投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [146]
  • 雑文50 通巻NO.128

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2016年 3月11日(金)11時12分40秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

読者の皆様にも、ゆくゆく、ご関係されるかと思い、今回、恥をしのんで、
コロちゃん(我楽多亭オーナー)の個人情報を取り上げました。

実は、昨年7月 三鷹市在住90歳の姉が突然亡くなり、それ以来対応に
追われる。
一番困ったのは、家に物が溢れていたこと。特にお茶の道具、着物、
それと120歳まで充足できる日常予備品の山。三鷹市の有料処分場に
30回以上持ち込み処分。
また専門業者に出張鑑定依頼、われわれ《しろ~と》なので、言いなりに
二束三文で引き取られた。

奥方は、物が溢れている現状を見て、コロちゃんのレコード・オーディオ
機器のコレクションに言及、良いタイミングだから、いしょに処分したら!と
ブツブツ。コロちゃんの耳は、耳タコで腫れ上がる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の相続税の改定(改悪)で、一戸建ての家の相続では、必ず相続税がかかる。
その、申告がまた大変!、《しろ~と》では、申告しにくい。
田園調布に住んでいる仕事仲間は、税理士に頼み、その報酬料が150万円
かかったとのこと。
冗談じゃない!!!。経費・税金が色々かかるこの不動産!、
自分でやるしきゃない!。何度も税務署相談コーナーに通い、鉛筆なめなめ、
書き上げ、漸く相続税申告書を提出。

ジャズ仲間から、姉の家をワイワイガヤガヤの集会所にしたらという提案を頂く。
冗談じゃない!!!。経費・税金が色々かかるこの不動産なのだ!。
(数行前に同じフレーズ、コロちゃんは、焦っているのだ!!!。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポストに折り込みチラシのあった不動産屋に売却依頼をする。不動産屋は、
売却には数年はかりやすと涼しい顔。
ところが、奇跡が起きたのです。不動産屋が折り込みチラシで広告を出して、
数カ月後、近所にお住いのかたから、購入希望のオファーがあり、うるう年の
今年2月29日売買契約締結となりやした。

買主は、饒舌に購入のいきさつを話される。コロちゃんは、はぁ、はぁと聞く。
その方は、JR東日本にご勤務、お子さんの同じ学区にある物件を数年前から、
探しておられ、今回申し分ない物件をゲットできた。さらにマイナス金利のお陰で、
条件のよいローンも組むことができ、エカッタ!エカッタ!とにんまり。

1年後に地下室付きの一戸建て完成を目指すそうだす。
その地下室35帖に趣味の鉄道模型・ジオラマを走らせると・・・、む、む、む。
そもそも、JR東日本に就職したのも、電車が大好き!、根っからの鉄道マニア。
お~ お~ いい趣味ですね!!!。徹底的にお楽しみください。
コロちゃんの趣味は、コレコレ、シカジカとご披露、
その場は大いにもりあがりやした。帰宅して、その話をしたら、奥方は、呆れ顔。

米はんぱじゃない鉄道模型コレクターの訪問記は、通巻67,69号に掲載。
 タイトル《男の隠れ家 我楽多亭》の下段、《1-100件》をクリック
 すると、古い通巻号の記事をご覧できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引き続き、税理士に頼まず、不動産の譲渡所得申告を鉛筆なめなめせねば!!!。

そうそう、残務処理の最後に、姉の三鷹の庭の鉢にめだかが2匹残る。
コロちゃんの顔を不安そうに見つめる。かわいそうなので、とりあえず、
金魚鉢にいれて引き取る。姉はメダカを「ユキちゃん」と呼んでいた。
数日後貰い手がつき、安住の地にお引越し。「ユキちゃん」御機嫌よう!。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

姉の家の処分で、我楽多亭に持ち込んだオーディオ機器一覧。
・ソニー製CDウォークマン、珍しい再生スピーカーと一体型【写真①】

・ラジオ付き、スピーカー付きレコード・プレーヤー。LPレコードを再生すると
 SPレコードの音がする。【写真②】

・ケンウッド製CD・カセット ミニコンポ。23年前の商品、カセット再生が
 不能だったので、ケンウッドで修理してもらう。【写真③】
 古い物でも修理対応する、ケンウッド、オンキョウ(通巻73号参照)は、
 日本のオーディオ・メーカーの誇りなり。

・ソニー製ラジオ。あらゆるタイプの乾電池対応、停電時、乾電池がなくても内蔵
 バッテリーで、ラジオを再生可能。非常時に便利。【写真④】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前号、マルタ島訪問記の続篇。
マルタ共和国は、大学まで学費無料、但し大学は、入学も、卒業も難しく、
就学希望者の2割の難関。また医療費も無料の天国。
中近東の石油産油国と違い、資源はまったくなく、観光とカジノで賄う。
ユーロ圏で一番の右肩あがりの経済安定国家を誇る。

【写真⑤】:マルタ共和国の首都 城塞都市ヴァレッタ。街全体が世界遺産。
 完璧な城塞都市は、初めてなり。ウイーンは、城塞をほとんど撤去。
 トップシーズンの夏には、観光客で城塞都市の中は、身動き取れなくなる。

【写真⑥】:ヴァレッタの街に一軒のレコード・CDショップを発見!。
 レコードの餌箱には、中古品が多数。じっくりとジャズのソフトを探した
 かったが、奥方の冷たい視線を感じ、断念。