投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [154]
  • 雑文54 通巻NO.135

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2016年 6月16日(木)14時47分7秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

先日、びっくりする出来事が2件発生しました。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ メグの会が今月で終了か!? ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

毎月 メグの会(第3土曜日)開催通知のはがきを頂戴する。
いつもの、時期にはがきが到着。何の気なしに文面を読むと、
「諸般の事情により、メグの会は今月をもって最終回とさせていただきます。
永年のご参加有難うございます。・・・」
これが、1件目のびっくりする出来事。

え~ びっくり!

その後、メグの会は、引き続き継続することになったようです。

メグの会のホーム・ページとそれに連動する 当blog《男の隠れ家
我楽多亭》も継続しやす。なんとか200号までたどり着き、自費出版で
本を刊行したい。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 我楽多亭の隣 火事で全焼! ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

これは、2件目の出来事です。1件目と同じ日に発生。
当日日中、恵比寿で映画(後ほどご紹介します)を観る。
夜は、歌舞伎を観劇予定で、空いた時間、奥方は恵比寿で買い物、
コロちゃんは、1時間ぐらいあたりをうろうろ、すると携帯に一報
「我楽多亭の隣が燃えている!」

すわ~ 一大事! 30分後に駆けつける。日本テレビ、フジテレビ等が、
撮影中。隣の居酒屋が全焼。我楽多亭は無事でした。 ほ!。
火事の煙で、東急線は、一時不通。それがニュース種になったのか、当日、
翌日のニュース、ワイドショーに取り上げられた。

我楽多亭の最寄り駅 荏原町は、1カ月前に女子高生2人が飛び込み自殺。
コロちゃんは、屋久島に滞在中、NHKの朝のニュースで報道された。
遠い、屋久島で荏原町の駅名が報道されて、びっくり。たて続けに2件
報道。いずれも良い話ではないが荏原町駅が話題になる。


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 懐かしい励磁型スピーカーを聴く ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

4月のメグ・ジャズ・オーディオ愛好会は、
ローヤル産業代表 小久保様をお迎えし、あの時代(読者の皆様が生まれる前)
の音を求めるオーディオファンにローヤル産業製「至極の励磁型スピーカー
システム」3システム【写真①】を視聴する。

今、皆さまが、ご愛用のスピーカーシステムは、音楽のデーターを受けて、
スピーカー本体のマグネットがコーンに強弱信号を伝え、音を出す仕組み。

それに対し、励磁型スピーカーは、マグネットと同じ機能を外部励磁電源
に持たせ、よりピュアで強力な再生を可能にする。

小型の13cmフルレンジ励磁型スピーカ「RSS-133」497、000円
17cm2way励磁型スピーカ「RSS-173」788、000円
大型の30cm3way励磁型スピーカ「RSS-3000」価格未定。

スピーカーユニットごとに励磁電源アダプタ「RSS-1000」263、000円
が必要。
米以上の価格は、全てペア、税抜き。


◆◆◆ ◆ ◆  ◆ 電源ケーブルで音が変わる! ◆  ◆ ◆ ◆◆◆

5月のメグ・ジャズ・オーディオ愛好会は、
3月に引き続き、みじんこ荒川ことオヤイデ電気の荒川さんおよびゲストとして
オーディオ評論家 炭山アキラさんをお迎えし、「切売り電源ケーブル一斉比較試聴
後編」を開催。【写真②】
特に印象に残ったのは、安価なフジクラ製電源ケーブルでの試聴。
線の太さにより、音が変わる。太ければ、良いわけでなく、細い線の方が、
音の締まりがあった。安価でもよい音がする。


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ ポール・モーリアサウンドのうっとり! ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

コロちゃんは、青春時代ムードミュージック、イージーリスニングを聴いて育った。
先日、中野サンプラザで、ポール・モーリアの後継者 ジャン・ジャック・
ジュスタフレ・グランド・オーケストラを聴く。
平日の日中にも関わらず、超満員。ほとんどの人がシルバー。
コンサート終了後、外販されていない、彼のCDを購入し、サインをしてもらい、
さらにツーショットを快く撮れた。【写真③】


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 映画《殿、利息でござる》を観る ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

朝日新聞購読者サービスで、映画《殿、利息でござる》を2枚ゲット、早速観る。
【写真④】は、地元の新聞社「河北新報」特集号。
江戸時代、奥州街道沿いの寂れ果てた宿場町 吉岡宿の連中が、
皆でお金を出しあい、1000両(今のお金で3億円)かき集め、財政破綻している、
仙台藩に貸し出し、その利息で吉岡宿を潤う実在の話。
色々な知恵を出せば、難局を乗り越えるものなり。


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 映画《アイヒマン・ショー》を観る ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

恵比寿で、この映画を観終わった時に、我楽多亭の隣が火事だ!との一報を受け取る。

1961年ナチス戦犯のアイヒマンの世紀の裁判をイスラエル・エルサレムで開廷された。
この裁判を撮影し、全世界に伝えた実話映画。
アイヒマンは、アルゼンチン逃亡中に1960年イスラエル情報部(モサド)により、
連行される。

裁判では、ナチス戦犯を前に、生存者達が、ホロコーストの恐怖とナチスの大罪を明ら
かにする。アイヒマンは、無表情に無罪を主張、1962年有罪判決で絞首刑となる。
(死刑のやり方としては、最も残酷)
もともと不便な森の奥地で、ユダヤ人大量虐殺が行われ、戦後すべての実態を隠ぺいしようと
した。
ポーランドのアイシュビッツに行ったが、今でも悲惨な実態が伝わる。
多くのイスラエル人学生が見学に訪れていた。

ところで、コロちゃんは、7月中旬に祖国イスラエル旅行に行きます。


◆◆◆ ◆ ◆ ◆ 渋谷忠犬ハチ公に寄り添う猫 ◆ ◆ ◆ ◆◆◆

久しぶりに、仕事中、ブラブラ中に見かけたスナップ・パチリ!
渋谷忠犬ハチ公に寄り添う本物の猫がいた!。【写真⑥】
丸々と太ったかわゆい猫なり。