設サイト
 http://www.puppet.or.jp/deaf/index.html
 

「泣いた赤鬼」

 投稿者:結城民子  投稿日:2013年12月27日(金)11時48分47秒
  【江戸糸あやつり人形座】
人形音楽劇「泣いた赤鬼」

■日程・・・・・平成26年1月10日(金)~14日(火)
■会場・・・・・座・高円寺2

来年の話をすると鬼が笑うと申しますが、江戸糸あやつり人形座初春興行は鬼の話です。
鬼にも色々ありますが、来年1月は浜田廣介原作「泣いた赤鬼」を上演致します。「泣いた赤鬼」は昭和8年激動の時代の只中に「鬼の涙」という題名で誕生し、その後80年多くの人達に読み続けられている不朽の名作です。今回は人形・俳優・音楽家達と共に人形音楽劇として「泣いた赤鬼」に挑戦致します。

■原作・・・・・・浜田廣介
■脚本・・・・・・畑澤聖悟(渡辺源四郎商店)
■演出・・・・・・天野天街(少年王者舘)
■音楽・演奏・・・園田容子

■出演・・・・・・人形:結城一糸 結城民子 結城敬太 結城榮 金子展尚
         俳優:田中英樹(テアトル・エコー)古市裕貴(ユニークポイント)
王子菜摘子(イッツフォーリーズ)

☆☆特別出演・・・・竹本綾之助(義太夫)
          鶴澤津賀榮(三味線)

■料金(全席自由)・・・大人3800円 小人1500円 学生2500円
 平日割引(14日のみ)大人3000円 小人1000円 学生2000円
 ☆「鬼」特別割引・・・名前に「鬼」の付く人。生まれた土地・現住所に「鬼」の
            付く人。1000円でご覧いただけます!!
             (江戸糸あやつり人形座のみ取り扱い)


■お問合せ 江戸糸あやつり人形座 Tel 042-201-5811  http://acephale.jp
                 E-mail  acephale-yuki@ace.odn.ne.jp
■泣いた赤鬼 Webサイト http://naita-akaoni.com



■スタッフ
舞台監督:海老沢栄
照明:高良康成
音響:岩野直人
映像:浜嶋将裕
舞台美術:乗峯雅寛
衣装:山下和美
宣伝写真:山下昇平
宣伝美術:工藤規雄+上野久美子
公演写真:荒川健一
Web制作:山田泰士
映像記録:たきしまひろよし
制作協力:くわはらよしこ 児玉ひろみ 加古貴之 岡本郁子
協力:工藤千夏/少年王者舘/渡辺源四郎商店/株式会社オールスタッフ/ユニークポイント

○助成:芸術文化振興基金 / アーツカウンシル東京
○後援:小平市教育委員会
○主催:江戸糸あやつり人形座
○座・高円寺上演協力事業


http://acephale.jp泣いた赤鬼ウエブサイト http://naita-akaoni.com

 

クリスマスライブ

 投稿者:太田拓美  投稿日:2013年12月22日(日)21時17分16秒
  間際のお知らせで恐縮ですが、
12/25(水)影絵とアコーディオンのライブがあります。
●12/25(水)18:30open 19:00start
at井の頭線池ノ上カフェマルディ
アコーデイオンの曲に会わせて壁に光と影を踊らすパフォーマンスです。

八つの演目ですが、どれも今までにないものをと思って作っています。今回は「光の本」と「翼の輪舞』というものを新しく考えました。最後の演し物「追いかける男」もクリスマスのモチーフが色々出てきます。初めて見るとビックリする仕掛けあり。。

25日にvol.2があります。若干お席がありますのでよかったらいらしてください。今年のビュッフェディナーメインは牛のすね肉の煮込み、、サラダ、パスタもおいしいです。

●12/25(水)18:30open 19:00start
チケット前売り制¥5,000(ビュッフェディナー付)+drink order

お問合せ カフェマルディ http://cafe-mardi.blogspot.jp/
03-5452-8299(火休)
 

楽市楽座

 投稿者:あさ鼓  投稿日:2013年10月31日(木)19時15分26秒
  11月=2日:3日  世田谷駅前とうりはイベント会場となります。ふるさと物産市:ミニボロ市  10時~5時まで、どこを観ようか盛りだくさんです。
世田谷どうりに一番近い場所では楽々寄席が2番目に糸操り人形 今年も頑張っています。
どじょうすくい:ししまい:猫のトランペット吹き
何処も無料ですが、食べたいもの欲しい物はお財布が必要となります。
お天気は大丈夫のようです。どうぞお出かけください。

 

「Ku in Ka」公演お知らせ続報

 投稿者:灰かむり婆  投稿日:2013年10月28日(月)19時28分5秒
  みなさま

明日29日、Ku in Kaは、軽トラック満載のKaの オブジを積んでストライプハウスに入ります。
4年ぶりのストライプハウスでのギャラリー公演でございます。
3日間の仕込み、4日間の稽古を経て、6日に初日を迎えます。
Kuは人形遣いになって40年目の歳、渾身の一作でございます。
連休明けの週末ではございますが、どうぞ、お運び下さいますようよろしくお願いいたします。
ご予定がよろしければ、どうぞ、ご予約下さいますようお願い申し上げます。
KaもKuも、genre:Gray一同みなも、みなさまのご来場を心よりお待ち申しあげております。

尚、今回は松沢香代人形展の同時開催はしておりませんが、これまでの人形や新作のイラストが展示されております。
開演までの30分ですが、お菓子とお茶と共にお楽しみ下さい。
お菓子は「狐や食堂」作「白ブラウニィ春」です。

黒谷都 拝

https://www.facebook.com/GenreG

 

「Ku in Ka」公演のお知らせ

 投稿者:まーやん  投稿日:2013年 9月26日(木)10時21分30秒
  管理人さま、失礼します。genre:Gray 「Ku in Ka」公演のお知らせです。

genre:Gray  利己的物体と奉仕的肉体 或いは 利己的肉体と奉仕的物体によるグロテスク Ku in Ka 公演 progressive note 7 『白比丘尼』

hito:黒谷都 mono:松沢香代
会場:ストライプハウスビルM・Bフロア
会期:2013年11月6(水)  19:00
           7(木)  15:00
           8(金)  19:00
           9(土)  15:00
          10(日)  15:00
開場は30分前

料金喫茶付(喫茶付):前売り3500円  当日4000円  リピーター2000円
定員30名(なるべくご予約ください)

ご予約・お問い合わせ:
genre:Gray  fax:024-519-3717
      mail:genregray@gmail.com
     mobile:090ー9822ー7472
ストライプハウス
       tel:03-3405-8108
       fax:03-3403-6354
      mail:info@striped-house.com

当日連絡先:ストライプハウスギャラリー tel:03-3405-8108

10年前、変則的な人形遣いである黒谷都は、形作らない松沢香代の布の人形に出会い、無二なる領域に踏み込んだ。
千切ってまるめて縫い刺して、ソレがなりたい様になるように創っていく松沢香代の人形を、抱いてからんで噛み付いて、ソレがやりたい様に黒谷都が遣われてゆく二人の共働き「progressive note」
note0は、ストライプハウスの2階でやった。note1・3・4・5はギャラリーでやった。幸せな空中庭園で育まれたKu in Kaは、4年の歳月を経て再びストライプハウスへ還ってきた。note 7は、初めての場、中地階のスペースでやる。
本公演は地下より入場、記憶をたどりながら半地下へと上がる。そこは白亜のグロッタ。痕跡の洞窟。
果てしなく白い虚空で、命の痕跡のモノ語りが 始まる。

http://genregray.under.jp/saito/genre_Gray.html

 

どうしたら来てくれるの?

 投稿者:daisukihimawari  投稿日:2013年 8月15日(木)10時09分54秒
  私は、奈良のものですが・・・
平常さんに出演して頂くには、
どうしたら良いのですか?
費用等も~
教えて下さい。
開場は狭く自由入場です。
定員60名くらいでしょうか
あるイベントの一部なんですが
来ていただけますでしょうか?
返事お待ちしています。
よろしくお願いいたします。
 

ARAKAWA1-1-1シアター2013『集まって、作って、演じて、人形劇!』参加者募集!

 投稿者:ARAKAWA1-1-1ギャラリー  投稿日:2013年 8月 6日(火)13時16分0秒
  ARAKAWA1-1-1ギャラリーで定期的に行っているシアタープログラム「ARAKAWA1-1-1シアター」。
今年は、参加者みんなで人形劇を作ります。

針金と紙を使って人形を1から作ったり、呼吸を丁寧に扱いながら身体を動かしたり、1体の人形を3人で動かすエクササイズをしたり。集中して楽しみながら練習して、子どもから大人までわくわく胸踊る人形劇を一緒に作りませんか?

「人形や物づくりに興味がある!」
「身体を動かしたい!」
「みんなで集まって何かをやってみたい!」などなど、

平日の夜開かれる週1回だけの、“ちょっと素敵なクラブ活動”にぜひご参加ください!
出来あがった作品は、1-1-1ギャラリーや区内施設で発表します。


稽古日程:
9月9日(月)~ 12月9日(月)の毎週月曜日18:30~21:30(全11回)
(※9月16日・10月21日・10月28日を除く。12月14日(土)は公演準備・リハーサル)

公演日:12月15日(日)時間未定

会場 :ARAKAWA1-1-1ギャラリー(サンパール荒川2F)

お申し込みや詳細は下記HPまで!


http://1-1-1.acc-arakawa.jp/event/130902_238.html

 

Lejo 

 投稿者:人形劇・トロッコ  投稿日:2013年 7月31日(水)00時51分22秒
  Lejoの写真です。
公演、予約の詳細はいいだ人形劇フェスタのHPでごらんください

http://www.iida-puppet.com/thisyear/charge/

 

レンタル掲示板
/26