投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [169]
  • 雑文60 NO.145

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2016年11月29日(火)12時45分1秒
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 東京都心で観測史上54年ふりの積雪!。 ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

先日、東京都心で11月としては観測史上54年ふりの積雪!。
コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、出勤日。どうも日ごろの行いが悪いせいか、
台風上陸とか、大雨、大雪の日の出勤が多い。
片道の通勤時間は、1時間45分だが、この日は、電車が遅れ2時間15分もかかった。
例によって、サービスマンが仕事中は、アイドリング・ストップで助手席に乗り待機する。
日中、気温が下がり、寒い!。しかし11月初めに行った北欧の寒さを体感しており、
平気、平気。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 5度目の変更で超物価が高い北欧に行く。 ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

500円、50円硬貨を10カ月間貯め、399,600円になり、その軍資金で奥方と
北欧に行く。
当初は、ベスト・シーズンの5、6月に3回予約、変更、さらに10月に変更、そして
11月初めに、5度目の変更。北欧としては、シーズン・オフ、午後4時には日がかげる。
もともと物価が高い国は敬遠、スイス旅行は1昨年ようやく実現。残すは北欧であった。

防寒対策と瓶ビール、紙パックの日本酒、カップラーメンをスーツケースに詰め、いざ出発!。


◆◆◆◆ ◆ ◆ スウェーデンは、11月として111年ぶりの大雪。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

事前に、インターネットで北欧の週間天気予報をチェック、1週間滞在中、2日雪が舞うかも
しれないという予報が大外れ。ノルウエーは、一面の雪景色。次に行く、スウェーデンは、
11月としては、111年ぶりの大雪。最後に行ったフィンランドも雪。北欧滞在期間中、
毎日マイナス7度の厳冬を体験。
但し、普段の行いが良い!?せいか、観光中、雪には降られなかった。


◆◆◆◆ ◆ ◆ ノルウエーのフィヨルド 自然の造形美に感動!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

ノルウエーは、日本全土と熊本県を足した広さ、人口510万人、うち首都オスロ62万人。
オスロから約300km離れたフィヨルドを3時間クルーズ。
フィヨルドとは、ノルウエー語で内陸部に深く入り込んだ湾を意味する。氷河による浸食で
つくられたU字、V字型の谷に海水が侵入した入り江のこと。

コロちゃんは、事前のイメージで、余り期待していなかったが、
世界遺産のネーロイ・フィヨルドの自然の造形美に感動!。【写真①】
さらに、奥に行くと海が氷結しており、クルーズ船は、砕氷船のごとく、氷をバリバリ
割って進む。壮観なり。【写真②】


◆◆◆◆ ◆ ◆ ノーベル賞授賞式会場とパーティ会場に感動!。 ◆ ◆ ◆◆◆◆

オスロから、スウェーデンの首都ストックホルムまで、バスで約520㎞。一日かけて移動。
スウェーデンは、日本の1.3倍の面積。人口964万人。うち首都ストックホルム90万人。

ノーベル賞授賞式会場 ストックホルム市庁舎1階ロビー。【写真③】
ノーベル賞受賞者パーティ会場 市庁舎黄金の間。【写真④】
ノーベル受賞者は、椅子に記念サインを残す。【写真⑤】
こんなに、身近に見学できるのには、感動!。

隣接して、ノーベル博物館がある。
ノーベル賞金貨チョコレート。【写真⑥】
直径5.5cmの大きさ。1個200円とは高い。しかし、世界でここでしか売っていない。
ノーベル賞受賞者 山中教授は、2000個購入したという噂がある。

次号、北欧旅行の後編《音楽編、美術編》を掲載予定。