投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [128]
  • スピーカー編31 通巻NO.110

  • 投稿者:男の隠れ家 我楽多亭オーナー(コロちゃん)
  • 投稿日:2015年 7月 5日(日)10時23分30秒
  • 編集済
  • 返信
 
2週間のご無沙汰で~す。

先日 ペレス・プラード楽団コンサートを新装なった渋谷公会堂で聴く。【写真①】
ペレス・プラード(1916-89)は、キューバ生まれ、その後、メキシコに移住し、ペレス・プラード楽団を結成。
マンボNO.5、NO.8等マンボの王様として有名。

尚 キューバは、ラテン音楽の発祥の地。 キューバ関連の記事は通巻21、24、26号を参照。
※古い記事は、「男の隠れ家 我楽多亭」のタイトルの下段「1-100件」をクリックして下さい。

セレソ・ローサ(1955)は、全米10週ヒット・チャート1位、パトリシア(1958)も全米1位、
パトリシアのシングルは400枚販売で、彼の最大のヒット。

ペレス・プラード亡き後、後継リーダーが定期コンサートを開催。コロちゃん(我楽多亭オーナー)は、
毎回聴きに行く。前回までは、ベーシストがリーダーであったが、今回ピアニストに変わった。
編成も今までは、トランペットとサックスとリズムセクションの構成だったが、今回は、新たに加わった
トロンボーン2、に従来のトランペット4、サックス4、パーカッション3、ベース1、ピアノ1の
総勢15人の大編成で、一層パワフルなり。

前から15列目で、聴きやすい最高の席だった。楽団専属のセクシーな女性ダンサー3人の踊りもエかった。
双眼鏡を持っていったが、聴衆から変な人と思われそうで、多用はしなかった。
スカッとして、ごきげんなコンサートでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メグ・ジャズ・オーディオ愛好会のご報告。
5月は、オヤイデ電気の例によってオーディオ・ケーブルの比較試聴。
注目したのは、摩訶不思議な仮想アース。
テルス【写真②下段左】とその上位機種のシルバー・テルス【写真②下段右】。(オープン価格)
上位機種の方が音がすっきりする。木製ケース製の中身は、ブラックボックスだそうだ。
単にアースを取れるだけでなく、音質が向上するとは、まったく摩訶不思議なり。

続いて、電源コンセント、他メーカーを含めての比較試聴。【写真②左】
たかが、電源コンセント!、されど電源コンセント。音が変わる。後日 オーディオ評論家の鈴木裕氏にお聞きすると、
電源コンセントは、電源の入口で音の決め手の大事な部分とのこと。安い電源コンセント(2600円)でも効果大なり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月のメグ・ジャズ・オーディオ愛好会は、TMS社のコントロールアンプとパワーアンプ間の接続ケーブル
(ピンケーブル)の比較試聴。
比較的安価な「ウロボロス」(1.0mペア 49,000円)から、1850年製の素材を使用した
ケーブルまで試聴。やれ「ロンドン」とか、「アメリカ」の愛称のケーブル。あるいは、10数年前の
「ジャズ・ジャイアンツ」とか、めまぐるしく比較試聴で頭が混乱。
いずれにしても、ケーブルで音が変わる。コロチャンは、年金生活者で、経済的にこの世界についていけへん。
【写真③】は、回覧された、超高額なケーブル、なんでしたっけ?。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フロクマン(オーディオ雑誌の附録愛好者、コロチャンの別名)登場!
先日、メグの会常連の菅谷さんからメールをいただく。
菅野さんは、青春時代、オープンリールデッキでFMライブ放送をエアチェック。その音源をリマスタリングして、
メグの会で我々に聴かせていただいた。昨今発売のCDでよく見受けられる、レコーディング・エンジニャリングの
余計な音のこねくり回しがなく、素直で良い音なり。
さて、メールの内容・・・
腰を痛めてこのところメグにいけない。(コロチャンも長女の結婚式関連で、メグの会ご無沙汰状態だが)・・・。
ところで、
通巻108号の記事・・・ステレオ・サウンド社1978年(昭和53年)刊 「世界のオーディオ
テクニクス」(貴重本)。ディスク・ユニオン店頭で、10,000円(中古本)で売られていた。・・・
とは、菅谷さんが、ディスク・ユニオンに引き取ってもらった一部かもしれないとのこと。
なんと、当時のかなりの冊数のオーディオ関連貴重本を、引き取ってもらったそうだ。
菅谷さんは、筋金入りのオーディオ・マニアとお見受けする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、御茶ノ水JAZZ・TOKYO中古コーナー、貴重本「世界のオーディオ テクニクス」の隣に、
オーディオ雑誌「ステレオ」の別冊「エンクロジュアキット」(2011年8月刊)【写真④】が、陳列。
通常価格の3割引。

1ヶ月後に来ても置いてあった!。いつまでも売れ残って、かわいそう~と思い、エイ!と購入。
丁度このエンクロジュアキットにあう8cm口径のスピーカーが物置に眠っているし~。

【写真⑤】は、取り出したエンクロジュアキットの中身と、フォステック製フルレンジスピーカーFE87E。
【写真⑥】は、組み立て完成。
音は、実に癖のない素直な音。
そうそう、コロチャンは、ミニスピーカー愛好会を結成しようと思う。
ブログ事務局 : 本当にコロチャンは、ノ~天気だ。