投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [162]
  • スピーカー編39 通巻NO.140

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2016年 9月12日(月)10時40分58秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。


◆◆ ◆ ◆  ◆  ◆ 祝! 広島東洋カープ リーグ優勝! ◆  ◆  ◆ ◆ ◆◆

コロちゃん(我楽多亭オーナー)の第二の故郷は広島だす。今から10年前、1年間広島に単身
赴任しておりやした。ウイークエンドは、広島球場で熱狂的なカープファンに囲まれ、楽しい時を
すごしやした。25年ぶりとはすごい事なり。


◆◆ ◆ ◆  ◆  ◆  仰天! 真夏の通勤・仕事事情  ◆  ◆  ◆ ◆ ◆◆

コロちゃんの聴くも涙、語るも涙の 真夏の通勤・仕事事情だす。
通勤時間は、片道1時間45分 うち歩きが45分。詳しく説明しますと、家からバス停まで
10分、電車の乗り換え5分 そして最寄駅から会社まで30分歩き、会社に着くと汗でぐしょり。
一仕事を終えた気分だす。

仕事は、外勤と内勤があり。内勤は、会社でサービス・部品の管理。仕事を終えると、行きと
同じ工程で帰路につく。従って 往復の通勤時間は、3時間30分 うち歩きが1時間半 万歩計
で15000歩になる。

外勤は、仕事が終わると最寄り駅で降ろされるので、往復の通勤時間は、ざっと3時間 うち歩きが
1時間といったところ。

読者の皆様は、外勤は楽そうに想像されます。とんでもない!。家電の修理・サービスマンに同行し、
サービスマンが、一般家庭で修理中は、見回りにくる警察の回し者に対し、助手席にしがみついて駐禁に
ならない使命をおびた仕事だす。

その間、車のエンジンを切る、所謂アイドリング・ストップを行う。だいたい、日影がないところに
停車するので、汗びっしょり、喉カラカラ、肉体労働者と思しき、こんがりと日焼けする。
さらに、ひどくなれば、《目玉焼き》一丁あがり。



◆◆◆ ◆  ◆  ◆  我楽多亭 で番犬を飼い、警備にあたらせる  ◆  ◆  ◆ ◆◆◆

我楽多亭の目隠しになるように、グミの木とみかんの木を植えて、10数年になる。コロちゃんは、几帳面
な性格?!なので、枝がにょきにょき伸びるのは嫌い出す。枝が伸びるとすぐ切る。すると前足をついて、
尾っぽまである番犬のオブジェになる。面球は、JBLの丸いチラシを載せてみた。【写真①】



◆◆◆◆ ◆  ◆  フロクマン登場! 8作目のスピーカー・システム製作  ◆  ◆ ◆◆◆◆

オーディオ雑誌《ステレオ》8月号は、フォステックス製8cm口径メタル対応のスピーカーユニットが、
付録につく。今回も、寺島靖国さんにおねだりし、スピーカーユニットをゲット。
コロちゃんは、同時発売のエンクロージャー・キット《バックロードホーン型》を、ターワーレコードでの
貯まったポイントで入手。【写真②】

それぞれ、箱から出し、スタンバイOK.【写真③】
コロちゃんは、エンクロージャー・キット製作は慣れたもの。接着剤を乾かす時間を含め、2時間で完成。
【写真④】
音は、メタル対応のユニットと、バックロードホーンの特性が相まって、メリハリのあるジャズ向きなり。

【写真⑤】は、歴代(7代)ののオーディオ雑誌《ステレオ》のスピーカー・システム群。右端の2WAY
システムは、オーディオ雑誌《Dagi Fi》2号連続の付録で完成。

これらを、比較試聴するために、ラックス社製スピーカー切替器購入。累計保有台数17台。



◆◆ ◆  ◆  ◆   ◆  エミール・ガレの作品に酔う  ◆   ◆  ◆  ◆ ◆◆

サントリー・美術館で、エミール・ガレ生誕170年記念展を観る。所蔵作品は、サントリー美術館と
オルセー美術館。実に綺麗な作品でしばし酔う。

エミール・ガレは、1846年、ファイアンス焼きと家具の工場の息子としてフランスロレーヌ地方ナンシーで
生まる。1878年、パリ万国博覧会に独自に開発した'月光色'ガラス(酸化コバルトによって淡青色に
発色させた素地)や陶器を出品、その後数々の賞を受賞。ナンシー派を結成。1904年白血病により、
死去。(58歳)