投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [165]
  • 雑文58 NO.142

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2016年10月 8日(土)13時16分11秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 憧れのシンガポール マリナ・ベイ・サンズに泊まる! ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

今回 祖国シンガポールに滞在する。宿泊したホテルは、マリナ・ベイ・サンズ。【写真①】
3棟65階立ての超高層ホテルの屋上にプールがあるホテルだす。
海外旅行ガイドブック 地球の歩き方《シンガポール》の表紙を飾っている。

ホテルの公式ホーム・ページによると、朝食付きプレミアム・ルームは一泊一人約5万5千円なり。
全額払い込まないと申込みできない、いかなるキャンセルでも、払い込んだお金は戻らない。
かなり強気なホテル。広大なロビーに、全世界の宿泊客でごった返す。人気ある!。
コロちゃん達は、DeNA旅行会社に予約、羽田発着往復の飛行機代含め2泊5日11万円少々の個人旅行

部屋は、50㎡と都内のファミリー・タイプ・マンションの広さ。こんな広い部屋に泊まるのは、生れてはじめて。
入室して びっくり!。なんと広いバス・ルームと浴槽、トイレとシャワールームは個室。【写真②】
使用する時間が少ないのに、もったいない広さ。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 奥方 自分の着替えをすべて忘れる! ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

コロちゃんのスーツケースには、瓶ビール6本、日本酒紙カップ4個、カップラーメン4個(夕食用)、
つまみ多数でほぼ満杯。奥方のスーツケースには、二人の着替え一式が入っているはずだが、やけに
軽い。部屋でスーツケースを開けるとスカスカ、奥方叫ぶ!奥方の外出用の着替えをすべて忘れた!。
これだもんね。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 屋上のプールで泳いでいて、落ちそうになる!?。 ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

屋上のプールは、宿泊客専用、各人入退出時のカード-・キーを提示しなければ入れない。
シンガポールは、常夏の国で蒸し暑いが、プール・サイドでは、そよ風が吹いていて気持ちエ~。
【写真③】。泳いでいて、屋上から落ちないか、プールの端に行く。大丈夫なつくり安心。
スンマヘン? タイトルは間違いどす。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ カクテル《モスキート》をオーダーして困らせる。 ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

屋上のプール・サイドで寝そべって、リッチな気分になる。キューバに行った時飲んだカクテルを
思い出し、ウエイターにオーダーする。え~と 確かカクテル《モスキート》2つとフライド・ポテト
お願い!。
ウエイターは、びっくりした顔をする。モスキートとは、蚊のこと。日本人は蚊を食するのか!。
これから蚊を集めるのが大変だ!どうしょう!。
ウエイターしばらく 沈黙後モヒートではありませんか?とつぶやく。コロちゃん 涼しい顔でそうそう
それよ!。【写真④】



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ コロちゃん 高所恐怖症再発か! ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

シンガポールの名所の一つ 植物園見学後、隣の奇妙なモニメント《ガーデンズ・バイ・ザベイ》に登る。
【写真⑤】
入口で入場料を払い、エレベータで上がる。エレベータ出口をでると、ビックリ!かなり高い。歩くところは、
穴の開いたメシュの鉄板で、下が良く見える。足がすくむ。今まで数々の吊り橋を渡る体験で高いところ
には自信があったのに。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 世界で一番大きかった(過去形)大観覧車に乗る!。 ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

奥方は、観覧車大好き人間。【写真⑥】
ざっと 30人は収容できる観覧車。少し前までは、一箱の収容人数世界一だった。ぐるっと一回り約30分。
シンガポールを一望できた。入場料は高い。



◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 市内を走る地下鉄は無人運行。 ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

シンガポール市内は、地下鉄で移動できる。頻繁に列車が到着するので、快適。空港までも200円と、
料金もリーズナブル。多くの人が利用するので、結構混む。ここでコロちゃんは、異変!?に気が付く。
なんと 地下鉄は、無人運行。ホームでもドアの開閉装置があり、無人でも安全なのだ。
シンガポールは、進んでいる。