投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [157]
  • スピーカー編38 通巻136号

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2016年 7月 3日(日)17時57分21秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

蒸し暑いですね。
今 ハンク・モブレィとズート・シムスのリカード・ボサノバを聴き比べながら執筆中。
今日のところは、ズートがエエ。

「wenz.cafe」 と「ジャズ喫茶メグ」のホーム・ページ管理人のご尽力により、
「男の隠れ家 我楽多亭」のホルダーを載せていただき、アクセスしやすくなりました。
有難うございます。 感謝!  感謝!


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ ボランティア活動で振り回される ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

今年5月から、元の会社のOBの世話役のボランティアをやることになりやした。
事前の話ですと。1カ月に一度だけ、集まれば済む活動と説得され、引き受けたのですが、
5月から6月にかけ10日も活動に費やされました。
こんなはずじゃなかった!。

先日OB会主催の河川敷草むしりに駆り出されました。【写真①】
自宅の猫のひたいほどの庭は、草ぼうぼうなのに、他人の草むしりをするとは、
どうなってんのよ!と奥方プリプリ。

6月は、なんと1泊2日の関西出張。本当は、会議は1日だけだったのですが、
OB会の上司が、コロちゃんの苦渋の顔色をみて、気の毒がって前泊OKしてくれた。

お陰で有意義に過ごしやした


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ フロクマン(オーディオ雑誌の付録愛用者)登場! ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

まずは、大阪日本橋(東京の秋葉原)をうろうろ。
オーディオショップ、ハイフアイ堂、アサヒステレオセンター、志村無線そして老舗の河合無線に
たどりつく。
その河合無線で、FOSTEX製のカンスピ・シリーズ(自分だけのオリジナルを作ろう!)
の直径6.5cmスピーカーをマウントできる完成品スピーカー・キャビネットを見つけ、購入。

通巻22号で取り上げましたが、オーディオ雑誌「STEREO」の第一号の付録スピーカーが
直径6.5cmのスピーカーだったのです。当時は、マウントできるスピーカー・キャビネット
が市販されておらず、マス酒の木製の器に入れて鳴らしていました。

購入したスピーカー・キャビネットを出張中に、持ち歩き、我楽多亭で組み立て鳴らした。
マス酒の木製の器と比べ、繊細な響きと適度な低音も出て、なかなかの音でした。
【写真②】,【写真③】


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 西日本一の老舗ジャズ・喫茶YAMATOYA訪問 ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

続いて、京都の中古レコードショップを巡回。HOT・STEPと太陽が閉店中。店の雰囲気から、
ず~と 閉店なのか心配。

気を取り直して、YAMATOYAに向かう。まずは、隣の中華料理店で元の会社仲間と飲み会。
そして、YAMATOYAのドアを開ける。スピーカー・ヴアイタボックスが朗々と鳴っている。
昔ながらの、レコードを流すスタイルの貴重な店。マスターから、コロちゃんは、白髪増えたね!
と言われる。そうです、そうです!働き過ぎどす。



◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 6月のメグ・ジャズ・オーディオ愛好会報告 ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

今回、エーイーティのケーブルを試聴。小原社長は、一風変わっている。肩書も音楽家、
プロデューサー。確かに実業家というより、ミュジシャン風。
話し方も、視点も変わっているが、永年日立電線とタイアップしている自社のケーブルに惚れ込んで、
いると思われる。【写真④】は、小原社長。【写真⑤】は、エーイーティの総合カタログ。

CDプレィヤーとプリ間を6000円~12,000円のRCAケーブル4種試聴。
安価なのに、充実した音になる。

続いて、CDプレィヤーの電源ケーブルを18,000円、36,000円、
そして420,000円を切り替えて試聴。さすがに高額な電源ケーブルは、すんばらしい。

コロちゃんは、メーカーの純正ケーブル愛用者だと胸を張ったが、隣席の仲間に、
それは、付属品または、おまけだと言われ、返す言葉を失う。


◆◆ ◆  ◆   ◆    ◆ これ何! ◆   ◆   ◆  ◆ ◆◆


仕事中、お散歩中にパチリ!
仕事で、渋谷道玄坂で待機中にパチリ【写真⑥】これ何?
自販機3台と左端は使用済缶・ペットボトル回収ボックス。見事な芸術的落書。