投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [138]
  • アンプ編⑯ 通巻NO.120

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2015年11月18日(水)22時48分45秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

コロちゃんは、総コレステロールと中性脂肪値が高いので、定期的に通院、薬をもらっています。
通院後、家の近くのラーメン屋「幸楽苑」で昼食。支那そば味を堪能した後、バスの出発時刻まで、
30分程時間があるので、暇つぶしに、近くのコンビニに寄る。

そこで、久しぶりにワクワクする出来事!があったのです。
な! なんと! 幻の焼酎「赤霧島」が、1本置いてあるではないですか!!!。即ゲット!。
表現が難しいですが、出回ったら、店から瞬間風速的に無くなる。
※赤霧島の記事は、通巻100号に掲載。

そして、向かいのコンビニも覗く、ここでも1本ゲット。
胸騒ぎがする!。慌てて家に帰る。方針変更!。車でコンビニ巡り開始。
次のコンビニで3本ゲット。累計5本。しかし、この後15軒回るが、収穫0本。
翌日、吉祥寺に用事があり、1軒目に飛び込んだコンビニで3本ゲット。その後10数軒回ったが、
収穫0本。2日間で、赤霧島を探しにトータル30軒近くを回り、8本ゲット。
ニンマリ!。 ハッピー!。

ブログ事務局:コロちゃんは、酒屋でも始めるの?

尚 赤霧島が、置いてあったコンビニは、ある系列のみ。どこかって? それは、企業秘密。
製造された折、不定期に出回る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通巻118号、スイス旅行の後日談。スイス旅行中、バスの運転手は、ヨーデル歌手だった。
衝動的に、彼が唄うCDを買う。バスの運転手はご機嫌になり、11月初め日本公演があるので、
東京に行く、そこで会おう!、
コロちゃんは、是非会いたい!と言って、連絡先を明記した、名刺を渡す。

その日になる。
まてよ!。会うとなったら、どこか美味し和食の店を案内しなければならない。
しかし当日、コロちゃんは、仕事で迎えにいけない。そもそも、彼は、日本語を話せない。
一方、コロちゃんは、英語もドイツ語語も、自慢でないがまったく話せない。
すなわち、仕事を終わって、夜会えたとしても、まったく話が通じないことになる。冷や汗タラタラ。
それは辛い!。ヤバイ!。雲隠れせねば!。携帯に彼からの着信があったら、どうしよう!。
奥方は、家に電話があったら取らないと決め込む。
コロちゃんの苦悶の形相を見て、仕事の仲間が、どこか具合が悪いのですか?と気遣う。
幸いなことに、かかってこなかった!。国際親善の安請け合いは禁物なり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元の会社のイベントで、秋の社会見学「産業世界遺産 富岡製糸場」バス日帰りの旅に参加。
コロちゃんは、富岡製糸場見学は、2度目だす。
富岡製糸場が、一度目、世界遺産に登録前に、元の会社の同僚の車で行った。あたりは
閑散としていて、どこが富岡製糸場なのか探すのに苦労した。まとまった駐車場もな~し。

世界遺産登録後の今回の旅では、観光バスが20台以上置ける広大な駐車がある。
駐車場から、富岡製糸場まで徒歩5分、土産物屋が、びっしり道路の両側にあり,呼び込み合戦で
賑やかなり。しかしコジつけの土産物が多く苦笑い。
【写真①】は、富岡製糸場正面。

コロちゃんの感想:世界遺産として地味なり。
でも、3代目のの経営者 片倉工業のオーナー片倉氏が、この製糸場廃業後も、
「貸さない、売らない、壊さない」を貫き、膨大な固定資産税を、払い続け、この施設を維持したことが、
今日の世界遺産登録につながった。この努力に脱帽!。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食は、国指定有形無形文化財「ときわ荘」【写真②】で、名物「うなぎ丼御膳」を堪能。
国産の、うなぎは、肉厚で柔らかい。料金は2500円なり。昼食込みで7500円の
バスツアーは、安い!。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズの先輩 ホット・クラブ幹部の柳沢さんがレコード・コンサート解説者をするので、誘われ、
久しぶりに、「第207回SPレコード・コンサート」に参加。
会場は、神田のジャズバー「アゲロンダック」。【写真③】
トラッド・トランペッター「マグシー・スパニア&ボビー・ハケット」特集を堪能。
相変わらず、柳沢さんのウイットに富んだ解説は、楽しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この会は、初め、主宰者等々力の寺田さんのご自宅・ホールで開催、
一時は40~50名の参加者がいた。
しかし、交通の便が悪い等々の理由で、5~6年前から、アゲロンダックに移った。
寺田さんは、蓄音器のコレクターで50セット以上保有、またSPレコードのコレクションも半端でない。
この回は、日本有数のSPレコードのコレクターの会員がいる。
そして、このコレクターズのソースを元に、寺田さんは、AUDIO PARKレーベルでCDを
製作・販売。
コロちゃんは、ジャズSPレコード復刻シリーズを全て購入。【写真④】
現在96枚、あと4枚で100枚になる。新品CD購入はこれだけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前号に続き、コロちゃんの「AUDIOの歩み」第7弾!。
通巻104号でご紹介、1969年(昭和44年)に購入した、トリオのプリ・メインアンプ
TW-31は入門用の位置づけ、愛用して丸5年になったが、物足りなくなく。
1974年(昭和49年)に、前から欲しかった、ラックスのプリ・メインアンプを「L507」購入。
【写真⑤】
【写真⑥】は、そのカタログ。

このアンプが、コロちゃんの好きな音のベースになる。巷では、ラックス・トーンと言われ、
温かみのある、長時間聴いても疲れない音なり。
音量:50W/片ch。(なお 姉妹機の「L504」は、30W/片ch。)
定価:92500円。購入価格:76500円。 販売店:ダイナミック・オーディオ。
今でも、現役バリバリで、41年になる。

今から20年前、タブロイド判の地方紙「ショパー」(東京新聞系)に、「売ります・
買います」コーナー記事が、充実していた。(今はハード・オフ等に中古品は流れる。)
1997年、アンプ売りますの記事を見つけ、L507の中古を5000円でゲット。
これは、予備機として、大切にストック。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メグの会会長 今月のメグの会欠席します、御免なさい!。
11月20日 メグの会島原支部 櫛田ルリ子亭でジャズライブを2年ぶりに聴く、、
続いて、21日火の国・熊本泊、血滴る馬刺しで一杯、22日北九州市小倉泊、23日下関泊、
いずれも元会社の連中とドンチャン騒ぎ、23日 コロちゃんの第二のふるさと広島
お好み焼きで一杯 そして帰京。4泊5日の旅だす。
ネクストに報告しま~す。