投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [136]
  • ソフト編⑬ 通巻NO.118

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2015年10月24日(土)10時17分0秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

昨晩 元の会社の同僚と桜木町野毛で飲む。昭和の名残がある良い街だ。5軒ハシゴ。
今朝ブログ執筆中だが、二日酔いで頭が痛い。
昔を思い出す。コロちゃん(我楽多亭オーナー)が、40歳過ぎの若かりし時、九州宮崎に出張で、
7軒ハシゴの新記録樹立。それ以来、この記録は破られていない!。

ブログ事務局:読者の皆様。コロちゃんは、相当な二日酔いで、筆が止まっています。
       今回は、これでお開き!!!。・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロちゃんの祖国!? スイスに行ってきました。

行くキッカケは、
1.500円玉、50円玉のコイン預金が1年間で40万円になり、海外旅行の軍資金が確保されたこと。
2.奥方がアルプスをハイキングできる、格安のツアーを見つけたこと。
我が家の家訓として、物価の高い国には、行かない!。 従って、今までスイスと北欧は避けてきました。
通常のスイスツアーは、一人30万円以上、旅行内容は、フリー時間が多く、さらに出費がかさむ。

コロちゃん家にとっては、スイスは鬼門なり。今回、奥方が見つけたツアーも開催月によって
値段が違う。10月が一番安い。花も咲いていない、シーズンオフだから、安いのだろう。
即 申し込む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出発の1週間前に荷造りを開始。スイスに行ったことのある奥方の友人達から、恐ろしい情報。
それは、三大名峰に登ると、夏でも、雪が降り、寒くてブルブルふるえるとのこと。

コロちゃんは、苦い思い出あり。数年前10月にロシア旅行でサンクトペテルブルグで雪が降り、寒さで
凍えそうになったこと。出発前に旅行の準備していると、奥方は、スーツケースを、軽くしろ!とのたまう。
やむなく防寒対策なしで出発。ところが、現地に着くと、奥方は、防寒服に身を固めヌクヌク。

今回は、越冬対策を完璧にするで~。
ユニクロで、ウルトラライトダウンのジャケットとチョキ、
ビクトリアで、ゴアテックの上下防寒・防雨コートとハイキングシューズ、防水仕様のリュックサックを購入。
それと、家にある極暖下着、セーター、長いマフラー。ホカロン1ダース。

続いていつも海外旅行に持っていくもの。紙パックの日本酒10個、小瓶のビール4本
(缶は破裂したことがある)、ペットボトルのお茶6本。カップラーメン2個、ツマミたっぷり。

これらを、コロちゃんの小型スーツケースに入れたらギュウギュウになり、入りきらない。
奥方曰く、ビールとカップラーメンいらないわよ! (この後、ビックリすることがおきます。)
そこを聞き流し、買ったリュックサックにも分散してどうやら収納、いざ出発!。

1日目、現地ホテルに午後7時に到着。このツアーは、全部食事付きなのですが、この日の夕食は
ないのです。(どんなツアーでも現地到着時の食事はない。)
奥方は、お腹が空いたとのたまう。お湯を沸かし、持ってきたカップラーメンをつくると美味しそうに
ズルズル。
寝酒が欲しいと、スーツケースに忍ばせておいたビールをゴクゴク。(これだもんね!。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スイスの三大名峰を登頂。といっても、登山鉄道とロープウエーで富士山より高い展望台まで連れてっ
てくれる。
ユングフラウは、雪で何も見えず、まっつ白けのけ。
続いて、ヨーロッパ最高峰モンブラン。ロープウエイを乗り継いて、展望台到着。360度パノラマで
山々と氷河の絶景。モンブランはなだらかな女性ぽい優美な山なり。
そして、マッターホルン。【写真①】これは、日本の山にはない、切り立った孤高の山。素晴らしい!。
近場をハイキング。湖に逆さマッターホルンが映る。旅行のカタログに登場する光景だ。

氷河特急に乗る。天井まで窓がある、パノラマ車輌だ。【写真②】
我々は、2等車で弁当付き。弁当といってもなかなか豪華。
隣の車両は1等車で、食事はフルコース。調理できる食堂車と1等車の間に我々の乗った2等車がある。
食堂車のメイドが、美味しい匂いを撒き散らして、フルコースを1等車に運ぶ。
我々は、お預け!のワンちゃんの心境。1等車は、な!なんと!中国人の団体さんの貸切車輌だった。
現在の日本と中国の経済力の違いを見せつけられた。

この氷河特急のハイライトは、高所にある「ランドヴァッサー橋」を渡るシーンだ。
あっけなく、通過してしまうので、通過後下車して、そのランドヴァッサー橋まで歩く。
う! 高! 【写真③】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

単なる 旅行記だと賢明なる読者からブーイングの嵐になる。 ヤバイ!。

モンブラン観光で、フランス国シャモニーに向かう。
高級リゾート地 ロマン湖湖畔にある、モントゥルー通過、1200ミリの望遠でパチリ。
優美な町だ。
続いて、シヨン城を通過。我ながら離れた高速道路車中にもかかわらず、良く撮れた。【写真④】
おや まてよ! 「モントゥルー・ジャズ・フェスティヴアルのビル・エヴァンス」の
ジャケットの城ではないか?!。 やった!。
【写真⑤】は、コロちゃん所有のLPレコードとオープンリールテープ。

尚 ロート製薬の創業者がシヨン城を見て感激、当時発売予定の胃薬をを日本人が、
発音しやすいように「シヨン」⇒「シロン」とし、威勢のよい「パン」を頭につけて、
「パンシロン」と命名、爆発的に売れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チューリッヒのホテルで音楽番組のテレビを見る。皆唄が上手い。女性は美人ぞろい。
お~! お~!
通巻87号でご紹介した 映画「バガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」に主演した、
「ディヴィッドギャレッド」が、華麗なヴァイオリンを演奏していた。
【写真⑥】は、演奏後の番組司会者(右)との対談風景。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スイスのビール、ワインはライト感覚。食事は、塩分、砂糖多量。日本に帰ると要病院直行。

スイスは、世界一の物価高を実感。
マクドナルドのビックマック、1500円(単品かセットか?)、日本ではセットで670円ぐらい。
単2の乾電池、2本で650円。
東京~品川ぐらいまでの距離往復電車運賃、3000円。
スイスは風光明媚な地上の楽園だが、年金生活のコロちゃんには異常な物価高で生活するのは無理。
中近東の難民も向かわない。