teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


URLが変っていました。

 投稿者:みと  投稿日:2008年10月29日(水)10時25分42秒
  なりゆきの本棚へようこそ!のURLが一部変更になっています。
以前のURLでもリンク切れにはなっていませんが、念のため変更をお願いします。

以前のURLの /~mitosan/ 部分が /%7Emitosan/ となっています。

本人もログインが久し振りだったので、今更のお知らせなのですが、、、
 
 

ビーケーワン

 投稿者:Leon  投稿日:2007年 8月25日(土)17時39分28秒
  みとさん、お久しぶりです。
先のリニューアルで私のサイトからのビーケーワンへのリンクも一斉に切れてしまい、メールで問い合わせてみたのですが、あちらの手違いだったようで今は修正されていると思いますよ。
でも、残念ながら検索窓の提供は終わってしまったとのことです・・・
 

ビーケーワンのリンクについて

 投稿者:みと  投稿日:2007年 7月27日(金)12時43分59秒
  ビーケーワンのブリーダープログラムが終了となりました。
しかしながら大変申し訳ないことに、今までせっせと張っていたリンクの削除が
間に合わず、御迷惑をおかけしています。

更新もままならないのに、更なる変更点が発生し、お見苦しいことをお詫びします。
本当に申し訳ありません。
 

<SF/ファンタジー映画・シリーズ>アンケートにご協力を

 投稿者:JG  投稿日:2007年 4月26日(木)17時41分14秒
  失礼致します(^^)。告知させて頂けますか?

JGでは現在、今後の企画=作品制作の参考にする為、
「SF/ファンタジー映画」のシリーズ作品に特化した
ランキング式アンケート調査を行っています。

☆投票フォームはコチラから↓☆
http://multianq.uic.to/anq.cgi?room=zanime

ご覧になった時期や環境は、劇場公開、TV放映、DVD
etc...いづれでも対象内になっています。
該当する項目全てにチェックを入れ、投票して下さい。

投票の途中経過はグラフで随時反映されています。

どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m。
(アンケート開始 2006.12.10~)

☆↓ランキング総合TOP
http://www.mmjp.or.jp/gigas/movie/ranking
☆映画・アニメーション/データファイル
↓(宣伝可の掲示板等、映画関連の企画を催してます)
http://www.mmjp.or.jp/gigas/movie/
 

軽装版

 投稿者:Leon  投稿日:2007年 2月16日(金)00時08分38秒
  みとさん、こんばんは。
通勤電車内、携帯機器を熱心に操作する人の姿が増えてきましたよね~
最近は小説も携帯電話にダウンロードして読めるようですが、書籍の軽装版化は通勤読書にも打って付けなので紙媒体にもがんばって貰いたいところです。

> 銀河英雄伝説
東京創元社も早川も国内SFに力を入れてきているように感じます。
海外ではファンタジーに押されてSFの出版点数が減少傾向らしく、自給自足態勢にシフトしつつあるのかも!?
 

まだまだ

 投稿者:みとメール  投稿日:2007年 1月25日(木)23時59分7秒
  >Leonさま

私はまだまだダークタワーを積読しております。
最近、通勤電車で右脳を鍛えておりましたら、なぜか積読される冊数が倍倍に。。。

エラゴンも映画化で軽装版が出たり、評論社が名作を軽装版化したり、
本をモバイルしたい私にとっては嬉しい動きです。
スーザン・クーパーの闇の戦いシリーズはとても印象に残っています。

ところで、田中芳樹の数少ない完結シリーズ「銀河英雄伝説」が
東京創元社から再刊行されるようですね。今度は誰が装画を担当するのか
楽しみです。
 

ダークタワー

 投稿者:Leon  投稿日:2006年12月30日(土)17時58分13秒
  最終巻、読みおわりました・・・。
意外でもあり、意外でもない結末にちょっとガッカリ。
 

Re: スザンナの歌

 投稿者:Leon  投稿日:2006年 9月 2日(土)06時47分44秒
  私も読み始めました。

映画の監督は稀に自分の作品にカメオ出演することがありますが、作家が同じようなことを小説で行うのは珍しいですよね。
でも、作中に言及のある「呪われた町」は以前読んだことがあるのですが、記憶があやふやで「ダークタワー」と繋がりません(T_T)
児童向けに書かれた「ドラゴンの眼」との関連性は結構気付く部分もあるのですが・・・

ライフワークのシリーズを終えたキングはまたまた新作(Cell)が好評のようなので、今後も楽しみですね。

p.s. 「サンキャー」が口癖になってます・・・
 

サブリエル

 投稿者:みとメール  投稿日:2006年 8月28日(月)22時10分5秒
  >Leonさま

>> 古王国物語
>私はハードカバーで読みましたが

あぁ!またもや愚問を。。。書店の片隅にささやかに文庫版が平積みされていたので、
ついつい粗筋まで書き込んでしまいました(><)

自分が文庫本愛好者だと、ついついハードカバーの存在を忘れがちなもので、、、
よくよく奥付を見直したらちゃんと銘記されておりました。そそっかしくて本当に済みません。
 

版元替え

 投稿者:Leon  投稿日:2006年 8月19日(土)21時50分27秒
  みとさん、こんばんは。

確かに一読者には中々知りえないコトで、見逃してしまう可能性もありそうですよね。
アルスラーンの場合、新書で2巻分収められている現行形態がコスト面では優れているのでこの先はどうなるんでしょ?
って、このシリーズ(というより著者?)の場合は版型云々以前に「そもそも完結するのか?」という命題の方が重要なのかも知れません(T_T)

> 古王国物語
私はハードカバーで読みましたが、文庫化されるだけあって中々の読み応え。
当初からの三部作構想ではなかったようですが、最終巻では大いに盛り上げてくれましたよ。
 

レンタル掲示板
/12