teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


HTとは凄いですね

 投稿者:管理人  投稿日:2016年10月 9日(日)10時07分1秒
  HTとは凄いですね。評判も良いですね。ちょっと高すぎて私には手が出ませんが、
いつかはほしい一台です。
 
 

双眼鏡の倍率

 投稿者:ものぐさ  投稿日:2016年10月 8日(土)21時29分40秒
   初めまして。ものぐさです。いい年のおいちゃんです。ナウシカを見たのが20代でした。予想ください。
人生長くなると色々ありましたが、ここのところ双眼鏡の購入が続きました。何せ住み家が中途半端な
都会なため双眼鏡(同一機種)を見るお店は1件しかありません。意中の双眼鏡と巡り会える機会が少なく、
今までの購入はすべて取り寄せやオークション、ネット購入です。東京や大阪が羨ましいです。
 最初の購入は15×50と8×56で10余年前。知人のマンションの屋上からみた裸眼では確認不能の通天閣が
見えたのは15倍のすごさです。また、ドイツに連れて行ってやりました。ケルンの大聖堂を15倍で見られたのは
最高でした。でも防震でもあり重いです。一方、8×56はZ社のもので急流を見たときの水面のキラキラ感とピント
の鋭さが素晴らしいなど、コントラストがあり明暗がはっきりした景色なため立体感が得られます。お気に入りです
が、重いです。久しくこの2つで双眼鏡ライフを楽しんでいました。
 仕事用に2~5m近くのものを見る双眼鏡があればと思い、6倍のコンパクトタイプとしてオークションの6×20を
購入。ピント合わせがIFなのでうっとうしい。小さいので両手を同時に動かして割と早く合焦すると思いますが、
ホコリがすごい環境で刻々と状況の変化する複数のポイントを確認する必要が有り間に合わない。そこで、
さらにオークションでCFの6×18がよいタイミングで出物があり購入。瞬時の変化でも対応可能なピント合わせが
できるため、今では仕事には欠かせない相棒となりました。いずれもZ社のものです。現在低倍率のコンパクトで
自分の目に合うのがサイトロンジャパン5×20しかないのでよく似たのをオークションで購入。接眼レンズが大きい
のでメガネを越しに良好です。中国製ですが、全レンズ多層膜コーティングのスグレモノです。覗くと明るいのですが
さらに、オークションで6×30(L社)の50年以上前のポロ双眼鏡が出ており購入。光学系は良好で数万円の良い
ものでした。前述の5×20より明るく非常に見やすいので気に入ってます。低倍は見る範囲が広く見やすいです。
 ここで、15倍、8倍、6倍、5倍ときまして足りないと気がつきました。低倍率は充実したので抜けている10倍が、、、
欲しいので久々に高い双眼鏡に手を出してしまいました。10×42です。Z社ですが、これまでFLが欲しくても軍資金
がなくって手が出せないでいました。HTという透過率が高いとの評判で計画性がない思い切りで正規代理店より購入。
近くが見え感動的な描写です。最初に購入の8×56は5mの最短合焦点ですので経験のない迫力と精細な世界が
堪能できます。また、色収差が良く抑えられていて見やすいのもグッドです。明るさは10倍なので比較はできません。
いずれも白いものを見た場合、輝度が高過ぎて詳細が飛びます。液晶TVの白と同じです。プラズマの白は色々な
白色表現があります。ここのところが残念です。個人の100%を望んでもダメでしょうね。金額的には十分な見え味で
気に入ってます。この機種も既に数年前の発売で今は新型が出ています。明るい光学系でHTを選んで正解と思い
満足しています。多くの倍率の双眼鏡が揃って家族で星見(近くに102cmの美星天文台があります。)に行きたいと
思います。あと、田中(でんちゅう)美術館、大原美術館、足立美術館などでのぞき倒してみたいです。
(追伸)7倍はもうやめときます。お金もないし。あとZ社の見え味にC社の防震を技術提携してコラボ製品化したら
マニアにウケませんかなぁ。
 
 

引っ越し

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 9月26日(月)17時14分16秒
編集済
  ホームページを引っ越すことにしました。

ttp://homepage3.nifty.com/ken-itoh/index.htm
から

ttp://www2.snc.nir.jp/~itoh/index.htm

です。理由はniftyのホームページサービスの終了と容量不足のためです。
よろしくお願いいたします。コンテンツはおいおい更新して行きます。
 

LeicaKE-7A本物/偽物の見分け方

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 2月21日(金)10時43分48秒
  LeicaKE-7A本物/偽物の見分け方ということでメールが届きました。
こちらでご返答させていただきます。

ボディのみなら手を出さない方が賢明です。
エルカンが付いていないのは贋作の可能性があります。
 

願望

 投稿者:ミニャァッ  投稿日:2013年 8月18日(日)20時49分31秒
  調子に乗り過ぎました。すみませんでした。もう書き込みしません。ありがとうございました。  

本物の双眼鏡

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 8月18日(日)14時48分9秒
  どうしても大きさや重さの制限がありますから、妥協の産物ですよね。
双眼鏡の性能はおおよそ値段に比例していると思っています。
 

されど双眼鏡

 投稿者:ミニャァッ  投稿日:2013年 8月18日(日)13時57分6秒
  双眼鏡にはウンザリする、一切の妥協の無い一線を画した本物の双眼鏡を眺めたい。  

下の投稿

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 8月18日(日)08時10分47秒
  ちょっと、意味不明。もう少し具体的にお願いします。  

外観画像観てあこがれる

 投稿者:ミニャァッ  投稿日:2013年 8月17日(土)18時22分29秒
  ポロタイプで同じスペックなのに価値が50倍違う双眼鏡の外観全方向アップの画像が観たい。同じ外観で五万円の双眼鏡と二百五十万円の双眼鏡の差、前器は普通の設計製造組み立て調整検査で出荷、普通に良く見える、後器は視る事についての全てが徹底的に施されて手製造された物で裕福なひとたちしか出荷されない全世界に数える位しかない双眼鏡で車で言えばブガッティのヴェイロンみたいな双眼鏡ってどうなの、あるの、それとも妄想。世界中の超一流光学メーカーがあこがれ絶賛する二度と造れない双眼鏡。博物館行きだし、偽物も真似できない代物で絶滅危惧双眼鏡。               以上   双眼狂ウイルス感染末期患者より  

コーワYF30-8

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 9月19日(月)09時27分37秒
  安くて気になっていた、コーワYF30-8という双眼鏡ですが、カメラのキタムラ
で何と9000円しない値段で出ていたので、思わず注文してしまいました。
ちょっと時間はかかりましたが、一昨日、コーワYF30-8が届きました。
昨日は水元公園に持ち出し、コーワのBD8x32と比較しました。
値段は実売で三倍ほど違います。(BD8x32は実売で三万円強)

まず、YF30-8の軽さに驚きます。BD8x32は明らかに重く感じます。
見え味は日中のカンカン照りの中ですので、明るさは同等。
切れ味はBD8x32の方がかなり上です。色調もBD8x32は濃く見えます。
特に緑の葉が濃く見えます。逆にYF30-8の色調は淡く渋い色調です。

ではYF30-8の見え味が駄目かというともそんなことはありません。
BD8x32は見え味が秀逸な双眼鏡として知られています。
YF30-8も水準以上の見え味です。特に値段を考えれば大健闘です。
星を見ていないので周辺の見え味は正確にはいえませんが、若干
歪曲があるようです。実売が十倍ほど違うツァイスとも良い勝負をすると
思います。同じポロタイプのニコンのE2ともいずれ比較したいと思っています。

YF30-8はルポルドの6x30と部品の形がほぼ同一なので、同じ工場で
作られているのは間違いないと思われます。

実売1万円以下でこの見え味はさすがコーワだと思います。
ネットでも評判になっています。
YF30-8はYF30-6とともに価格破壊の双眼鏡ですね。
他のメーカーはなかなか苦しくなると思います。

6倍のYF30-6も欲しかったのですが、ルポルドと勝間をあわせ3台
ありますので、ここは我慢です。
 

レンタル掲示板
/16